つぶやきノート079

6月26日(土)

今日は午前中は家事、午後は花園大のもろさんの紹介により、京都の上七軒文庫でネット講演を行ってました。

早めに京都に着いたので、北野天満宮、それに大将軍神社を見てから、現場に入りました。

いい場所ですよね。


話した内容は、学会で発表しても、たぶん全然話題にもならないものです。

封神ファンの方々が見てくれたほうがベターだと思います。

しかし、早速訂正が入ります。これについては、明日詳しく書きます。


帰りにどこかで食事しようと思ったら、20時過ぎているので、どこもダメなんすねえ。

仕方ないので、自宅に戻るところでコンビニで買うしかありませんでした。

食事が、23時になってしまいましたね。

6月25日(金)

今日は午前中は自宅の報知器点検がありました。

そのため、午前中は待機してました。

午後から大学に来ています。


午後は雑用メインのつもりでしたが、院生の論文修正が入り、ずっとそれに追われてました。

結局、作業は進みませんでしたね。


40度以上の気温に耐えられるかという話がありました(プレジデント)。

自分は、40度以上、零下20度以下はそれぞれ経験があります。

むろん、外国でですが。

正直、どちらも耐えがたいものでした。


零下20度なんて、もう痛みを感じましたからねえ。

今年の夏はまだまだ涼しくて助かりますが、日本の夏もどんどん厳しくなる感じです。

将来的には、東アジアの夏はもっと厳しくなるんでしょうねえ。

6月24日(木)

台風がやってくる季節になりましたか。

ただ、今年は飛行機に乗る機会はなさそうなので、あまり気にしてません。


今日はゼミの授業は休講にしています。

代わりに、博士論文審査を入れています。


自分が主査の担当はひとつだけでしたが、オンラインのホスト担当なので、ずっと参加してました。

なんとか無事に終わって、ホッとしてます。


努力は報われないという話がありました(キャリコネ)。

いや、資本主義がちゃんと機能しているなら、こういうコトは起こらないハズですよねえ。

どうも日本社会は、一種の身分社会で、ある地位に就けば、あとはサボっても大丈夫なんすよねえ。

しかし地位が低ければ、いくら働いても稼げない。

近代社会的とは言えないんじゃないすかねえ。

6月23日(水)

昨晩は、帰宅するときにスコールみたいな雨になって閉口しました。

千里山駅あたりでは、ホントに猛烈な雨でした。

ところが、千里中央駅に行くと、あまり降ってません。

たかだか数駅で、こんなに違うのは驚きでした。


今日は蒸し暑い天気です。

ただ、ちょっと雷雨がありましたかね。


会議会議の水曜日です。

雑用関連で学内をグルグル回っているだけで、作業は全然できませんでした。


新型コロナは煽りすぎという話がありました(プレジデント)。

自分もこれに近い意見です。

ただ、ある程度の警戒はすべきとは考えます。

バランスが難しいですよね。

6月22日(火)

昼はだいぶ蒸し暑くなりますね。

とはいえ、まだ風などが涼しくて助かります。


対面授業やってますが、オンラインで参加している学生のほうが多い状況ですね。

オンラインと対面同時並行は、かなり手間もかかります。

オンラインだけ、対面だけのほうがラクですよね。


2日間、対面授業やっただけで、もうだいぶ疲れてます。

暑いのもありますが。


日本社会ではお願いのほうが有効という話がありました(プレジデント)。

そうかもしれません。

これ、日本だけではなく、東アジア社会に共通する傾向かもしれませんが。

しかし、だからこそ「お願い」にみななってしまうんすねえ。

6月21日(月)

昼はかなり気温が高くなりますねえ。

ただ、朝夕が涼しいぶん、まだラクです。


対面授業が再開されました。

学内で、久しぶりに多くの学生が歩いているのを見ました。


もっとも、大学院の授業は、まだ対面よりオンラインの学生が多い有様です。

また、教室でちょっと話すと疲れてしまう形です。

マイッタすねえ。

今週は、博士論文の審査もあり、ちょっと忙しいですね。


学部レベルの勉学は独学でも可能という話がありました(プレジデント)。

確かに、いまはツールが発展し、いろいろなコトが学べるようになりました。

もともと勉学自体が、独学を中心とするものだと思います。

大学に行っているからって、本人に学ぶ気がなければ、あまり役に立ちませんし。


もっとも、独学に徹していると、トンデモ情報に振り回されるコトもあります。

それを避けるためには、相反する情報でも、いったんは受け入れて判断する感覚が必要になります。

これが結構難しいんすよね。


逆説的かもしれませんが、大学学部程度がなんとかなるなら、むしろ大学院レベルの知識が重要になってくると思います。

だからこそ、いま諸外国は大学院に力を入れているんですけどねえ。

日本社会の大学院レベルは不要とする風潮は、あとで悪影響が出てくると考えますけど。

6月20日(日)

