つぶやきノート072

9月22日(火)

休日ですが、関西大は授業日です。

今日は自分も2コマやってました。

とはいえ、おそるおそるという感じで、時間も短めです。

それでも、かなり疲れてしまいました。

まだまだ手探り状態です。


ウカツにも、今日は自宅を出て、バス乗り場に出てから休日を意識しました。

まあ、バスがすぐ来たからよかったですけど。

すっかり平日ダイヤだと思ってましたからねえ。


「通信記録をバラされたくなかったらカネ払え」みたいな迷惑メールが来ました。

普段からギャルゲオタクを公言している自分に、これ以上、何をバラすと(笑)。

もっとも、昨今はマンガ電子書籍の支出のほうが多いですね。


情報化が昭和のままだという指摘がありました(ニューズウィーク)。

20世紀は、テクノロジー大国だったんすけどねえ。

21世紀になったら、デジタル途上国に転落してしまいました。


教育改革の勘違いは、「教育をなんとかすれば変わる」と思い込んだコトにあるでしょう。

大学院重点化、法科大学院、いずれも、ほぼ失敗しました。


変えるべきは、会社文化のほうです。

会社が院生をどんどん優遇するようになれば、自然に大学院生は増えます。

会社が法律知識を必要とするようになれば、放っておいても弁護士や法律系の専門職は増えます。

しかし、いままでの改革は、会社文化に手をつけずに、教育制度の面だけ変えようとしました。

そら、失敗するのは当然です。


今後も、教育改革は唱えられるのでしょう。

たぶん、また失敗しますけどね。

変えるべきは、会社文化のほうなんすよ。

デジタルだって、大学の対応だけ増やしても、何にもなりません。

9月21日(月)

また台風が発生するんですか。

コースが直撃っぽいんですけど。

これだけ気温が下がってきても、まだ来るんすねえ。


世間では連休のようですが、関西大は後期授業開始となっています。

研究棟も、校内も、一気に人が増えた感じですねえ。

ただ、しばらくは手探りの状態になるんじゃないでしょうか。


自分は今日は授業はありませんで、明日からです。

ただ、午後はオンライン会議にずっと出ていました。


メディアを見ていると、「拙者」「ござる」「おぬし」とかいうコトバを、オタクが使っているようなイメージがあるんですが。

数十年来のオタクとしては、そんなオタクは空想上の産物だと言いたいすねえ。

そんな話し方しているオタク、見たことないです。


レガシーシステムについての話がありました(現代ビジネス)。

メインフレームにCOBOLって。

それ自分がプログラマやってた時代の遺物ですよ。

いっそ、自分のようなロートルプログラマを雇って、どんどん移行作業でもやったらいいのでは。

9月20日(日)

どうも、急に気温が下がってきている感じですね。

もうちょっと、おだやかに下がって欲しいんですが。


午前中は家事中心でした。

午後は大学で作業です。

論文以外のモノ書きは、どうもモチベーションが低く、あまり進んでません。


ジェンダーの話を見ていると、いつも思うのですが。

日本語の、男性コトバと女性コトバを止めたらどうでしょう。

だいたい、英語だって中国語だって、ほとんどありませんよねえ、そんな区別。

でも日本語だと、1人称からして使い分けています。


だいたい、こんな言語、外国人が学ぶのも不便ですよ。

もっと教育機関で、ニュートラルなコトバを教えるようにしたらどうでしょう。


ティッシュが箱でなくなりつつあるという話がありました(ダイヤモンド)。

自分も、いまは箱ティッシュは買わないようになってますね。

安いですし、軽いですし、処分はラクですし、メリットが多いです。

売っているところが少ないのがマイナス点ですが、それくらいすよねえ。

だいたい、イオン系のところで買ってますが。

9月19日(土)

