つぶやきノート051

12月7日(金)

今日はやや変則的なスケジュールになりました。

昼に会議が入ってしまったので、京都大の研究班には参加できず。

そのため、保健センターから指示されていた病院に、今日行くことにしました。


大学からそう遠くはないので、いったん研究室に入ってから出ました。

しかし、心電図から採血から、心臓の画像まで、かなりガッチリ検査することになりました。

2時間以上かかりましたからねえ。

やはり高血圧が引っかかりまして、どうも、今後は通院することになりそうです。


それで、突然血圧計も買うことになりました。

近くの薬局で売っているというので、その足で行きました。

腕に巻くタイプは面倒なので、腕を突っ込んで自動計測できるのにしました。

それでも、そんなに高くないんすねえ。

ACアダプタが付いてなかったので、そちらは通販で申し込むことになりましたが。

これ、電池で動かしていると、すぐに電池きれそうです。


昼は、支援課に書類提出と、それから会議に出ました。

こちらの会議もやたら長引きまして、戻ってきたのは夕方です。

検査で疲れるってのもヘンな話ですが、今日はとにかくいろんな検査をやって疲れました。

もっとも、来週審査の論文は優先して進めないとダメですね。


昨日のソフトバンクの障害はエリクソンが原因だったようです(東洋経済)。

かなり影響が深刻だったようですね。

もっとも、いまや通信手段をひとつにしているユーザが多いってコトでもありますね。

自分などは疑り深く、どうも複数の通信手段を持っていないと、不安になります。


日本のメーカーは世界の下請けに変わったとありました(BLOGOS)。

それはそれで、日本の優れた面を表すものだと思います。

ただ、優れた最終製品を生み出せないところに難しさがありますね。


これは日本だけでなく、中国や韓国もそうなのですが。

ある製品のコピーを作るのは得意だと思います。

自動車、家電、IT機器、ケータイ、そしてスマホ。

しかし、その製品のコンセプト自体を考え出すのは、ほとんどできていません。

相変わらず、アジアの多くの国は、マネしかできていない。

マネをして改良し、より優れた製品を出してくるのは、それはそれで大きな能力だと考えます。

ただ、オリジナルなアイディアが相変わらず出せない。

これ、あるいはずっと克服できないままになるのかもしれません。

12月6日(木)

今日は降ったり止んだりの天気でした。

気温はまだ高めですね。


授業と雑用だけで終わってしまうのは相変わらず。

小さなゴタゴタがあるのもいつものこと。


高齢になって持ち家がないとどうなるという話がありました(現代ビジネス)。

自分も賃貸を転々としてきた人間ですが、いまはちとムリしてローン組んで自宅購入してます。

まだ借金払い終わってませんけど。

それは、やはり高齢になって借りられないという事態を避けるためです。

このあたり、日本社会は冷たいですからねえ。


日本のデジタル化周回遅れについて話がありました(ダイヤモンド)。

日本社会で給与が低い問題は、「付加価値のある仕事を生み出せていない」という状況もあるかもしれません。

ITマネージャ、フィンテック技術者など、シンガポールでは高給取りです。

でも、日本社会ではそういう職があんま重視されていません。


グローバル的に、大学院卒が重視されるのも、現代社会では専門性が必要とされるからです。

学部段階では、どの学問も入門程度で終わってしまうのが現状です。

ところが、日本の場合学部卒がメインで、しかも、ヘタすると、それですら不要という風潮が強いです。

どうしてこう、グローバルに逆行したがりますかねえ。

12月5日(水)

今日もかなり気温が高かったですね。

昨晩、帰宅する時は豪雨になって閉口しました。

少しの時間だったのに、ずぶ濡れになりました。


今日の朝は、1限と2限のはじめに、担当教員が変わる旨を学生に説明する用務がありました。

その後、午前中は書類提出。

どうも、あまり乗り気でない仕事をこなしていた感じです。

午後は午後で、ずっと会議です。


山手線の新駅が高輪ゲートウェイになるそうです(ハフポスト)。

だったらってんで、他の駅もヘンなカタカナ語を付ける大喜利になったようで。

「巣鴨グランドマザーズ」が笑えます。

「田端ナッシング」は気の毒すぎるでしょう。

いやホント、センスのないネーミングですよねえ。


入管法の改定に対する批判がありました(BLOGOS)。

指摘の通りで、まず安い賃金でこき使う経営者が淘汰されるべきでしょう。


ゴーン氏が「もらいすぎだ」という批判があるようですが、自分はこれに反対です。

他人の給与については、もっともっと上げろと言うべきですよ。

公務員についてもそうです。

もっともっと高くていいです。

そうやって、「他人の給料が高い」と批判して、自己の首を絞めている人が多すぎます。

「他人も上げろ、自分も上げろ」と主張するくらいでいいですよ。

12月4日(火)

