つぶやきノート078

5月20日(木)

朝方は降ってませんでしたが、午後からは大雨ですねえ。

いまは梅雨といえば大雨の印象がありますが、以前は違いましたよねえ。


朝来るときに、豊中郵便局に行って書留を受け取ってから来ています。

この間紛失したカードの代わりです。

午後は授業と、それから院生指導です。

そしてまた、夕方には会議が入りました。

資料作成のほうがなかなか進みません。


就活についての話がありました(サンケイBiz)。

いやだから、何を学んだかとか、成績とか評価しましょうよ。

どうしてバイトとかサークル活動とか、関係ないところばかり評価しますかねえ。

5月19日(水)

降ったり止んだりは相変わらずです。

梅雨らしいかもしれません。


今日も雑用に追われています。

ただ、発表資料などの作成もやっています。

これがまた、思ったより進んでません。


週末が行事で潰れているせいか、どうも睡眠不足です。

行事がある時は、なんか安眠できないんですよねえ。

今週末は、もう少しゆっくりしたいと思います。


賃上げも投資もしない問題について話がありました(東洋経済)。

だからこそ、教育と研究に予算を振り向けなければならないハズですが。

なぜか日本社会は逆の方向になってますからねえ。

まあ、それが衰退に拍車をかけるんでしょう。

5月18日(火)

降ったり止んだりの天候ですねえ。

梅雨らしいというか。

しかし、今年の梅雨入りはかなり早かったようですね。


昨晩は夜9時からオンライン会議となりました。

そして今日の昼もです。

どうも、合間に授業をやっているような感覚になってきました。


GDPがかなり厳しい数字だったようです(サンケイBiz)。

これはもう、諦めるしかないですねえ。

ただ、政府もこの状況は困るでしょうに。

5月17日(月)

午前中は大雨でした。

午後は止みましたが、またどこで降ってくるかわかりませんね。


相変わらず雑用に追われてますが、大きな書類が終わったので、少し発表資料のほうもやってます。

3つくらい発表が控えてますので、結構慌ててます。

ところが、これがなかなか進まない状況でもあります。


今日は夜にもオンライン会議が入っています。

さすがにそこまで遅く研究室に留まるわけにはいかないので、ノートパソコンを自宅に持っていくつもりです。

自宅パソコンは、カメラとかオンライン会議の設備はないんですよね。


KDDIについて記事がありました(BLOGOS)。

5Gは、大阪環状線くらいまでしかカバーされていないんすねえ。

もっとも、特に現状で不満などはありませんけど。

5月16日(日)

梅雨入りですか。

今日はそれらしく、降ったり止んだりですねえ。


今日は午前中は掃除など家事優先でした。

午後はオンライン会議です。

どうも、土日もあまり関係ない状況です。


コロナ下だと、どうも時間の進み具合が遅く感じられます。

ここしばらくかかりっきりだった書類が一段落したのですが、それもイヤに長く思えましたねえ。

ただ、これでようやく少し自分のほうの作業に入れます。


宗派を問いませんという形が普通になっているとありました(プレジデント)。

いや、こんなに宗派で細かく分かれているのは、日本の悪いところだと考えます。

同じ宗派でも、また内部が分かれていますしねえ。

自分はよくその状態を、「セクト」「内ゲバ」と紹介しています。


まあ、日本の組織の多くが、セクト主義に陥ってますが。

それにしても、檀家中心でなく、もっと布教に重きを置けないんすかねえ。

5月15日(土)