気温が上がって、30度くらいなってますね。

蒸し暑いです。


午前中は家事中心です。

洗濯機、そこそこ時間経つので、洗濯槽洗いやってます。

時間かかるので、回したまま外出してますが。

ただ、前の機種は11時間かかったのが、いまの機種だと6時間ですね。


午後は大学で、作業です。

ようやく、自分のほうの作業が進められます。

ホントに週末しか研究らしいコトやってませんよね。


いま作業しているのは、シンポジウムで発表するつもりの資料ですが。

さらにその次の文章も考えています。

これは、むしろ院生たちと話していて、やろうと思ったコトです。

前に大連の郊外を調べていたんですが、まとめる機会がなかったんですよね。

もっとも、研究ノートくらいになりそうです。


それで関連論文を調べようと思ったのですが、あまり見当たりませんねえ。

日本の戦前の記録が、むしろ頼りです。


若者が五輪に興味なしという話がありました(プレジデント)。

昭和の世代だと、やれ野球だとか、やれボクシングだとか、なんかしら話題にしてたもんなんすけどねえ。

それだけ興味が多様化したということで、むしろ歓迎すべきコトではないかと思いますが。

6月19日(土)

降ったり止んだりの天気です。

ただ、涼しいので助かります。


今日も業務が結構ありました。

大学院説明会で、午前中は撮ったビデオを流すだけです。

ただ、午後は受験希望の学生とのオンライン質疑になりました。

時間を間違えた学生の対応もあり、かなり長時間対応する事に。


その後は、香港中文大学とのオンラインシンポジウムに参加してます。

『道蔵輯要』発刊を記念してのものです。

自分もまだ入手してませんね。

道長の方々も参加されていましたが、こちらは広東語が多かったすね。


意味のないムダな仕事という話がありました(東洋経済)。

そうそう、朝1分遅れたら遅刻とか、自分も会社員時代、アホらしいと思ってました。

それにムダな会議。

バカバカしいですよね。


いまはだいぶ少なくなりましたが、それでもムダな作業は多いと思っています。

役職に就いていることもあって、ムダな作業はどんどんカットしていきたいのですが。

それでもなかなか減りませんよねえ。

6月18日(金)

曇り、ときどき雨ですね。

涼しくて、ややラクです。


午前中は病院に行ってました。

そこそこ混んでましたね。


昼は会議。

その後、センターに出て、とりあえず11月行事の会場だけ予約してきました。

あとは雑用です。

来週用に、対面とオンラインと、両方の資料を用意しなければならないのが面倒です。


済公のアニメ映画が公開されるようですが。

さてどうでしょうねえ。

済公については、若い頃の話はむしろやらないほうがいいんじゃないかと考えます。


オリンピックが不評のようです(ニューズウィーク)。

これだけ厄介者扱いされるのも、珍しいかもしれません。

もうここまで来たら、やってみてはどうですかね。

やるならやるで、それなりの備えをして欲しいとは思いますが。

6月17日(木)

蒸し暑くなってきましたねえ。

研究室は、とりあえず扇風機でしのいでますけど。


今日は授業のほか、書類の仕事が多いすね。

支援課に書類を提出するとき、国内調査について尋ねました。

まあ、夏の国内調査はなんとか行けそうです。

飛行機でも行けるんですが、電車で行くつもりです。


昭和のガラスが人気という話がありました(FNNオンライン)。

確かに、かつての昭和の家には、こういうガラスが必ずありましたよねえ。

いまは見ることが少なくなりました。

そもそも、生産数自体が少ないんすねえ。

6月16日(水)

降ったり止んだりの天気です。

ある意味、梅雨らしい天候ですね。


会議はオンラインでひとつだけですが、雑用は結構あります。

さらに、院生の指導もありました。

どうも忙しさが加速してきてまして、作業が全然進んでません。


千里中央駅や、北千里駅くらいしか見てないんですが、どうも通勤客も増えてませんかねえ。

人々の行動は、もう宣言開けという形のようです。

いや、仕方ないことだと思いますがねえ。


傘を忘れるという話がありました(マネーポスト)。

自分も、以前は結構ビニール傘をムダに買ってましたねえ。

いまはやらなくなりました。


いまは、カバンに必ず折りたたみ傘を備えるようにしています。

傘立てがあっても、傘をそこには置かない。

これで、ほぼ忘れることはなくなりました。

6月15日(火)