昼はまだ暑さを感じますが、朝晩は涼しくなりました。

まあ、ちょっと夏が暑すぎましたよね。


午前中、天王寺に出まして、大阪市立美術館の展覧を見てました。

大阪の仏像と、中国の仏像コレクションが展示されてました。

大阪に、これだけ平安時代のものがあったとは知りませんでした。

また中国のほうは、北魏の石仏がたくさん出ていて、見応えがありました。

道教系の像も結構ありましたね。


美術館内は閑散としてましたねえ。

天王寺公園はかなりの人出でしたが。

動物園が、予約しないと入れないみたいで、知らないで来ていた家族連れも、かなりいた感じです。


そのまま、谷町線と堺筋線を乗り継いで、関大前に出ました。

午後は、この機会に倫理研修のほうを進めておこうと思い、ネットで受講してました。

以前に研修受けたんすけど、5年経ったので、もう一度受け直さないとダメなんすね。


前に受けた時より、質問についてはマシになってましたので、これは助かりました。

ただ、思ったより時間かかって、終わったらもう夕方になってました。


アメリカの若い世代がリベラル化しているという話がありました(現代ビジネス)。

トランプ氏見てますと、逆なんじゃないかと思うわけですが、むしろ逆行現象なんでしょうねえ。

グローバル化、リベラル化というのは、世界の大きな流れなんだと思います。

それに対する反発も大きいわけですが。


ただ、一時的に反グローバル、反リベラルが力を持っても、それは過渡的なもんだと推察します。

幕末の、攘夷運動みたいなもんですね。

9月18日(金)

天候が不安定ですねえ。

一時、バケツでまいたような雨になりました。


久々に、まる1日、行事や会議に追われる日となりました。

午前中は、第3学舎で大学院の修了式と、秋卒業の卒業式。

その後、尚文館で大学院の入学式。

また、ほぼ対面での行事になりました。


そして教育推進委員会がありまして、2時間くらいやってました。

コロナ対応がまだいろいろ決まってないんすねえ。

それから、奨学金の急ぎ相談があって、以文館に戻りました。

とにかく、学内を走り回って終わりの日です。


しかし、それでもまだ続いている研究棟の工事。

ブルドーザーがひっきりなしですからねえ。

研究室で授業やるセンセとか、大丈夫なんでしょうか。

まあ、こちらは窓が開けられないくらいの影響ですが。


日本の大学の落ち込みは一人負けなのだという話がありました(文春オンライン)。

「選択と集中」が失敗だと分析されてますが、その通りでしょう。

当たり馬券だけを買うのがムリなのと、同じ理由です。


先行き、「日本社会を衰退させた原因」のひとつに数えられるコトになるんでしょうねえ。

そこがエライさんにはワカランのですわ。

9月17日(木)

研究棟の外側は、相変わらず工事が続いていて、窓が開けられません。

正直、オンライン会議の時も、マイクから騒音ひろってしまわないか、ちょっと危惧しています。


7月に発注したノートパソコン、ようやく入荷しました。

結局、機種自体が違っている形です。

まあ、性能的にはほぼ同等なので、文句は言いません。


しかし、ソフトもなにも、すべてまっさらな状態なので、まる1日かけて調整してました。

授業で使いますので。

ただ、デスクトップパソコンよりはラクで、だいたい動くようになりました。


前に書いた原稿の校正ゲラが来ました。

いやしかし、授業が始まるタイミングで来ましたねえ。

連休もありませんし、ちょっと困ったもんです。

そこそこ長い原稿なので、時間かかるんすよねえ。


シンガポールのビザについて話がありました(BLOGOS)。

そういえば、自分が研修で行った時も、所得の証明など出しましたよねえ。

その関連で少し調べて、結構面倒だと思いました。


意図的に、ある程度カネ持っている人間を優遇しようとしているようでした。

いまや日本人の多くのほうが貧しいってのが見えてしまうんすよね。


以前、少女マンガなどで、「フランスに移住するんだ」とか最終回に明かされるとかありましたけど。

どうやって移住するんだよ、とツッコミたくなりましたよね。

そもそも就労ビザ降りないだろとか。

おカネ持ちで、シンガポール移住なら、まだわかりますけどねえ。

9月16日(水)

今日はオンラインの会議、対面も会議とあり、結構バタバタしていました。

支援課も行きましたので、それだけで夕方になってしまいましたね。


教室については、確認したら新しく振り直されてました。

どうやら一安心ですが、また機材を確認しないとダメですねえ。


国勢調査の案内が来ましたので、これについてはすぐにネットで入力しました。

意外に面倒でしたねえ。


中国の留学生について話がありました(JBプレス)。

指摘の通りだと思うんですが、大学院を希望しても入学しづらい環境もあると思います。

日本と違って、中国では院卒は結構有利です。

でも、中国国内の大学院の競争はかなり熾烈です。

それで、海外の大学院を目指すという人がかなり増えているわけです。

日本の大学院に来る留学生が増加しているのは、このためですよねえ。

9月15日(火)