今日はいろいろツイてない日でした。

まず午前中です。

院生フォーラムに参加なのですが、研究室からテンセントミーティングを立ち上げてもつながらず。


これ、研究棟の他の先生もそうなんで、ビックリしました。

どうも、研究棟では管理の問題でポートを通しておらず、それで接続できない感じでした。

沈先生から、以文館は可能というメールをもらって、慌ててノートにアプリをセットしました。

以文館に出て、ノートで接続しました。

奥村先生と石崎先生も以文館に来ました。


ところが、今度は接続したあとにすぐ会議室が落ちてしまいます。

これは全体の現象みたいで、それから会議室が復活するまで、だいぶ時間が必要でした。

接続できるようになったのは、11時くらいで、すでに1時間経ってました。


発表もコメントも、大幅に時間を減らす形で、なんとかフォーラム自体は進みました。

自分も、なんとか予定のコメントをつけることができました。

ぶっつけ本番でフォーラム実施ってのは、ちょっとムチャだったように思えます。


それから慌てて研究棟に戻り、院生の書類対応を行いました。

さらに、その後は都市芸能研究会のオンライン研究会に参加です。

とはいえ、今日は午前中でもう気力を使い果たした感じです。


また失敗だったのは、電源コードを持たずに以文館に行ってしまったコトですね。

あやうく、バッテリーが切れるところでした。


これに加えて、イコカのカードを紛失してしまいました。

寝不足状態で焦って回っていたのがよくなかったですね。

こちらも連絡して、使用停止に切り替えました。


日本のワクチン接種が進まないという話がありました(ニューズウィーク)。

どうも、そういうシステムを好んで作っているとしか思えませんよねえ。

誰得なんだと考えますが。

5月14日(金)

かなり気温が上がってきましたね。

とはいえ、まだまだラクだと思います。


今日もオンライン会議です。

その後、ずっと作業してました。

ただ、ある程度時間が取れたためか、ようやくこの面倒な書類もなんとかなりそうです。

授業が入ると、どうしても時間が細切れになるので、進まなかったんですよねえ。


運転免許更新の案内が来ました。

いや、今年だってのをすっかり失念してました。

平成で書いてありますし。

見てみたら、どうも更新も予約制になっているんすねえ。

だとしたら、今回は門真でもよさそうです。


面倒な書類をずっとやっていたせいか、とにかく時間の進みが遅く感じます。

お寺の調査をしていると、あっという間に時間が過ぎるのですが。


鉄道がコロナ下で危機に陥るという話がありました(プレジデント)。

これは確かにありそうですね。

お寺の調査に出る時は、自分もローカル線をよく利用しますが。

次の列車が2時間後なんてのも、しょっちゅうあります。

ただ、そういうのんびりした時間も、悪くないんすけどね。

5月13日(木)

蒸し暑くなってきましたかね。

ただ、まだまだ涼しく感じます。


大学院中心の木曜日です。

引き続き、指導もオンラインでやってました。


大学の混乱について記事がありました(現代ビジネス)。

いや、まさにその混乱に振り回されている状況ですが。

もう、教育に関してはもう中央官庁がコントロールするのを止めて、地方に任せるべきです。

なんでもかんでも省庁が一律に仕切ろうとするから、おかしくなります。

5月12日(水)

午後から雨になりました。

結構強く降りますねえ。


来るとき、支援課に寄って書類を提出したら、時間が短縮されて、10時から受付になってました。

一瞬、閉まっているのかと思いました。

幸い、10時前だったのに受け取ってもらえましたが。

ウッカリしてました。


午後は会議会議です。

ただ、議題が少ないので、短かったですね。

あとはまた雑用です。


なかなか書類が進みません。

どうも、やりたくない仕事ってのは、効率が悪いんすよねえ。


二十四孝の像が非難の対象となったようです(クーリエ・ジャポン)。

同じ像は、確かハウパーヴィラでも見ましたねえ。

ハウパーヴィラの像は、そらおどろおどろしい様子でしたが、マトモに作るのなら印象も異なるのでは。


まあ、二十四孝の話のいくつかは、現代の価値観からすると、グロテスクにも思えますよねえ。

呉猛が親の代わりに蚊に刺される話とか、なんかアホらしくないですか。

孟宗なんかも、いちいち親のワガママに付き合うんじゃないよと思ったり。

郭巨の話も、いまの価値観には全然合いませんよねえ。子ども埋めたら虐待でしょうに。

そういえば、陸績の話には袁術が出てきますよね。

5月11日(火)

かなりまだ涼しいので助かります。

このまま、過ごしやすい夏だといいんですけど。


昨日が夜まで仕事で、帰宅も遅くなりました。

疲れているのか、今日は身体が重く感じますねえ。

授業をこなしただけで、作業などは進みませんでした。


酒を飲むのに苦労という話がありました(プレジデント)。

お酒を制限するってのは、おそらくほとんど意味がないと考えますけどねえ。

まあ、みなそういう政府を支持しているわけですし、自業自得なんでしょう。

5月10日(月)

しばらくはまだ全面オンライン授業が続きます。

あと、今日は夕方に大学院の説明会が入りました。

結構、長丁場の用務になりましたね。


オンデマンドの授業で、履修者が多い科目がひとつありますが。

その自分の担当分が、今日から開始になりました。

なかなか忙しい日になってます。


リモートだとオンとオフが曖昧になりやすいという話がありました(プレジデント)。

指摘されている通り、独り暮らしの人がだいぶマシだったわけですね。

まさに自分がそうですが。

また独り暮らしだと、家族の感染を恐れる必要がないので、そのあたりも助かります。


オンとオフのメリハリがないという指摘もその通りです。

自分は、授業や作業は研究室に来てやってますが、これがずっと自宅だけだと、ちょっと厳しいですねえ。

5月9日(日)