今日も時間を細切れにしか使えず、面倒でした。

授業が多いのに急ぎの作業が入ると、どちらもおろそかになる感じです。


社会の老化が進んでいるという話がありました(現代ビジネス)。

確かに、このまま放置していると、社会の老化はますます進みそうですね。

打破するためには、やはり未来への投資を優先させるしかないと考えます。

具体的には、教育への投資です。

子どもはおカネをほとんどかけずに大学院まで進めるくらいにしないと、保たないと思いますよ。

もっとも、いまの与党では絶対にやらないでしょうけどね。

6月14日(月)

日向に出ると暑いですねえ。

ただ、時々小雨になったりします。


今日も授業と雑用です。

それにしても、書類書いていても、授業が入ると集中力が切れて、続かないんすよね。

細切れに時間使うのは、かなり能率が悪いです。

今日は小包を出す必要があるので、郵便局が開いているうちに寄って戻る予定です。

今週も、週末に業務が入ります。


役に立たない学問についての話がありました(現代ビジネス)。

いや、だからその時々の価値観で学問を評価してはダメですって。

だいたい、江戸時代なら「四書五経」こそが大事な学問で、それ以外は価値が低かったわけでしょう。


かつては天動説が支配していたように、その時の世間の価値観なんて、阻害要因でしかないわけです。

いまの人々も、「いま重要そうに見える」モノにしか興味がないわけでしょう。


文系に価値がないというなら、どうして世界の大学は、工学系オンリーにしないんですかねえ。

マサチューセッツ工科大だって、工学だけやっているわけではありません。

自分が見てきた、シンガポールの南洋理工大学も、ものすごく人文系研究に力を入れてました。

バランスが取れているのが当たり前です。

とはいえ、日本の政治家がそれだけイヤだと思うなら、いっそ全部の国立大を工学系オンリーにしてみたらどうでしょう。

6月13日(日)

今日は涼しくて助かります。

降りそうで降らない天気ですが。


発表資料のひとつはほぼ完成しました。

そのため、次の原稿のための資料作成に入っています。

いや、少し研究らしいことができるのは、日曜日だけですねえ。

なかなか、こちらも進まないんですが。


日本の半導体産業は復活しないという話がありました(現代ビジネス)。

技術力があっても、経営力がないという指摘は、その通りなんでしょうねえ。

日本社会って、政治力とか経営力とか、むしろ社会の上のほうがダメで、それでワリを食っている気がします。

政治家も、経営者も、もっと院卒などにしないとイカンと思いますがね。

まあ、絶対にやらないでしょうけど。


何者かになりたい人が多いという話がありました(現代ビジネス)。

確かに現代って、なんか「特別であれ」と強要されがちな時代すよねえ。

昭和の時代なら、どこかに所属することでむしろアイデンティティが強化されていたんでしょうけど。

いまは「会社員」という肩書きだけでは、まさに没個性の代表ですし。

大企業だからって、安心できる時代でもないんすよね。


異世界モノ見てると、やれ剣士だとか魔術師だとか出てくるんですが。

ああいう風に、職業が適性によって決まっている社会のほうが、むしろ望ましいと考えているのかもしれません。

現代社会は、本来はなんにでもなれる自由な社会のハズなんすけど。

その自由さがかえって厄介になっているのかもしれません。

6月12日(土)

今日は気温はそこそこで助かります。

研究室では、扇風機動かしてます。


ちょっと今日も私用優先で、北千里あたりで買い物してました。

午後になってから大学に来てます。

来週が院の説明会で、ウッカリして今週だと思い込んでました。

もっとも、今日もひたすら雑用です。


6月21日から、関西大でもワクチンの接種が始まるそうです。

教員と学生、全員が対象です。

そうなると、対面授業も進みそうですね。


スーパーに寄ったら、ゴーゴーカレーのタイアップ商品が売ってましたね。

思わず買ってしまいました。

結構、近い味になっていました。

そういえば、ゴーゴーカレーも全然行く機会がありませんねえ。

出張自体が減ってますからねえ。


iPadから中華Padに乗り換えて、しばらく経ちますが。

全然問題ありません。

要するに、自分はiPadの機能の大半を使ってなかったんすよね。


日本人が外国で感じる不便について話がありました(オトナンサー)。

これドイツに限らず、外国に行くと、あるあるだと思います。

自分も、台湾の新幹線のキップを自動販売機で買ったとき、おつりが全部小銭で失敗しましたし。

マレーシアにいたとき、袋が開かない、容器が使いにくいなど、経験してますし。

日本の状況が当たり前だと思っていると、苦労しますよね。


そういう意味では、日本は優れた社会だとは思うんですが。

それが過剰というか、なんかナナメ上というか、行き過ぎの面もあると考えます。

過ぎたるは及ばざるがごとしで、これはこれでイビツな気がしますけどねえ。

6月11日(金)