研究棟の外側の工事は、まだ続いています。

もう授業始まりそうなのに、大丈夫なんすかねえ。


来週は、世間的には連休のようですが、こちらは授業がバンバン入ってます。

まあ、コロナ開けで、おっかなびっくりになりそうですが。

しかし、60人教室で50人の授業やる予定になってますが、大丈夫なんすかねえ。


よく利用していた、近くの「すっぽん」という居酒屋が、どうも営業を取りやめるようです。

自分が赴任するずっと前から営業してましたからねえ。

自分も、いま全然居酒屋に行きませんからねえ。


中国の人からみた日本のビジネス社会について話がありました(幻冬舎オンライン)。

ロボットみたいな人間が多いってのは、指摘の通りだと思います。

「私の毎月の残業代は本給より高い」ってのは、自分も言ってたコトがありますね。

まあ、アレはバブル時期で、仕事量がスゴかったらからですが。

ちなみに、いまは毎日大学に来ていますが、残業代などはありません。


「しがみつき社員」が多いって現状は変えていかないとダメでしょう。

しかし、なかなか組織って変わらないんすよね。


自分も、これまで学会や大学に改革を訴えたコトもありますが。

ほぼ頓挫しました。

なもんで、組織面については何も期待しないようにしています。

そういう意味では、すっかり自分も「しがみつき社員」すよね。

まあ、いわゆる「上がりキョージュ」というヤツです。

9月14日(月)

涼しくなってきて、エアコン使わずに済ませたいんですが。

研究室の近くで工事やっていて、騒音がヒドく、窓が開けられませんね。


午前中会議でした。

オンラインではなく、対面ですね。

だんだん、対面の会議も増えてくる感じです。


有名な会社を辞めた人の話がありました(BLOGOS)。

そうですね、どうもかつての日本社会は、多様な契約というものがなかった。

ひとつの会社に勤め続けるのが有利でした。


いまはだいぶ変わってきているとは思いますが。

まあ、自分なんかも、こういったレールを降りてしまった人間なので、あまり大きなコトはいえませんね。

ただ、降りてよかったとは思っています。

9月13日(日)

曇りで、気温はやや下がりましたが。

蒸し暑さは残ってますねえ。


今日も午後は科研関連のオンライン会議が入りました。

その前に作業をやってました。

出る前に家事もやってましたが、軽く掃除した程度です。


トランプ師匠のウソについて記事がありました(東洋経済)。

これだけデタラメやっても、大統領やっていられるんすからねえ。

いったん、大カネ持ちのところに生まれてしまえば、あとはなんとかなるという世の仕組み。

なんか間違っていると思います。

9月12日(土)

今日はかなり暑さが戻ってきましたかね。

朝夕はだいぶ涼しくなってきたんですが。


午後にオンラインで道教文化研究会があったので参加してました。

ただ、作業が遅れ気味なので、悪いけど内職しながらの参加になりました。


ビールに枝豆は合わないという話がありました(東洋経済)。

世間的に「これが絶対だ」と思われているコトって、必ずしも正しいとは限らないんすよね。

特に、食べ物なんて個人の嗜好が強く出るわけですから。


もっとも、個人的にはビールと枝豆は合うんじゃないのと思ってます。

自分が世間と違うコトをやるのは、たとえばおでんに辛子って、かえっておでんの味をダメにするもんだと思ってます。

だから辛子つけませんよね。

ギョーザも、ラー油つけないほうが旨いと考えていたりします。


とはいえ、自分の味覚は世間一般と比べてもダメなのはわかっているので、別に主張はしませんけど。

いまの日本で、マズイものはむしろどんどん減っている感じですし。

昔は、フツーにお店で食べても、マズイところ結構ありましたよねえ。

コンビニ飯がマズイ食事の代名詞でしたし。

でも、いまは全く変わりました。

9月11日(金)

降ったり止んだりの天気ですねえ。

昼はまだ蒸し暑いんですが。


作業と、モノ書きやってます。

モノ書きが思ったより進まず、ちょっと悩んでいます。


オンライン授業についての紹介がありましたが(ビジネスジャーナル)。

もろさんの事例が取り上げられているじゃないですか。

スゴイですねえ。

9月10日(木)

かなり気温が下がって助かります。

もっとも、天気は雨が降ったり止んだりです。


図書館に久しぶりに行きました。

10時から開館というのを知らずに、ちょっと待つことに。

資料はあっさり見つかり、コピーしてきました。


モノ書きも進めてますが、書き直しがかなり多くなってます。

まあ、論文ってのはこういうもんですよね。


ドコモ口座の不正アクセスについて記事がありました(現代ビジネス)。

これは完全に想定外でしたねえ。

結構セキュリティについては注意されているように思えますが。

どうしても連動するところが甘くなるみたいですね。

9月9日(水)