今日も文化交渉学会が開催されています。

午後はオンラインで参加してました。


ただ、午前中は家事に充てざるを得ませんでした。

このあたりは、独り暮らしですし、どうしても時間が取れませんですねえ。


若者の多くがオタクと認識しているという話がありましたが(現代ビジネス)。

これはどうですかねえ。

オタクと称するなら、マンガでもCDでも、とにかく百とか千の単位で読んだり聞いたりしてないと、当てはまらないと思うんすよね。


まあ、世間のオタクの認識が変わってきたのかもしれません。

となると、自分などはむしろマニアと称すべきかと思ったり。

5月8日(土)

今日と明日は、文化交渉学会が開催されます。

現在の状況から、すべてオンラインとなります。

主催は二松学舎大学です。

基調講演は、同時配信になってましたね。


午前中は基調講演を聞くだけでした。

午後は、パネル6の司会および発表を担当していました。

なんとかそちらは無事に終わりました。


いろいろ専門外の話も聞けるので、勉強になります。

6部会並行で行われますから、かなりの規模ですよねえ。


コロナの今後の見通しについて話がありました(ニューズウィーク)。

根絶というのは難しいのではないでしょうか。

ここで予想されている通り、共存のような形になっていくのでは。


ただそれにしても、日本社会は病院の体制、研究の方法などは見直していく必要があるでしょう。

このまま、何もしなかったらまた同じ不幸が起こりますよ。

5月7日(金)

今日は晴れのち雨です。

過ごしやすい気温ですね。


午前中は京都大学の研究班に参加です。

オンラインでですね。

発表原稿の吟味がメインでした。


昼からは大学のほうの会議です。

オンラインです。

こちらも少し長引きました。


あとは来週の授業の設定を延々とやってました。

結構時間かかりますよねえ。

明日あさってが文化交渉学会のため、時間が取れないんですよね。

来週の月曜も、ちょっとキツい日程です。


都のコロナ対策に関する疑問が書かれていました(プレジデント)。

いや、確かに灯火管制なんか、全く意味不明ですよねえ。

対策と称するものも、言われているように非科学的で、どうも加持祈祷めいています。

結局、科学が発展しているように見えても、ある程度まで理解している層というのは、やはり少数なんだと思います。

5月6日(木)

今日は晴れて、気温が上がりました。

ただ、まだまだ過ごしやすいですよね。


千里山のスーパーのマックスバリュに入ったのですが、レジが改装されてました。

ほぼ全部、セルフレジに変わってましたね。

有人レジをほとんどなくす形で、思い切りの良さにビックリしました。

コロナの状況もありますし、今後も増えそうですね。


今日は大学院の授業と、院生対応で終わってしまいました。

合間に作業を行ってますが、追いついてない状態ですねえ。


週末は研究会で、ずっとオンラインになります。

少し予稿集に目を通してますが、これ結構時間かかりますねえ。

また、次の月曜がキツい日程で、ホントに朝から晩まで仕事となってます。


明日はJR東は減便を取りやめるそうですが(読売新聞)。

理解できるんですが、そもそもみんなラッシュ時に通勤しているのはヘンではないですか。

5月5日(水)

今日はずっと雨ですねえ。

気温はちょうどいいくらいかもしれませんが。


今日は午後から打ち合わせが入りました。

むろんオンラインです。

休日なのに、あえて行った形です。


合間に作業してます。

結局、作業の時間も思ったより取れませんでした。

今週は週末もシンポジウムで潰れますし、厳しいですね。


新卒でも一千万年収という話がありました(サンケイBiz)。

いや、これはいままでがイカレていたと考えるべきです。

人材に差があるのは当たり前です。

ところがニッポンでは、なぜかみな新卒だからと横並び。

もっとジョブ型採用を広めるべきです。

5月4日(火)

昼は暑く感じたりもしますが、朝晩は冷えますよねえ。

まあ、過ごしやすいといえば、過ごしやすいんですけど。


今日はずっと作業です。

なんとかパワーポイントは終わりましたが。

途中、推薦書の依頼などがあり、他の作業が遅れています。


人生が小学生くらいで決まってしまうという話がありました(プレジデント)。

むしろ、1960年代や70年代が例外的に、階級移動がしやすかっただけかもしれません。

戦前はもっと厳しかったと思いますし。


ただ、教養というのは、やはり子どもの頃から形成されるもんだとは思います。

自分の例でいえば、かなりビンボーな育ちですので、上層の人々の感覚は全然わかりませんでした。

おかげで、大学院時代などは場違い感が大きかったですね。

5月3日(月)