だいぶ気温が上がってきてますねえ。

研究室、少しエアコン回してます。


今日はまた昼にオンライン会議が入りましたね。

それから、細かい雑務が多いです。


関西大でも、ワクチンを接種できるように計画があるようですね。

これは正直助かります。


グローバル企業はGDPを成長させないという話がありました(幻冬舎)。

イノベーションの効果が、思ったほどではないというコトですね。

でも、それでもグローバルへの対応は行うべきだと思います。

パイ全体をどう大きくしていくかというのは、また別の課題であると考えます。

6月10日(木)

朝方、御堂筋線が止まっていたようですね。

そのためか、ちょっと千里線の乗客が多めに感じました。


大学院授業中心の木曜日です。

院生が五大家仙を課題にしたいというので、少し相談してました。

自分もあまり詳しくないのですが、東北に行ったときには、ずいぶん関連写真撮ってました。

あまり意識していませんでしたね。

今後は、院生とともに勉強していこうと思ってます。


暑いせいか、寝不足のためか、ミスを連発しています。

ウッカリしてファイルをいくつか消してしまい、復元するのに手間取りました。

あと、今日はスマホを持ってきませんでした。


もっとも、スマホに変えても、それほど使用頻度は変わりません。

なので、あまり困りませんでしたね。

むしろ中華Padのほうがないと困る感じです。


理想のオタクとはなにかという話がありましたが(BLOGOS)。

いや、そもそもオタクって、そんな前向きのもんでしたっけ。

むしろ世間サマから非難の目で見られるもんだと思ってましたが。


だいたい「キラキラしたオタク」って何よ。

ドロドロしているのがオタクでしょうに。

まあ、もうこんな風に古いイメージで考えてしまうのが、遅れている証左なんでしょうねえ。

6月9日(水)

だいぶ気温が上がってきました。

まだ扇風機出してませんけど、そろそろ使う時期ですね。


会議会議の水曜日でした。 また、結構長時間となりました。

昨日、メガネ店に行って、新しいメガネ受け取りました。

やや以前の形に戻した感じです。度などは変えてません。

だいぶ軽くなりましたね。


タンピン主義について記事がありました(現代ビジネス)。

興味深いですよねえ。


実際、留学生を見ていても、かつての状況とはだいぶ異なる印象を受けます。

まあ、自分自身が、日本のバブル世代になじめずに、それとは違う生活目指してますが。

もっと多様でいいと思いますね。

6月8日(火)

今日は30度ですか、暑くなりましたね。

とはいえ、まだエアコンは送風で済ませてます。


今週は会議と授業、それに雑務で結構忙しいです。

土曜日が業務で潰れると思っていたら、1週間間違えてました。

大学院説明会は、19日でした。


ただ、今日はメガネ店に寄るために、少し早めに戻ります。

19時で閉まってしまうんすよね。


星宮神社は栃木に多いようですが。

こちらはむしろ妙見でないものが一般的なんすねえ。

千葉の星宮神社は、妙見であることが多いですけど。


星曼荼羅も、もっと詳しく調べるべきなんでしょうけど、まだまだですね。

しかし、平安時代に12宮がもう来ているのが驚きです。

とはいえ、星座がかなり違うんですが。

詳しい姿はこちらでも解説されています(高野山霊宝館)。


やぎ座がなくて、磨羯宮ですよねえ。

まあ、西洋でも本来はカプリコーン座ですよね。

下半身が魚の怪物。

これは実は、マーライオンも似たようなもんですが。


ふたご座がなくて、陰陽宮。

うお座はあるけど、双魚宮ですよね。

おとめ座も、2名いますよねえ。

いて座も、ケンタウロスがいなくて弓だけ描いてありますし。

日本の星占いだったら、むしろこちらでやればいいのに。


半導体については何をいまさらという話がありました(JBプレス)。

日本社会って、ワクチンもそうですが、手遅れになってから慌てるパターンが多すぎますよねえ。

まあ、そういう社会なんでしょう。


オタクを目指すという話がありました(現代ビジネス)。

なるほど、参考になります。

というか、自分のような古いオタクからしますと、なんか別世界ですね。

オタクというのは、揶揄されるのが普通だと思ってましたし。

6月7日(月)

今日の昼は、かなり暑く感じました。

とはいえ、まだエアコン使うほどではありませんが。


授業と雑用、合間に資料を作成しているのは変わりません。

今週は、会議なども多いですし、結構時間取られますね。


PC前で忙しいという人は仕事してないという話がありました(東洋経済)。

 「作業しかしてない」というのは、確かにそうですね。

それでも、少しでも研究っぽい作業を入れようと必死ですが。


せめて土日は研究にシフトしたいんですが。

こないだの土日なんて、ひたすら意味のない書類を書いているだけでしたよねえ。

6月6日(日)