今日はだいぶ涼しくなりました。

ただ、時おり雨が降りますねえ。


書類提出、打ち合わせなど、細かな業務が入っています。

合間に、モノ書きも進めています。

比較的時間のある今週で、なんとかしたいのですが。


世界大学ランキングの話がありました(文春オンライン)。

南洋理工大学はもっと高いと思いますがねえ。

記事にある通り、シンガポールは国策で教育に力を入れてます。

日本の予算削減が当たり前の状況では、そら相手になりませんわ。

これは中国の大学もそうですからねえ。

9月8日(火)

まだまだ暑いですねえ。

ちょっと動くだけでグッタリです。


ひたすら書類書きに追われています。

もっとも、今日は足が痛くて動けませんね。


遅れていた『東方宗教』132号が届きました。

自分の書評もひとつ出ています。


不動産に関する話がありました(幻冬舎)。

そもそも、不動産が投機の対象になってしまうのが間違いだと思います。

シンガポール式に、土地は公有財産だとして、国が回収できるようにしておくべきです。

マンションにしても、シンガポールのHDB方式がいいでしょう。

老朽化したものも、国家が管理することで整備できます。

9月7日(月)

天候が不安定でしたが、午前中は少林山を見てきました。

まず高崎に出て、それから信越線に乗り換えです。


黄檗宗なのですが、霊符殿があって、こちらが本尊なんですよね。

珍しい存在です。

ダルマで有名なお寺なのですが、そちらはそっちのけで、霊符を買い込んだりしてました。

また少しご住職からお話も聞くことができました。

ここの像が気になるんですよね。


1時間に1本の電車なので、帰りはだいぶ待つコトに。

高崎から東京までは遅れませんでしたが。

大阪までの間は、新幹線が止まるコトになりました。

そもそも、今日は広島と博多間で運休しています。


浜松と豊橋の間で雨量が激しくなったため、途中ストップ。

また京都に向かう時は、風が強かったために、減速運転になりました。

大幅に遅れて大阪着となりました。


ゾンビ企業の救済について話がありました(アゴラ)。

日本社会の何が失敗かというと、企業を保護して労働者を保護しないところです。

これは逆にしないとダメなんだと思いますが。

たぶん、変わらないんでしょうねえ。

どういうわけか、企業の保全については、右も左も賛成するように見えます。

9月6日(日)

天候がやたら不安定ですねえ。

突然豪雨になったり、晴れて暑くなったり。


午前中、バス待ちをしていたら、急に豪雨になりました。

そのため、まず行き先をイオンモールにしました。

モールで食事している間に、天候の回復を待ちました。


止んだので、まず今回の主目的である妙見寺を目指しました。

名称は三鈷山妙見寺、古刹です。

千葉妙見も、ここから持ってきたものとされます。


思ったより広い境内で、いろいろ探してしまいました。

お札は売ってませんでした。


その後、近くにある国分寺跡地を見ました。

ガイダンス施設にも寄らせていただきました。


最近、博物館などに入ると、毎度調査票を書かされます。

どこから来たか、熱は何度かとかですね。


それから、総社神社を見ました。

ちょっと離れているので、かなり歩くことに。

バスも、ほとんど来ませんので。


それから、新前橋の駅に出て、1駅戻ってきました。

ただ、こちらもかなり待つハメに。

本数少ないんすよねえ。


歩きすぎて足がイタいです。

余裕があれば、もう少し見る予定だったんですが、歩けませんね。

明日の午前中、そちらに寄ってから戻ります。


台風でホテルに避難する人が出ているようで(J-CAST)。

快適ですもんねえ、ホテル(汗)。

自分も、いま退避しているようなもんすかねえ。

まあ、台風に関係なく、日程は決めていたのですが。

9月5日(土)

今日は移動がメインです。

朝イチで新大阪に向かい、それから新幹線で東京駅まで。

さらに北陸新幹線に乗り換えて、高崎に出ました。

だんだん新幹線の乗客も、増えてきてませんかねえ。


ホントはその後、信越本線側に出るつもりでしたが。

電車が1時間待ちのため、行き先を急遽変えて、上信電鉄に乗りました。


吉井の駅に出て、有名な多胡碑を見るコトにしました。

月曜日に出ようと思ったら、月曜は資料館が休館なんすよね。


碑自体は、建物に覆われて、直接見るコトはできないんですが。

まあ、ガラス越しになんとか見てきました。

碑文などの内容は資料館で確認しました。

考えるべき内容は多いですねえ。


それから前橋に出ましたが、こちらも電車の本数が少なくて、結構時間かかりました。

また、夕方には台風の影響でしょうか、大雨になって、ちょっと閉口しました。

早速暑い中歩いて、1日目でもう消耗してしまいました。

明日あさっては調査してます。


宗教が不要になろうとしているという話がありました(現代ビジネス)。

先進国では、そういう面も大きいと思います。

とはいえ、人間が不思議なものを信じる感情は無くならないと思います。

それが、スピリチュアルなほうに流れてしまうのではないかと危惧します。


ただ、シンガポール見ていると、あれだけ世俗的なコトを優先されるように見えて、結構上手く宗教が共存しているんすよね。

まあ、伝統宗教がシンガポールではがんばっているという面が強いと思いますが。

宗教側も、現代文化に合わせる必要があると考えます。

9月4日(金)