どうも寝不足です。

起きても、アタマが働かないので、今日はお寺探索に出ました。

神戸水天宮を見に行きました。

ひとりですし、また連休の1日くらいは大丈夫でしょう。


行きはJRで三宮方面に出ました。

途中、新大阪のQBハウスの前を通ったら、ほとんど客が並んでません。

休日なのに珍しいですね。

入って散髪してもらいました。


神戸電鉄は、10年ぶりくらいに乗ったかもしれません。

長田の駅で下りましたが、このあたりは、土地の高低差がスゴイですねえ。

駅前すぐの道から、もう急勾配になります。


ちょっと迷いましたが、なんとか水天宮を探しました。

久留米から勧請したものなんですねえ。

実は、久留米も行って調査しようと思っています。


帰りは新開地まで出て、そこから阪急へ。

あとは普通に大学に来ています。

水天宮関連の論文を探してますが、少ないですねえ。


なんちゃってデジタル庁を作ってもムダという話がありました(マネーポスト)。

デジタル庁自身よりも、むしろ政治家や官僚のデジタル音痴が足を引っ張るのではないでしょうか。

あまり期待できないのはその通りだと考えます。

5月2日(日)

気温が低いので、ちょっとビックリしてます。

この「つぶやきノート」の昨年の今頃を見ると、暑い暑いと書いています。

まあ、涼しいほうがラクなんですが。


今日はオンラインの研究会、それに打ち合わせなどが重なってます。

ただ、午前中は家事を優先させてました。

午後は大学に来て、まずオンラインの打ち合わせに参加。

それが終わってから、香港中文大の研究会のほうにアクセスしました。


日本のコロナ対策にウンザリという話がありました(東洋経済)。

このままだと、諸外国がどんどん平常化するのに、日本は鎖国を続けるという状況もありそうですね。

オンラインの打ち合わせでも、国や自治体の対応のダメぶりに呆れるコメントが多かったですが。


とはいえ、こういう政府や知事を選んでいるのは選挙民ですからねえ。

その意味では、自業自得かもしれません。

5月1日(土)

午前中は晴れてましたが、午後から雷雨になりました。

雷も結構鳴りますね。


昨晩は、自宅に戻ってから、スマート時計などの調整を行ってました。

これが結構時間がかかって、ちょっと驚きでした。

Androidのほうが、アプリは手間がかかる感じですね。


今日はオンラインのシンポジウムに参加です。

香港中文大学が、『道蔵輯要』の提要を出版して、それを記念してのものです。

世界各国の研究者が参加しています。

ただ、時差の関係で欧州の研究者が参加するのは夜になるみたいですね。

かなり長丁場のシンポジウムです。


この提要には、自分もほんの少しだけ執筆しています。

この原稿は、やや専門と違うところだったので、かなり面倒だった記憶があります。

ただ、無事に出版されてよかったです。


日本でワクチンが作れないのはなぜかという話がありました(BLOGOS)。

結局は、研究費の問題なんですねえ。

だから、研究費や教育費は、目先の利益で削ってはならんのですわ。

そうしないと、どこかで大きな損失を被ってしまう。

もっとも、いまの与党が方針を変えるとは思いませんけどねえ。

4月30日(金)