午前中は、ちょっと私用で新大阪に出ていました。

人出はまばらという感じですね。


久々にやよい軒に入ったんですが、キャッシュレスに対応してて驚きました。

ますます現金を使う場所が減ってますね。

ただ、使えるカードが限られてますね。


新大阪駅では、5Gが使える形になってますね。

もっとも、あまりメリットを感じませんでしたが。


まだまだ作業がありますので、午後は大学に来てます。

昨日も書いた通り、事務書類だと、全然進みませんが。


まだまだ転居は先のことですが、参考として、マンション情報見てます。

やはり京都は高いすねえ。

とても買えそうにない値段のところばかりです。

そうなると、むしろ神戸側に出たほうがよさそうですね。


半導体デジタル産業政策が発表されたようです(マイナビ)。

これはどうでしょう。

まあ、やらないよりはマシだと考えますが。


日本の半導体産業が衰退した要因はいろいろありますが、なかでも大きいのが人材軽視です。

優れた技術を持つ者に、高い給与を与える。

これがどうしても日本の企業ってできないんですねえ。


今回も、これができないで失敗するんじゃないかと思います。

「個人の能力で給与を変える」というのが、当たり前になってませんし。

6月5日(土)

今日は曇りがちな天気ですね。

もう台風の影響があるんすねえ。


午前中はクリーニング店に出ていました。

昼くらいには大学に来て、また雑用ですが。


それにしても、雑務ってどうしてこう能率が悪いんしょうか。

たとえば、研究発表の資料とか、パワーポイント作成するとかは、かなり能率よくできます。

しかし、大学の委員会関連の書類など、ものすごく時間をかけても、全然進みません。

イヤイヤ、ウンザリしながら書いているからでしょうけど。

あまりの落差に、自分でもビックリです。


少子化がますます進んだようです(サンケイBiz)。

少子化自体は他にも見られる現象ですので、仕方ない面もあります。

ただ、それがあまりにも急で、かつ高齢化が極端に進むとなると、厳しい状況になるのではないでしょうか。

また、日本、中国、韓国、ともに同じように急速な高齢化が進んでいますし。

6月4日(金)

予報通り、今日は大雨になりました。

かなり強く降りましたよねえ。


午前中は京都大学の研究会です。

オンラインで参加してました。

昼はまた会議です。

他の作業は、思ったより進みませんでした。


継続は力なりはウソという話がありました(プレジデント)。

自分も同意したいのですが、これは場合によりけりではないでしょうか。

オタクとか、シュミとか、スキなことをやっているぶんには、継続することが望ましいと思います。

しかし、ビジネス方面なら、結果が出ないならさっさと見切りをつけるべきでしょう。

6月3日(木)

夕方から雨になりました。

明日の天気予報が大雨になってますね。


授業と雑用です。

ただ、どうも疲れがヒドいみたいで、なかなか進みません。


新型コロナに関する連絡が来ました。

どうも、6月21日から対面授業をやる方向のようです。

もっとも、そのときにまた状況が悪化していないとは言えませんけど。


明清期の瘟神と医神が公開されました(リポジトリ)。

ただ、リポジトリ自体がまだ移行期ですよね。

移行が終わった時点でまたいろいろ見直したいと思います。

ある意味、新型コロナの影響を受けて書いた文章になります。

論文というより、エッセイですね。


格差についての話がありました(東洋経済)。

指摘の通りで、何もしなければ不平等になっていくのは、自然な動きなのでしょう。

平等は、むしろムリヤリに進めないとダメなんでしょう。


いま、資本主義がケシカランと批判されますが。

いま日本社会で起きている現象は、資本主義とは違う話のような気もします。

たとえば、「働かないオジサン」ですが、こんなもん、資本主義がホントに機能していれば、淘汰される存在でしょう。

また「ブルシット・ジョブ」があちこちで存在しています。

こういうのは、むしろ資本主義が機能していないコトを示すのでは。


現代社会でも、むしろ「儀礼祭祀」をやっている連中が重視されるのではないでしょうか。

意味がないけど、なんか重要そうに見える。

何もしないと、不平等というより、社会はむしろ前近代に戻ってしまうのでは。

6月2日(水)

午前中はちょっと私用を優先させていました。

まあ、千里中央でのことで、また短い時間で終わりました。


昼からは大学で作業です。

論文審査について、今週いっぱいで決めなければならないので面倒です。

あとはオンラインで会議がひとつありました。

今回はあまり意見を言うつもりはなかったんですが、少し主張してしまいました。


コロナにとらわれすぎという話がありました(現代ビジネス)。

自分も、この意見にかなり近いです。

また、全然関係ない業種まで巻き込むのはヘンだと。

もっとも、もっと強い変異株が出てきたら、また意見は変わると思いますが。

6月1日(火)

