Home > 教育活動-学内教育活動-

学内教育活動

主な授業紹介(学部)

科目名 講義概要
国際開発
システム論
 グローバル経済の進展により、先進国が発展途上国の社会経済発展を支援する国際協力のあり方が大きく変貌してきています。政策の策定理由や政策実施の影響を理解するためには、その歴史的変遷を十分に理解することが必要不可欠です。そこで、本講義では、途上国開発のあり方に焦点をあて、第二次世界大戦後の政府主導の支援活動の時期から現在の政府・NGO両者の協力を担う時期にいたるまでの70年以上にわたる国際開発の理念・開発理論・開発支援政策の実際に焦点をあてて講義を行います。歴史的な視座にも配慮し、とくに、国際開発学の基礎といえる経済開発の理論とその実践、社会開発アプローチとその実践、開発指標などに着目していきます。
人間開発論  1990年にUNDPが人間開発報告書を刊行して以来、ヒューマン・ディベロプメントは、経済学、社会学などの分野で頻繁に言及されるようになってきています。しかしながら、ヒューマン・ディベロプメントの概念は、日本語訳で「人間開発」を用いるのか、「人間発展」を用いるのかの議論に見られるように、決して一様なものではありません。そこで、本講義では、ヒューマン・ディベロプメントの思想と実践に焦点をあて、人間の生活改善(ウェルビーイング)に必要な概念でありアプローチであるヒューマン・ディベロプメントについて、センやヌスバウムの潜在能力アプローチを軸にして、実践事例を紹介しながら多面的に学びます。とくに、講義の後半では、ブータンや水俣の事例、日本国内の新しい地域行政の取り組みをもとにして、「人々の幸福」を重視する社会づくりについて、研究と実践の両面から学びます。
基礎演習  3年生の専門演習、4年生の卒業研究に取り組むために身につけておくべき文献研究(読み込み、説明、まとめ)力を身につけることを目指します。 ① 資料、文献などの要点を的確につかむ力 ② ①をもとにして、レジュメを作成する力 ③ クラス内でのディスカッションを通じて、他者の意見を聞く力と自分の考えをもとにしてコメントする力 ④ パワポを使って、内容を的確にプレゼンする。
専門演習  みなさんは、「貧困」と聞くと、経済的に貧しい国々や厳しい生活状態にある人々を連想するのではないだろうか。貧困は、経済的な理由だけで括ることのできない根の深い社会問題であり、それぞれの国の社会システムと密接に関係している。2015年に国連がSDGs(持続的開発目標)を策定し、環境と調和する持続的社会の実現を国連加盟国に求め、現在、これまでとは違う社会システムの模索が多くの国や地域で始まっている。新しい社会システム実現のためには、数多くの課題を克服しなくてはならないが、その中でも、「貧困問題」は最優先課題である。そこで、本ゼミでは、日本と世界の貧困問題に焦点をあて、貧困の実態や影響、行政や市民などによる貧困対策を学び、持続する社会システムの実現につながる国(ブータンGNHなど)や地域(水俣、長久手など)の取り組みに目を向け、私たちに何ができるのかを考えていきたい。
詳しい授業内容が掲載されています
『河合塾 栄冠めざして 社会科学系学部特集号2011』pdf
卒業研究  卒業研究論文を完成させることを目的とする。3年生の専門演習の内容をふまえ、各自で研究テーマを選択し、文献調査、分析を行い、年末までに論文を仕上げる。ゼミでは、各自の進捗状況についての報告を課し、ゼミメンバーと教員からのアドバイス、改善案の検討を行う場とする。

授業についての詳しい内容は、【関西大学シラバスシステム】でご確認下さい »

主な授業紹介(大学院)

科目名 講義概要
人間開発論
研究
 Enhancement of people’s well-being is the ultimate goal of development, and development policy has been evolved from economic growth approach to social, human and sustainable approach over more than half a century to fulfill this agenda. Millennium Development Goals (MDGs) set by UN in 2001 have eight goals, which include poverty reduction, education, health, environmental protection, and governance. To improve people’s livelihood and well-being, cross-disciplinary approaches needed for development policy selection and implementation. This course aims at enhancing basic knowledge of development policy in its theoretical approach and practice. Lectures and class (group) discussion will be the core of this course. Small assignments will be given for discussion/presentation.

授業についての詳しい内容は、【関西大学シラバスシステム】でご確認下さい »