今日は午前中、KDDIの代理店でスマホの変更を行ってました。

いままで、ガラホとiPadでそれぞれ2回線だったのですが、今回1回線に変更しました。


iPadは、便利なんすけど、結局ブラウザとKindleくらいしか使ってないんですよねえ。

あとはGoogleマップくらいです。

それなら、もっと安いタブレットでも大丈夫ということで、変えるコトにしました。


スマホはグーグルのものを選びました。

京セラのモノにしようか、ちょっと迷ったんですが。

クビから下げるようにしてます。

昔、PHSを通信専用にしていた時は、やはりクビから下げてました。その復活ですね。


午後は大学に来て、調整やってます。

スマホとタブレットの両方で、インストールなどにものすごく時間かかってます。

まあ、今日は他のコトはできないと思ってました。


それにしても、スマホはものすごく電池の減り方が速いですねえ。

これがイヤで、ガラホにしていたんですけどね。

まあ、毎日充電するコトにします。


関連商品を買おうとしたら、いまヤマダLABIなどは休業中なんですねえ。

そういえば、マクドナルドもテイクアウトのみで、お店には客が入ってませんでした。


大学に行く価値があるのかという話題がありました(ITメディア)。

確かに、有名なIT系の人材の多くが、大学中退ではありますが。

とはいえ、それはものすごく優秀なごく一部の人材に限られると思います。

そういう人は、むろん大学行かなくたっていいでしょう。


ただ、中程度の人材は、むしろ積極的に大学院まで行くべきだと考えます。

もっとも、大学院が全然評価されない日本では、それもあまり意味がないかもしれませんが。

4月29日(木)

今日もずっと雨です。

しかも、大雨が続く感じで、ちょっと驚きです。


祝日ですが、授業日です。

ただ、資料作成のほうに力を入れていて、ウッカリ時間を間違えそうになりました。

オンライン授業だと、教室に行かないぶん、時間感覚が曖昧になるんすよねえ。


今週は会議なども多かったのですが、合間に私用も入れていったせいで、とにかく時間に追われてましたよね。

明日も午前中は私用入れてます。

来週は作業や研究会が結構あるのですが、休養も入れないと、ちょっと身体が厳しいですわ。


もっとも、新しい機材も届いたので、いろいろそちらの作業も入るのですが。

これはオンラインの研究会に参加しながらやろうかと思ってます。


紀州のドンファン事件は進展があったようですねえ(J-CAST)。

経過を聴くだけで、なんかドロドロとした世界ですよねえ。

まあ、おカネのある人は大変ですよねえ。

4月28日(水)

今日はずっと雨ですね。

いったん止んだのですが、また降り始めました。


会議会議の水曜日です。

そして課題も多くなって、ちょっとウンザリしています。


そして忙しいときに限って、発注していた機材が届いたりしています。

作業の片手間に調整してますが、これは来週の休日にやったほうがよさそうですねえ。

ちなみに、明日は授業日になっていて、休日ではありません。


政府のコロナ対応は反面教師という話がありました(サンケイBiz)。

もう、お笑いショーとして見ていればいいのではないでしょうか。

もっとも、対応次第でこちらの健康の問題になるので、そう笑ってもいられないんすけどね。

4月27日(火)

朝晩はまだ冷えますねえ。

駅では、まだコート着た人見ますよね。


今日は授業ばかりで、他のコトはできませんでしたね。

合間に、少しずつパワーポイントは作成しているのですが。


学内の食堂や売店が閉まっているのも、ちょっと困りますよねえ。

そのため、来る途中で必ず弁当類を買ってくるコトになっています。


日本人はブラックな労働を望んでいるという話がありました(ITメディア)。

長期雇用を守るために、安い賃金に甘んじているというわけですねえ。

ただ、それでも構いませんが、他人の給料が高いと言って非難するのは止めて欲しいですわ。

4月26日(月)

昨日、帰宅するときはむしろ寒さを感じました。

朝晩と昼間の温度差が激しいですねえ。


午前中は、司法書士事務所を訪れていました。

不動産関連の書類依頼のためです。

これ、てっきり書類を作成してもらったあと、自分で申請に行くものとばかり思ってました。

依頼すれば全部やってくれるんですね。

これは助かりました。


午後は五月雨式に用務が来て、対応してました。

自分の作業も少しは進めましたが、まだまだですねえ。


禁酒令は意味ないという話がありました(JBプレス)。

結局、上の人たちの「やってます感」を出すために行われるんすよねえ。

それでも五輪だけは、厳重警戒のなかでやるんじゃないでしょうか。

もはや経済効果なんてマイナスなんでしょうけど。

まあ、それでも内閣支持率下がりませんしねえ。

4月25日(日)

大学に来る途中、江坂に寄ってきました。

東急ハンズが普通に開いていてよかったです。

どうも、他店は休みのところも多いようですね。


面倒な書類がひとつ終わりましたが、今度は延々と院生の原稿を直しています。

なかなか自分のほうの作業に入れませんねえ。

もうひとつ、厄介な書類があるんですよね。


今週は授業も会議もありますが、合間にかなり私用も入れてます。

まあ、不動産関連などで必要なところもあります。

29日も授業日になってますし、実はかなり忙しいですね。


しかし、たまたま、いま役職なのは悪くないのかもしれません。

時間があったとしても、コロナ下では行ける場所も限られます。

そうなると、仕事仕事のほうがマシなのかもと思えてきています。

まあ、慰めに過ぎないんすけど。


ワクチンガラパゴスになりかねないという話がありました(現代ビジネス)。

日本人だけがなかなか外国に行けないってコトは、ありそうですよねえ。


いやもう、政治家を選ぶとき、もうイデオロギーだの主張だの、不要ですよ。

仕事するかしないか。

それだけでいいですよ。

そして、仕事しない与党はさっさと下野させる。

そうやって交代させないと、絶対に働きませんわ。

いい加減、この無策ぶりに懲りたでしょうに。

4月24日(土)