午前中は雨でしたが、その後止みました。

ただ、蒸し暑さは続いています。


なかなかモノ書きが進みません。

また、明日以降の調査について、少し調べ物をしています。

これにまた時間を取られたり。


北野天満宮で神仏融合の御霊会があったようで(NHK)。

550年ぶりだそうですね。

いいコトだと思います。

これからも、どんどんこういう取り組みが増えてほしいですね。

9月3日(木)

昨日から台風の影響か、天気が不安定のようです。

蒸し暑いですしねえ。


今日は会議などもないので、作業に戻ってます。

なかなか進みませんが。


機材で、実はノートパソコンをずっと発注していたのですが。

連絡がありまして、どうもCPUが揃わないようです。

同等品であれば構わないと連絡しました。

まだ納期は先になりそうですね。


リベラルについての話がありました(アゴラ)。

これは指摘の通りで、リベラルだったらむしろ消費税増税を行い、大きな政府を目指すべきなんすよねえ。

どうも、日本の野党は大衆受けばかり狙いすぎて、消費税減税を訴えますが。ヘンですよ。


消費税減税を主張するなら、むしろ小さな政府を目指すほうを支持する必要があります。

もっとも、小さな政府を明確に主張しているのは、維新くらいなもんでしょうけど。

9月2日(水)

今日は基本的に晴れですが、途中突然雨になりました。

台風の影響か、風が強く吹いたりします。


週末に調査で前橋に出る予定ですが。

台風が来そうでちょっと困りました。

もっとも、10号も朝鮮半島に向かう形ですねえ。


午後は、ずっとオンラインで会議でした。

ただ、吉田先生の科研のオンライン集会も重なっていて、困りました。

科研集会のほうは、アタマのほうしか参加できませんでした。


安倍政権では個人消費の落ち込みが激しかったようです(現代ビジネス)。

結局、量的緩和で株価を押し上げただけの効果なんすよねえ。

「給料が上がる」政策でないとダメなんでしょうに。

そもそも、トリクルダウンとか、全然起きなかったではないですか。


日本の大学の問題点について話がありました(JBプレス)。

海外の大学は勉強することが主体だから、オンライン授業も耐えられると思います。

日本の大学は「学生生活」が主目的で、勉強は二の次ですから、問題が出てしまうのでしょうよ。


バカバカしいですが、企業が相変わらず大学の成績を重視しないのでは、ムリですねえ。

「質の低い楽勝授業」ですか。「らくたん」というんですねえ。

自分の授業のコトでしょうかね。

まあ、単位がラクなのは認めますわ。

9月1日(火)

9月になってしまいましたねえ。

思ったより作業進んでません。


昨晩から機材調整をやってます。

まず自宅の機材ですね。

それから、今日は大学の新しいマシンの調整やってます。

なかなか時間かかります。

合間に、支援課に出て書類を提出したりしてますが。


台風10号は、どうも影響がありそうですねえ。

それにしても、日替わり台風というか、結構発生しますねえ。


BCGが有効かもしれないという話がありました(BLOGOS)。

そうではないかといわれていましたが、検証にはこれだけ時間がかかってしまうんですねえ。

ただ、これ個人差があるんでしょうねえ。

8月31日(月)

あさってが教授会なので、今日は執行部会でした。

むろん、オンラインですが。

その間、細切れに用務があって、対応していました。


モノ書きが進まないのは相変わらず。

あと、新しい機材がいくつか来ましたので、これの調整に時間取られそうです。

なんとか今週中に終わらさないと。


誰だろうが次期政権は大変という話がありました(東洋経済)。

その通りだと思います。

そもそも、目先にコロナ対応という大問題がありますし。

とはいえ、自公政権である以上、諸問題は先送りとなるんでしょうねえ。

もっと目に見えて状況が落ち込んでこないと、変わらないと考えます。

8月30日(日)