梅雨のハズが、全然降りませんねえ。

まあ、気温もそう高くなくて助かりますが。


授業の合間に雑用というのは変わりません。

ただ、博士論文の審査の日程を決めねばならず、慌ててやってます。

設定までの時間が短いんですよね。


ここ数日は、腰が痛いなど、あちこちでガタが来ている感じです。

まあ、もうトシだから仕方ないんでしょうけど。


宣言慣れという話がありました(マネーポスト)。

いや正直、自分ももう、そんなに宣言を気にしてません。

まあ、もとからの生活とそれほど変わっているわけではないのですが。


自分がはじめて台湾に行ったとき、まだ台湾は戒厳令が続いていました。

しかしずっと縛り付けるのはムリに見えましたよねえ。

そのときの台湾の人々には、一種の慣れを感じました。

5月31日(月)

今日は晴れで、気温も高めです。

ただ、まだ湿度が低いのか、だいぶラクですね。


新型コロナになってから、ラッシュ時間をとにかく避ける習慣になっています。

出勤も退勤も、1時間くらいズレる感じでしょうか。

9時5時ではなく、10時6時という形ですね。

もっとも、帰りはだいたいもっと遅くなります。


大学教員の働き方に関する話がありました(弁護士ドットコム)。

まあ、決まった時間働くのではないので、勤務する時間も調整できますが。

しかし毎日このコーナーで述べている通り、平日はほとんど授業か雑用です。

かろうじて、週末に時間を取って研究に充てている感じです。


「研究がメイン」って、どこの話でしょうねえ。

少なくとも、自分には全然当てはまりませんね。

5月30日(日)

今日も晴れですね。

梅雨らしくない感じで。


お寺見に行かないと、どうも時間の流れが遅く感じます。

書きたくない書類やってると、特にヒドイですね。

結局、今日も作業ばかりです。


有馬温泉付近のお寺も、調査に行きたいんですが。

1泊してもいいんですが、このあたりの宿舎は、なんか値段設定が高いですよねえ。

まあ、温泉には全く入る気はありませんので、日帰りで問題ありません。


社会的孤立について話がありましたが(現代ビジネス)。

自分など、誰にも会わないなんてラクでいいと考えてしまうのですが。

世の中、そうでない人のほうが多いんですねえ。

5月29日(土)

今日は普通に晴れてますねえ。

昼はそこそこ気温が上がりますが、まだラクですね。

そういえば、オリンピック誘致の時は、東京の気温が心配されていましたよね。

いまや、もうそれは大した問題ではないかのようですが。


なかなか書類が終わりません。

大した量ではないのですが。

それと、午後は少し院生の指導が入りました。

院生は、やはり時々対面で指導しないとイカンですねえ。


一応、夏の国内調査の宿だけは予約してますが、不確定要素も大きいですね。

まあ、1人で出かけて、お寺の写真を撮ったり本尊を確認してくるだけですけど。


今年度の私大入試について話がありました(東洋経済)。

コロナの影響がやはり大きいですねえ。

それでも、関西大も受験者がそこそこあるのはありがたいのですが。

5月28日(金)

午前中は、免許更新のため門真に出ていました。

久々にラッシュ時間の電車に乗りました。

やはり、まだまだ混んでますねえ。


予約時間より前に着いたのですが、受付可能ということで、入って手続きを始めました。

そこそこ混んでましたが、やはり予約制度のためか、スムースに進むことができました。

午前中に講習も終わり、受け取ることができました。

以前よりも、手続きがだいぶ速くなってますよね。ありがたいことです。


帰りは京阪で野江まで出て、そこからJRと阪急に乗って大学に出ました。

JRの駅でチャージしたかったので。

淡路駅の工事、なかなか進みませんねえ。


いま千里ニュータウンに住んでますが、もう少しトシをとったら、厳しく感じるようになりそうです。

千里ニュータウンは、町自体が坂や階段が多く、昇ったり降りたりするのが当たり前なんすよねえ。

いまはまだ、60前だからなんとかなってますが。

あと5年くらいしたら、キツくなってくるでしょう。

もっとも、関西大のなかの坂もいずれ厳しく感じるようになるんでしょうけど。

在職中に引っ越そうと思ってますが、京都側に出るか、神戸側に出るか、ちょっと悩んでます。

まあ、京都はちょっと高そうですよね。


多様性といってもそれほど認めてないという話がありました(現代ビジネス)。

結局みんな、かなり狭い範囲でしか多様性を認めないんすよね。

オタクというのは、広い範囲で他人の性癖を認められる人だと思うんですが。

そうでないオタクも増えてますよね。

5月27日(木)