午前中は家事やってました。

最小限にしましたが。

午後は大学で業務です。

土日を使っても、作業が追いつかない状態ですねえ。


しかし、電車に乗っていると結構乗客いますよねえ。

人出が減っているようには思えないのですが。


日本人の白人崇拝について話がありました(ニューズウィーク)。

これは、日本だけではなく、中国や韓国もそうですよねえ。

世界というと、欧米の白人社会のコトだけを指しているように思えます。


白人自身が優位を主張するのは、まあ仕方ないと思いますが、他の人種がやるとなると、それはもう滑稽にしか思えませんけど。

昨今はむしろ、シンガポールを見習ったほうがいいコトも多いでしょうに。

4月23日(金)

自分は、zoomの設備は全部大学の研究室にあるため、毎日大学に来ていますが。

どうも、電車に乗っていると、そう乗客が減っているようには見えませんねえ。

昨日帰宅する時も、いつものような混み具合でした。

そんなに通勤客って減らないのでは。


今日の午前中は久々に京都大学の研究会に参加できました。

ただ、オンライン参加になります。

こちらはスカイプで行ってます。


午後は大学の会議にオンライン参加です。

こちらはzoomで、いろいろ使い分けなければならないのが面倒です。


文化交渉学会のスケジュールが来ました。

ありがたいことですが、発表資料が全然できていません。

たぶん、連休期間はだいたいコレやっていると思います。

ただ、発表資料のために、写真を撮ってくる必要もありますが。


お寺がどんどん減っているという話がありました(プレジデント)。

大変なのは理解できます。

ただ、それを助けるべきだと言われると、ちょっと待てよと言いたくなります。


江戸時代から続く檀家制度にあぐらをかいて、改革してこなかったのがいまの状況ではないですか。

お寺の前を通ると、門が締め切っているのをよく見ます。

人生に悩む人が訪れたくても、受け入れるようには思えません。

まったく信仰を広げようという意図が感じられませんし。


そんな、普通の宗教であろうとする心を忘れてしまったお寺なんて、ホントに必要ですかねえ。

いますぐ檀家止めろとはいいませんけど、せめてもう少し、他に布教することを広げては。

まあ、いまさらですけどねえ。

4月22日(木)

昨日は早く戻って、書留を受け取らねばなりませんでした。

話によれば、午後は豊中郵便局の業務も再開されたようです。

どうも、タイミングが悪かったですね。


その後の手続きについては、自分で役所に行く予定でしたが。

どうも時間が取れそうにありませんので、代行をお願いしようと考え、そちらも進めています。

どうも、公私ともに時間が取れない状況ですね。


今日は大学院授業が中心です。

むろん、オンラインでの遠隔授業となりました。


支援課に書類出すために、今日は関大前から来たのですが。

ホントに閑散としてますねえ。

またお店の数が減るんじゃないかと危惧しています。


アップルの新商品は興味深いですねえ(インプレス)。

カラーバリエーション豊富なiMacなんて、なんか懐かしいです。

ただ、iPadはやはり高すぎますねえ。

いままでiPadを使い続けた自分ですが、しばらくAndroid系に移ると思います。

そちらもいま進めつつあるんですが、とにかく時間がありませんね。

4月21日(水)

暑くなってきました。

ただ、どうも冬から夏にいきなり変わった感じがしますね。


やや早く出て、郵便局で書留便を受け取るつもりだったのですが。

豊中郵便局の前に出たら、局員が何人か並んでました。

聴いてみると、局内でコロナ感染者が出たようで、入れず、また一切業務ができないとのこと。


とんだムダ足になりました。

それから大学に戻り、雑用の合間に電話で再配達を申し込みました。

もう一度行っても、またムダ足になる可能性が高いですから。


大学では、こちらも資料を受け取る必要があって、バタバタしてました。

5月に文化交渉学会があり、そのための資料ですが。

どうにも作業が追いついてない状態です。


関西大では無料のPCR検査を行っていますが。

正門前見たら、長蛇の列でしたね。

自分は時間が取れませんので検査しません。


日本経済衰退の原因は企業という話がありました(東洋経済)。

個人消費は堅調なんですね。

企業は投資しない。

そして国は、研究や教育に対して予算を割こうとしない。


要するに、未来のためのカネを一切使いたくないわけです。

しかしそうしていると、どんどん現在が衰退していくわけですからねえ。

もう、ケチくさい考えは止めたほうがいいでしょう。

4月20日(火)