日曜なので、午前中は家事やってました。

クリーニング店に行ったりですね。

午後から大学に来ています。


なかなかモノ書きが進みません。

来週はオンライン会議が多くて、なかなか時間が取れないんすよねえ。


年間出生数10人未満の自治体も多いそうです(東洋経済)。

あまりに東京ばかりに人口が集中するのも考え物ですが。

しかし、村の人口が減るのは、もう押しとどめようもないのでは。


ニューノーマルを強制する社会はアブナイという話がありました(BESTTIMES)。

「健全でなければならない」「健康でなければならない」という押しつけには、ウンザリしませんか。

別に不摂生で死ぬ人があっても、それはそれで構わんと思いますが。

8月29日(土)

今日も猛暑でした。

次の台風は、どうも西日本にやや影響を与えそうですねえ。


睡眠不足のようで、フツーに起きられませんでした。

調査に出ていると、早寝早起きの健康的な生活になるんですが。

またすぐに不健康な生活に戻ってしまいますねえ。


安倍首相の時代を評価するには、まだ早いんでしょうけど。

まあ、たぶん「ブレジネフ時代」みたいだと言われると思います。

要するに停滞の時代ですね。

「やってる感」については、すでに言われているようですし。


上司に風俗に誘われたという話がありました(現代ビジネス)。

これねえ、自分もサラリーマン時代はありましたよ。

まあ、風俗に限らず、キャバクラに行こうとか、その手のバーに行こうとか。


バーくらいならともかく、その手のは全部お断りしましたが。

こちらはオタクですからねえ。

世間の多くの男性が喜ぶから、だから全員そうだみたいに判断しないで欲しいもんです。

またそういうのが勲章だと思ってる人も多いんすよねえ。

バカバカしいですですよ。

8月28日(金)

午前中は曇りがちで、やや気温が下がったように思えます。

とはいえ、蒸し暑いのは変わりません。


午前中は病院に行ってました。

いつもの診察です。

結構混んでて、時間かかりました。


午後は作業です。

ちょっと機材のテストもやってます。

2枚ディスプレイを、現行マシンで試してみました。

これは結構簡単にクリアできましたね。


安倍首相が辞任するようで(読売新聞)。

なんか都合が悪くなると健康問題を持ち出す感じすねえ。

もっとも、いまの与党の構成では、首相が替わってもあまり変わらないように思えます。

8月27日(木)

今日は午前中猛暑でしたが、午後から雨が降って少しラクになりました。

天気予報通りですね。


今日は作業すると同時に、プリンタの入れ替えをやってました。

いまのプリンタも相当長く使ってましたよね。

久々にインクジェット式に復帰した感じです。


それが終わったら、今度は留学生が訪ねてきて応対してました。

何回かメールやりとりしたんですが、今日来ると聞いてなかったので、ちょっと驚きました。

その他の応対もあって、今日は全然作業が進みませんでしたねえ。


コロナで脱グローバルは進むのかという話がありました(ニューズウィーク)。

むろん、人自体の往来が少なくなっているので、その影響はあるでしょう。

とはいえ、デジタル化と関連するグローバル化は、もっと進むと思います。


だから、日本社会は四の五の言わず、グローバル化に合わせるべきです。

明治だって、敗戦後だって、要するにグローバルに負けて合わせて、それで発展したわけですから。

むろん、経済発展がすべてではないという考え方も、尊重されるべきですが。

合わせないほうが、失われるものが多いと感じます。

8月26日(水)

残暑が続いています。

昨日は、特に3時になったら追い出されたもんで、一番暑い時間に移動となりました。

やはり夕方になってからでないと、移動が厳しいです。


モノ書きのほうもやっているつもりなんですが。

こちらが遅々として進みません。


コロナを第2類から外すという話がありました(産経新聞)。

この方針はいいと考えます。

症状軽くても入院なんてのは、まさに資源のムダ遣いだと思いますよ。

症状に応じて、対応を変えるべきです。

8月25日(火)

今日も大学で作業なんですけど。

ただ、爆破予告の影響で、早く退去せねばなりません。

バカバカしいんですけどねえ。


どうも他の大学にも予告されているようです(産経新聞)。

さっさと捕まえてくれませんかねえ。

だから、ネットでの匿名を禁じてくれませんか。

技術的に、必ず本人が追えるような仕組みを作ることは可能だと思うんですがねえ。

そもそも、匿名でネット文化を進めてしまったのが、過ちだと思います。

8月24日(月)

残暑が厳しいですねえ。

ただ、今年は北海道までは暑くないようですから、そこそこの時期が秋が来るのではと期待しています。

もっとも、いまはまだ台風が来ているような状況ですが。

台風も、朝鮮半島に向かうようですね。


今日は事務処理で、支援課に書類出したりしてました。

その後、モノ書きに当ててますが、なかなか進みません。

センターにも少し顔を出しました。


集団免疫について話がありました(アゴラ)。

指摘の通りなのかもしれません。

ただ、多くの人の心理が変わるまでには、まだ時間がかかりそうですね。

8月23日(日)

