KANSAI UNIVERSITY

スケジュール詳細情報

.

2009.02.12

DSI国際ワークショップ

期日:2009年2月12日-13日
時間:AM9:00-12:00
場所:東京ステーションカンファレンス(サピアタワー6F, 605A会議室)

001.jpg

(地図)
主催:DSIプログラム
共催:IEEE SMCS, Japan Council Chapter.

1. 目的
 近年、ユビキタス環境が急速に普及し、WEBログ、センサーデータ、トランザクションデータなど、ビジネスプロセスに関する詳細かつ膨大な時系列データが企業内外に蓄積されつつあります。それらのデータから、ビジネスのダイナミクスを科学的に理解し、新しい知見を発見したいという、データマイニングへの社会的ニーズが非常に大きくなっています。DSIプログラムでは、高度な統計数理、データマイニングに関する知識と社会科学の素養を培い、ビジネスプロセスを科学的かつ実践的に解明できる人材の育成、そのための教育プログラムを開発します。本プログラムでは、大規模データを用いたビジネスプロセス解析のプロトタイプとしてマーケティングに関する問題に焦点を当て、消費者の購買行動に関する大規模時系列データから知識を発見する教育プログラムを開発します。このワークショップの目的は、DSIプログラムのために、海外の先端的な教育カリキュラム、そしてデータマイニングに関する先端研究に関する情報を収集することです。

2. 招聘者
Prof. Dr. Dirk Van den Poel (Ghent University, Belgium)
Prof. Dr. rer. pol. habil. Ralf Wagner (University of Kassel, Germany)
Dr. Kumiko Gnibba-Yukawa (Prudentia Marketing Research Ltd.)
Prof. Dr. rer. pol. habil. Daniel Baier (Brandenburg University of Technology (BTU) Cottbus, Germany)

3. 講演内容
12日
9:00-10:00: Van den Poel教授, "Master of Marketing Analysis".
10:00-11:00: Wagner教授, "Data Mining for Marketing Managers: Questions or Answers?"
11:00-12:00: Dr. Kumiko Gnibba-Yukawa, "Consumer Research by Means of Text Mining Approach".
13日
9:00-10:00: Baier教授: "Data Mining in Marketing: Recent Developments".
10:00-10:30: Van den Poel, "Master of Marketing Analysis".
10:30-11:00: Wagner教授:データマイニングのマーケティング応用に関する研究
11:00-11:30: Dr. Kumiko Gnibba-Yukawa, "Consumer Research by Means of Text Mining Approach".
13:00-14:30: ヨーロッパ各大学のビジネススクールにおけるIT教育の現状
すべて英語での討論

.

国際ワークショップへ戻る

カレンダーへ戻る

ページトップに戻る
.