昼くらいまでは大雨でしたね。

大学に来るときは難儀でした。


今日は大学院のゼミが中心です。

さらに、博士課程の学生が書類のため何人か来ました。

指導関連ばかりで、他のコトは全然できませんでした。


いままで、不足していた時に買った布マスクをメインに使ってましたが。

使い切ったので、今日からは不織布マスクに戻ってます。

それにしても、夏もマスク使わなければならないのにウンザリですね。


雷蔵寺も行ってみたいですが、しかしなんで金母殿なんでしょうねえ。

いや、民間信仰の廟ですと、まず西王母なんて祀らないですよ。

伏羲や盤古もそうですね。ほとんど廟で見た記憶がありません。


神農はまだ見ますが、どちらかというと、保生大帝の後ろにあるのが普通です。

西王母は、台湾で見る場合は、ほとんど伝統的な廟ではなく、新興系の廟ですよね。

あれも、本来は無生老母を祀るべきところ、同一視して西王母を祀ってます。

だから、金母廟を見ると、まずうさんくさい廟という印象があります。


ワクチン接種で感染が増えるという話がありました(アゴラ)。

このヨーロッパがアジアと同じ免疫水準になってきたというのは、重要だと思うんですが。

そういう意味でのアジアのファクターXはあったと考えます。

とはいえ、日本政府はその時間稼ぎを、ほぼ無為に過ごしてしまいましたけど。

5月26日(水)

日差しは暑いんですが、風が涼しくて助かります。

明日は大雨の予報が出てますねえ。


会議会議の水曜日です。

どうも、対面授業に復帰の可能性もあるみたいですね。

とはいえ、大阪府の状況次第なんですが。


雷蔵寺の件、再訂正します。

朝霧さんの話見てると、なるほどそうだと(朝霧さん)。

まず、犬は盤古、伏羲両方あり得ます。

盤古と犬が有名ですが、伏羲にも犬戎との関連があります。


そもそも、盤古と伏羲と神農は、似たような像なので見分けがつきません。

手に何持っているかですね。また伏羲は、神仙タイプもたまに見るので、そちらかと思いました。


しかし、ここは金母殿なんですね。

となると、前提が変わってきます。そこをすっかり失念してました。


となると、後ろの神仙タイプは、東華帝君じゃないかと思います。

西王母と東華帝君が組になるのが普通なので。

ただ、だとしたら左右に置いて欲しかったですが。


そうなると、後ろの3体は、女媧、東華帝君、伏羲になるかと思います。

こういうのは、実際に見に行かないとわからないので、まだ違っている可能性ありますが。

なんで東華帝君が八卦持っているんだと言いたいですが、このあたりアバウトなんでしょうねえ。


ささやかな賃金上昇すらなかったという話がありました(BLOGOS)。

要するに、日本社会ってケチで失敗しているんじゃないすかねえ。

経営者は賃金をケチり、政府は研究費をケチり。

それでみんなで地獄に向かっているような気がします。


あと、足の引っ張り合いもあると思います。

よく「公務員の給料高い」という批判がありますが、こちらも上がるぶんには奨励すべきです。

どんな商売でもなんでも、とにかく日本は給料を上げることを目指すべきです。

デフレ対策も、たぶんこれが一番だと考えます。

5月25日(火)

今日は晴れですね。

でも風が涼しい感じで、助かります。


オンライン授業がメインですが、間にも打ち合わせが複数入って、時間の余裕がありません。

まあ、こういう日もありますね。

当然、作業は全然進められませんでした。


打ち合わせの時に、ちょっと吾妻先生と話したのですが、吾妻先生は65歳以上で、ワクチン予約できたそうです。

だんだんと、そういう事例も増えてきそうですね。

ただ、60歳くらいの自分だと、いつ頃回ってきますかねえ。


昨日のコメント、ちょっと訂正したいと思います。

朝霧さんの意見を見て(朝霧朱音さん)。

後ろの3体は、女媧、伏羲、神農ではなく、女媧、伏羲、盤古になるみたいです。

ボサボサ頭の像は、神農であることが多いのですが、こちらは盤古ですね。


ホントは盤古は太極を持っているべきで、八卦持ってるのはヘンなんですが。

あとで教団さんからの写真を見たら、下に犬もいます。

犬がいるとなると、これは盤古のほうが正しいですね。

とはいえ、盤古祀るところって、あんま多くないんすよね。


しかし、右弼だけがいて、左輔がいないのはヘンですし。

金母殿だから、西王母を主とするものなんでしょうけど、媽祖だか西王母だかがハッキリしませんし。

ちょっと理解に苦しむ配置です。


だいたい、右弼と左輔の間に斗母がいないのもおかしい。

中途半端に寄せ集めた印象がありますねえ。

まあ、シンガポールでも似たような廟はありましたが。


ゼンハイザーが身売りなんすか(ITメディア)。

いま研究室で使っているメインのヘッドセットは、ゼンハイザーのものですが。

質のいいものを作り続けるからといって、それが売れ行きに直結はしないんすねえ。

難しい時代だと思います。

5月24日(月)