昨晩、帰宅するときはかなり涼しく感じました。

雷雨のあとは、気温が下がるみたいですね。


今日の昼はまた暑くなっています。

結局、まだエアコン使わざるを得ません。


午前中は江坂に出て、少し買い物をしてました。

江坂あたりの人出は、だいぶ戻っているように思えます。

あとは、大学に来て作業です。


コロナ鬱について話がありました(ニューズウィーク)。

どうも自分も、コロナ鬱なのか、それとも単に年齢のせいなのか、気力が落ちています。

まだ生活に差し障りが出ているわけではありませんが。

とにかく、何をするにも億劫ですよねえ。

困ったもんです。

8月22日(土)

暑さは続いています。

台風もまた発生しているようです。

ただ、台風のコースはどうも韓国よりみたいですね。

夕方はまた雷がゴロゴロ鳴っていました。


またしても関西大に爆破予告があったようです。

もうアホらしいからって無視してもいいんじゃないかと考えますが。

そうはイカンのでしょうねえ。


今日もいくつか書類と、それから道教学会の理事会がオンラインであったので、参加してました。

今年の大会自体も、どうやらオンラインになりそうです。

大人数が集まる会場自体が使えないようです。


WHOが2年未満でパンデミックが終息と言っているようです(BLOGOS)。

そういう予測が出てきてくれただけでありがたいですね。

このまま経済が停滞すると、そちらの被害のほうが大きそうですから。

8月21日(金)

今日も猛暑ですね。

昼間は40度近かったと思います。

夕方から雷雨になりましたが。


どうも、調査に出ると、早寝早起きになるんですよね。

夜にゲームとか余計なコトしないからですね。

今日も6時台に目が覚めました。

仕方ないので、そのまま出て大学に来ています。

まあ、またすぐに不健康な時間帯に戻りますが。


とりあえず、ネットも機器も動いてますので、データ移行処理とかやってました。

また、出張報告も作成してました。

その間、学生が訪ねてきたりもしました。

なんとなく、通常モードに戻りつつある感じです。


今日からは機材整備にも時間を取られるコトになると思います。

まあ、こちらもボチボチ始める感じです。


コロナ対策がズレているという話がありました(BLOGOS)。

まあ、これは他の国の政府も必ずしも上手くやれているわけではないと考えますが。

それにしても、日本政府は確かにズレてますよねえ。

なんでもかんでも、「まず利権」の発想自体が古いんだと思います。

8月20日(木)

今日もまだ、大学の研究棟は工事が続いていると思います。

ネットワーク機器の入れ替えやってるみたいなんすよね。

まあ、ネットが動かない研究棟に行っても、意味がありませんので。


また、ちょっと歩くだけで、足がイタいです。

そのため、自宅でいろいろ私用を片付けています。


少し不要なモノを処分したり。

また衣服を入れ替えたりしてます。

今回、古着だいぶ処理した形になるので。


健康を気にしすぎだという話がありました(フライデー)。

指摘の通り、「体にいい」とされているコトの、多くは迷信なんすよね。

人間の体質は、各自結構バラバラなのに。

「標準に合わせろ」ときますからねえ。

これ、実害のほうが大きいと思います。

8月19日(水)

今日も移動がメインです。

ただ、見逃していたお寺があったので、そちらを見てからまたモノレールに乗りました。


新幹線は、ガラガラでしたねえ。

そして大阪に着いたら、暑さにウンザリしました。

やはり、千葉のほうがラクでした。


ちと歩くのがツラいですね。

明日は休養にしたいと思います。

まだ研究棟の工事が終わってないと思いますし。


責任を取ろうとしない日本の体質について話がありました(プレジデント)。

鋭い指摘だと思います。

確かに、上が変わっても、実際多くの日本人は何とも思わないんでしょうねえ。

強権政府が上に立っても、逆らわないかもしれません。

8月18日(火)