対応レベルが上がったようで、すべての授業がオンラインということでした。

ただ、今日は未対応の学生がいるかと思い、大学院は教室でもやってました。

雑務も多いですねえ。


宗教や哲学を学ぶべしという話がありました(プレジデント)。

どんな商売でも、単純な価値観しか持っていないとマズイと思います。

いろんな思想にふれて、多様な価値観を有するって、やはり大事だと考えますよ。

ただ、それを教える側も、アタマ固いようではダメなんすけどね。

4月19日(月)

大学の校内は、急に人が少なくなりました。

5月の連休明けまでは、どうもこの状態のようです。


新型コロナが収まるまでは、仕方がないようです。

ただ、日本は1980年代はワクチン大国だったのに、どうしてこんな状況になってしまったんでしょうねえ。


今日は授業ですが、オンラインと対面と、一応両方やってます。

あとはひたすら雑用です。


『中国学リファレンスマニュアル』ですが、学内で配布してしまって、いま自分の手元には1冊もない状態です。

中国系書店などでそこそこ売れているようで、ありがたく思います。


「ウマ娘」がヒットしているんですねえ(ビジネスジャーナル)。

しかし、トウカイテイオーだとか、メジロマックイーンとか、ライスシャワーとか、ずいぶん懐かしいウマの名前です。

年配のファンばかりかと思ったら、そうでもないんすねえ。


自分も、なぜかダートだの、重馬場だの、パドックだのって、わかるんすよねえ。

親が競馬ファンだったので、もう覚えてしまうんすよね。

重大レースも、だいたいアタマに入っています。

でも自分自身では、全然競馬やったことないんすよね。

残念ながら、ゲームやってる時間もありませんが。

4月18日(日)

まだ気温が低いですねえ。

しかし、もう台風が南に来てます。

ホントに、自分が子どもの頃の気象の常識が通用しませんねえ。


とはいえ、その頃の天気予報は、全然当たりませんでした。

いまはかなり正確になりましたからね。

これは大進歩だと思います。


授業の資料作成が、オンライン設定のために遅れてます。

それで、今日も作業してます。

オンライン対応だと、実はかなり手間が増えるんすよねえ。


厚労省のデジタル化についての話がありました(現代ビジネス)。

だからもう、官公庁だろうが、会社だろうが、デジタルに対応できない人材はみんな閑職に回していいですよ。

そして、デジタル人材の給与は、もっと上げるべきです。

悪しきソビエト式平等は、もう止めましょう。

4月17日(土)

今日はずっと雨ですねえ。

朝方は、強く降っていましたし。


午前中は家事、午後から大学です。

本当は今日も授業日ですが、休講になったため、研究棟も閑散としてます。


結局、すべての授業にオンライン設定を施さねばなりません。

結構面倒です。

また、資料をPDFにしてアップしなければならないのも面倒です。


京都の大学でもオンラインになるようですね(京都新聞)。

見ていると、学生は残念がっているようで。

しかし、大学でクラスターが発生している状況では、仕方ないと思います。

それにしても、昨年も収束を願ってましたが、当面はまだムリそうですねえ。

4月16日(金)

関西大は、急遽休講になりました。

今日と明日は、対面授業については行われません。

しばらくは、オンライン授業に逆戻りですね。


確か、昨年の今頃も、似たような状況でした。

とはいえ、大学院のゼミなどについては、オンラインと対面の併用でいきます。

学部授業は全部オンラインですね。


そんなわけで、学内は今日は閑散としています。

ただ、クスリが切れたので、午前中は病院に行ってました。

午後は、対応業務が結構あります。


授業資料をLMSにアップする必要もあって、明日も作業せねばなりません。

それにしても、昨年度よりは慌てませんが、マイッタすねえ。


アメリカの職業ランキングについて話がありました(プレジデント)。

大学教員って、そんなに有望なんすかねえ。

だいたい、修士や博士取るにも、やたらと時間のかかるもんですよ。

4月15日(木)