降ったり止んだりの日ですね。

涼しくて助かります。


オンライン授業が中心の日です。

疲れてしまって、他の作業などはあまり進んでません。

今週は、毎日用務が入ってますねえ。


コロナの状況だと、時間が経つのが遅く感じますが。

緊急事態宣言となると、さらに遅く感じますねえ。

でも、確か去年もそうでした。


教団さんのサイトにこの神は何かという話がありました(教団さん)。

この雷蔵寺は、面白そうなので見てみたいのですが、まだ行けてません。


後ろはエライ神さまで固めてませんかねえ。

すなわち、『封神演義』でも重視する三皇である女媧、伏羲、神農なのではないでしょうか。

女媧ではなく西王母とあるようですが。ポジションからすると女媧すよね。

八卦を持ってるなら、まず伏羲です。あるいは文王とかですね。


日月を持っているのは、見た感じ、斗母の左右にある右弼星神に見えます。

ただ、そうなると左輔星君がいないので、ちょっと中途半端なんすけど。

太歳殷郊も似たような姿を取るので、そちらでもいいんですが。

いまの廟に祀るのは、だいたい右弼になります。

それにしても、ちょっと配列がバラバラすぎますね。


定年後に居場所がなくなるという話がありました(マネーポスト)。

自分も、ズボラな人間ですから、独り身じゃなかったら、絶対にそうなっていましたね。

こういう時は、チョンガーがありがたくなります。

まあ、定年後はお寺巡り以外は引きこもっている予定なのですが。

5月23日(日)

今日は晴れて、気温も上がりました。

いつもは暑いと文句いったりしますが、コロナの状況を考えると、気温が上がった方がいいのかも。


動画をひとつ撮らなければならないのですが。

これは、授業のない日で、かつ電話もない、学生もこない日にやらないとダメなんすよね。

ですので、今日撮影してました。

まあ、データサイエンスの授業ビデオに比べると短いのですけど。

意外に、時間かかりました。


授業のzoom予約も、意外に時間取られます。

これ、予約だけだったら問題ないのですけど。

LMSにも登録せねばならず、面倒なんすよね。

だいぶ慣れてきたんですけどねえ。


プログレロックの話がありました(プレジデント)。

なんか懐かしいですねえ。

確かに、ロック音楽マニアでも派があって、いろいろ分かれていました。

プログレのファンは、ホントに入れ込んでましたよねえ。


自分はフツーのロック音楽マニアで、凝ったプログレはあまり聴きませんでした。

とはいえ、ベースを担当していた自分は、あちこちのバンドに参加する以上は、そういう音楽も知っていないとダメでした。

結構幅広いジャンルを聴いていたと思います。

最終的には、ジャンルなんて関係ないという形になりましたけど。

イイ曲は、どんなジャンルでも、イイんですよね。

5月22日(土)

降ったり止んだりの天気ですねえ。

一時、かなり強く降りましたが。


家事やったあと、ちょっと私用に手間取って、大学に来るのが遅くなりました。

急遽、郵便局も行かねばならなくなりましたし。

土曜だと、吹田郵便局とか、大きなところしか開いてないんすよね。


比率でいうと大阪がコロナで一番危ない状況のようです(ビジネスジャーナル)。

指摘されているように、病院や保健所を合理化してしまったのが要因でしょう。

教育や医療など、削りやすいところを削ってしまうと、あとから大きく後悔することになります。

もっとも、多くの選挙民が支持した結果ですから、仕方ありませんねえ。

5月21日(金)

午前中は大雨でした。

午後は降ったり止んだりです。


今日は京都大学の研究班がある日です。

午前はずっと、オンラインで参加してました。

午後は雑用と資料作成です。

それから、院生対応もありました。


一応、夏には国内調査に出るつもりで、宿舎だけは予約入れました。

もっとも、そのときの状況で、出張が可能かどうかはなんとも言えませんが。

平戸を中心としたものになります。久留米も訪れる予定です。


コロナ給付金で巨大イカを作ったのが世界に発信されてしまったようで(サンケイBiz)。

地方のことは地方に任せるべきだとは思いますが、さすがにこれは頭が悪すぎるでしょう。

日本のあちこちで、いろんな形で劣化が進んでますよねえ。