調査最終日です。

暑さもさることながら、足がそろそろ限界すね。

かなり歩きましたからね。


ただ、昨日に比べると、曇りがちなぶん、少しラクでした。

とはいえ、歩くだけで汗だくになる状況は変わってませんが。


今日は千葉氏ゆかりの場所を訪れる形となりました。

まず白幡神社です。

なんでも、源頼朝が千葉に逃れた時に、千葉氏がはせ参じた所だそうです。

この近くに、神明神社もあります。


さらに南下して、寒川神社に。

こちらが、この一帯では妙見と対になる形の神社です。

絵巻に当時の祭りが描かれていますが、王爺祭かと思うくらい。


ここからは東に向かい、亥鼻城近辺を目指しました。

亥鼻城は、千葉氏の居城だったところです。

いまは再建されていますが、鉄筋コンクリートなので、味気ないですね。


とりあえず、周辺の高徳寺、東禅寺、胤重寺などを見ました。

そして、亥鼻城は、いま市立郷土博物館となっています。


この博物館の3階に、「千葉氏と妙見信仰」の区画があります。

これをずっと前から見たかったんですよね。

一部写真撮影も可能で、レプリカの妙見像を撮ってました。


どうも、鎌倉時代の妙見なのですが、その姿は完全に真武です。

真武型では最古とも言われますね。

いつから真武型に転換したのかは、また論ずるつもりではあります。

そのカギとなるのがこの像で、レプリカとはいえ、見られてよかったです。

これでだいたい調査は終わりです。


親世代の常識が間違っているという話がありました(JBプレス)。

指摘の通りだと思います。

思えば、自分もかなり「世間の常識」というヤツに惑わされまして、失敗しました。


本当は量産される大卒ではなく、院卒のほうに価値を移すべきでした。

現に、アメリカにしても中国にしても、グローバル的にはそうなっています。

ところが、「製造業に特化」した日本社会は、そうなりませんでした。

そして、グローバル的に知財社会になっている現状で、苦戦しているわけです。


断言しますが、院卒を軽視している限り、産業の復活はあり得ません。

そこまで世界の知識レベルが上がっているというコトです。

いつまでも大卒重視の日本社会は、これからもダメであり続けるんでしょうねえ。

8月17日(月)

世間的にはお盆は終わりなんでしょうけど、大学はまだ休業中です。

いま大学行っても、停電してたり、水道が止まっていたりして、ムダなんすよねえ。


それで調査に出ているわけですが、歩くだけで汗だくになる状況は、なんとかならんもんでしょうか。

浜松は41度ですか。

いやあ、今年は浜松調査にしなくてよかったです。


今日は、まず千葉神社に出ました。

当然ながら、妙見信仰の中心地になります。


ただ、いまの建物は新しいもので、実はあまり見るべき所はありません。

とはいえ、以前撮った写真は、十数年前のもので、さすがに解像度が悪すぎます。

今回は、写真の撮り直しに来た感じです。


一応、妙見大祭は行われているんですね。

ただ、だいぶ規模が縮小されているようです。


それから、いったん京成千葉駅に出ました。

そこから、京成で千葉寺駅へ。

この一帯で一番古い、千葉寺に向かいました。


千葉寺の駅を降りて歩くと、風が吹くためかだいぶラクです。

少し駅から距離があります。


本来の読みは「千葉寺(せんようじ)」なんですね。

本堂、大師堂など、規模の大きい寺院です。

また、境内には瀧蔵神社があります。


ここからまた電車に乗って戻ってきました。

例によって、数時間歩くだけでバテてしまいます。


GDPの落ち込みが激しいようです(サンケイBiz)。

3割程度と言われてましたから、妥当な数字だと思います。

問題は、まだコロナ禍の収束が見えないことなんですね。

春頃には、夏には収束していると思ってましたから。

8月16日(日)

今日も移動が中心です。

佐原から、千葉中央までやってきました。


しかし、やはりチェックインまで時間があったため、予定を変更して妙見を探しに出ていました。

当初は、佐倉を見ていこうと思ったのですが、こちらは近くにはあまり存在せず。

やや遠回りになりますが、中山に出て、法華経寺とその妙見堂を見るコトにしました。


JR成田線でまず成田に出て、それから京成成田に乗り換え、京成中山に出ました。

東京東部の出身の自分には、このあたりは土地勘のある地域です。

とはいえ、法華経寺は初めて見ます。


法華経寺は、日蓮宗の寺院で、鬼子母神や妙見を祀ります。

室町時代の建物も残っており、見応えがあります。

五重塔もありますし、広大な境内となります。


帰りは下総中山駅のほうに出て、そこから千葉駅に向かいました。

千葉駅からは、大した距離ではないんですが、モノレールに久しぶりに乗ってみました。

懸垂型のモノレールは、浮遊感がいいですよねえ。


NAVERまとめのサービス終了に関する話題がありました(ビジネスジャーナル)。

便利なこともあったんですがねえ。

ただ、著作権無視については、時々危惧していました。

かなりロコツな場合もありましたしねえ。

それからすると、停止もやむを得ないかと思います。


スウェーデンの話がありました(東洋経済)。

「集団免疫」を狙っていたわけではないんですねえ。

これこそ、「民度が高い」のかと思います。