今日もオンライン会議のあと授業です。

結局、大学院ゼミは今日が第1回目となってしまいました。


修士論文計画書の提出が今日なので、先週の授業を構想発表会に充てなければなりませんでした。

どうして、書類の提出に日程のほうを合わせなければならないんすかねえ。

本末転倒だと思います。


近畿大が急に休講措置になったようですが。

関西大も、どうも周囲の大学に合わせて、大阪府の要望を受け入れるようですね。

ただ、どうも実際の授業の判断については、役職である自分が行わなければならないようです。

これだから、役職なんてやりたくないんすよねえ。


日本の医療に関する問題が出ていました(アゴラ)。

指摘の通りで、兵庫が医療崩壊だと言われながら、山口も鳥取も全然手助けしない状況なんですねえ。

システムがそうなってないから。

それを調整するのが政治の役割だと思いますが、たぶん何もしないんでしょうねえ。

そろそろ、納税者はマジで怒ってイイと考えます。

4月14日(水)

午後から気温が下がりましたねえ。

どうも、ツツジが咲くようになっているのに、まだ寒さが続きます。

冬からいきなり夏になるんすかねえ。


会議会議の水曜日です。

久しぶりに対面で行いましたが。

ただ、いまの大阪の状況だと、次はどうもオンラインになりそうです。

長丁場の会議が多かったので、終わったあとは疲労困憊です。


早死にを求められる夫という話がありました(読売新聞)。

こういう時は独身で助かります。

特に自分の場合、絶対にそう思われるようになっていたと想像できますので。

これだけ寿命が延びてしまうと、婚姻制度ってのも、欠陥がより大きく見えるようになってしまうのでは。

4月13日(火)

夕方から雨になりました。

気温は高めですね。


今日は授業も多いですが、さらに会議、打ち合わせが間に入りました。

さらに、連絡事項が多く、メールもやたらと打ってました。

自分の作業は、全然できませんでしたねえ。


海外に調査に行けないので、いろいろ問題も積み上がっていく形となっています。

ホントは、安徽を調査している予定だったのですが。

安徽には、汪公大帝という地方神があります。

この神と、祠山張大帝の信仰が拮抗する形で展開してました。

調べに行きたいんすけどねえ。


むろん、『封神』にも出てきてないと思いますし、注目も少ないんすけど。

さらに、胡公大帝の廟も調べに行きたいんすよねえ。

行きたいところがどんどん増えていきます。


賃金が上がらないことについて記事がありました(ITメディア)。

いまや日本社会の大問題となっているのが、この雇用慣行だと思います。

しかし、いまだに改善されませんよねえ。

4月12日(月)

今週も、どうもスキのないスケジュールになってます。

授業以外にも、打ち合わせ、会議などが結構入ってます。

だいたい年度の始まりは、こんな感じですよね。


4月29日も、休日でなくて授業日となってます。

その代わり、ゴールデンウィークはほぼカレンダー通りですが。

もっとも、たぶん資料作成に追われているでしょうね。


この間、映画イベントに出たとき、むしろ「ドラゴン水滸伝」の紹介に力が入ってしまいましたが。

実際、自分としてはそちらのほうを語りたいですよねえ。


もっとも、日本語版の吹き替えで、姜子牙が竜巻法師になっているのが笑えましたが。

人名のほとんどがデタラメですねえ。

申公豹は、鬼首法師。

モグラ小僧って、土行孫ですか。

たぶん主人公は武吉クン。

千里眼と順風耳は、早い時期から周の味方なのね。

順風耳は早耳。

聞仲なんて、大将軍と呼ばれるだけすよね。


四天王がゴリラみたいに見えますが、これは一応ネタがあるんすよね。

四天王は四大金剛とも呼ばれます。

そして、香港ではキングコングは「金剛」と訳されるんすよね。

それで、キングコングっぽい四天王となるわけです。


あと、台湾の有名なマンガ家である蔡志忠さんがキャラデザインをやってます。

世界のブルース・リーファンが、これだけは集めるのを躊躇するDVDなんすよね。

日本語版見ていると、ちゃんとブルース楊戩もセリフありますな。


ムン大統領の状況について話がありました(現代ビジネス)。

パク前大統領を引きずり下ろしたのに、しかしムン大統領も期待ほどは働かなかった。

でも、民主制はそれでいいと思います。


いったんやらせてみて、ダメだったらまた次に代える。

それくらいでいいんですよ。

そうやって、何度も交代させて、よりマシな方向にしていくしかないと思います。