新着情報

Generic placeholder image

研究内容

関西大学就任後、1994(平成6)年度の在外研究期間中にスペインのエスコリアル宮殿を訪れ、「天下の孤本」とも言うべき、長編古典小説『三国志演義』の貴重な古版本を「再発見」したことが契機となって、以後、古典小説にも研究範囲を拡大。現在、イベリア半島(スペイン・ポルトガル)に残る中国古典関係書籍を調査し、その全貌を明らかにする仕事に取り組んでいる。

詳細を見る »

Generic placeholder image

研究成果

『花関索伝の研究』(共著)『董解元西廂記諸宮調研究』(共著)『三国志通俗演義史伝』(上下)『三国劇翻訳集』『中国近世戯曲小説論集』『スペイン点描』『漢籍西遊記』『三国志通俗演義史伝』(上・下)『中国文学史新著(増訂本)』上・中・下(共訳)

詳細を見る »

Generic placeholder image

資料公開

国の古典籍(漢籍)が中国国内に最も多く保管されているのは当然の事であるが、一方、海外に流出した資料も数多く存在する。その総量を把握することは、中国学の新たな発展を促すことにもつながる。

詳細を見る »


プロフィール

氏名:井上 泰山(INOUE Taizan)
専門分野:中国近世白話文学(特に、古典戯曲・古典小説)
現職:関西大学文学部教授1952年、山口県下関市(しものせきし)内日(うつい)の生まれ。1971年、山口県立豊浦(とよら)高等学校を卒業し、東京外国語大学外国語学部中国語学科に進学。1977年、同大学大学院修士課程修了後、元代の戯曲文学を究めるため、関西大学大学院博士課程に入学。同課程に3年間在籍して、京都大学名誉教授・故田中謙二博士のもとで「修行」。単位取得と同時に東京に移り、明治学院大学の助手に就任。講師、助教授を経て、1986年、関西大学文学部に助教授として着任。以後、今日まで31年間、大阪を本拠地として研究活動を行っている。勤務先住所:〒564-8680 大阪府吹田市山手町 3-3-35

Generic placeholder image

オフィスアドレス

〒564-8680 大阪府吹田市山手町 3-3-35
関西大学文学部 総合人文学科 中国学専修
06-6368-1121(代表)
06-6368-0420(直通)

Generic placeholder image

© 2007-2014 INOUE Taizan All right reserved