夏かと思われるほどの気温となりました。

いや、ホントにビックリです。


授業と用務の火曜ですが、今日は時間がギリギリでしたね。

昼休みが15分くらいしかありませんでした。

正直、食事は摂れる時に摂っておかないとダメですねえ。


クイーンのフレディ・マーキュリーに関する記事がありました(JBプレス)。

いま映画がヒットしてますもんねえ。自分はまだ見てないのですが。

フレディがインドから来た話は知っていましたが、ゾロアスター教徒だということは知りませんでした。


自分はベース弾きなので、ジョン・ディーコンのフレーズをコピーすることが多かったです。

「Another One Bites The Dust」が強力な印象を残しますが、他にも注目すべきプレイは多いですよね。

12月3日(月)

今日明日の最低気温が十数度。

週末の予報の最低気温が1度くらい。

なんか差がありすぎませんかねえ。


授業と雑用で終わってしまうのはいつもの通りです。

セキが治らないのですが、あるいは心因性ですかねえ。


大学の倒産についてのコラムがありました(ニューズウィーク)。

地方にある、小さな大学が危ういということです。

ただ、構造的なものもあり、仕方ない面もあるかと。

だいたい、少子化が厳しくなると予想されていたのに、さらに大学を作り続けたわけですからねえ。


今年はたくさん変態が出た年のようです(BLOGOS)。

毎年、そう言われるようになるんじゃないすか。

こういう行為をする人は、たぶん止められないんじゃないかと考えます。

おそらく、一番根源的な欲望が出てしまうので、普通の感情では抑えきれないのでしょう。

止めるのではなく、他人に迷惑をかけない方面に持っていくしかないのでは。

12月2日(日)

まだ暖かいですねえ。

ただ、次の週末はかなり低い気温になると予報が出ています。


午前中家事、午後は大学で作業といういつものスケジュールです。

なかなか作業が進みません。


最近ユーチューブにアクセスすると、やたら神怪系映画を勧めてきますねえ。

『奇門遁甲』とか。

『哪吒三太子收七妖』とか。


懐かしいですよね『奇門遁甲』、これも、アヤシイ術を使いまくりなのが笑えます。

『哪吒太子収七妖』は、以前見た時は、金吒木吒がこんなに登場していたのに気がつきませんでした。

颯爽と助っ人で現れる楊大哥。


日本の来訪神がユネスコ文化遺産に登録されたようですね(現代ビジネス)。

これはいいことだと思います。

ナマハゲは有名でしたが、ボゼとかメンドンとかは、あまり知られてませんしねえ。

これらは、おそらく東南アジアからの影響だと思われますが。

12月1日(土)

今日から師走ですね。

時間が遅く感じるのはあまり変わってません。


カゼもとっくに抜けたハズが、ノドがまだダメですねえ。

体調がイマイチなのは変わらないので、週末はあまりムリしません。

ただ、作業はたくさんあるので、片付けなければなりませんけど。


週末の寝だめはむしろ疲れるという話がありました(東洋経済)。

理解できるんですが、平日がついつい睡眠不足になるぶん、どうしても週末は起床が遅くなりますねえ。

この点については、諦めてます。


日本人はなぜレッドオーシャンで勝負してしまうのかという話がありました(東洋経済)。

指摘の通りで、「ゆるキャラ」「B級グルメ」をあちこちの自治体でやるもんだから、そのものの価値が落ちてしまいます。

ハロウィンで、わざわざみんなが行きたがる渋谷に行くのも、どうにも解せません。

自分がアマノジャクだから、そう感ずるのかもしれませんけど。


ゴミ清掃人の人が見た差について話がありました(東洋経済)。

「ホントのカネ持ちはこうだ」という他の記事よりも、説得力があるように思えます。

「貧乏人ほどゴミが多い」ってのは、確かにありがちかも。


中国のゲノム研究者に関する記事がありました(JBプレス)。

湖南出身の、期待の若手研究者だったんですねえ。

しかし、どうも今回の件は一種の危うさを感じます。

11月30日(金)

昨晩は帰宅が深夜になりました。

ちと今日は疲れてますね。


ただ、会議などがないので助かります。

とはいえ、今日は院生の指導が主となりました。

その合間に、機材の設定などです。

また、「大漢和デジタル」が来ましたので、とりあえずインストールしてみました。

間接経費が、今日1日でほぼなくなってしまいましたね。


茨城大学の学長のインタビューが出ていました(読売教育ネットワーク)。

自分もかつて所属したところですが、やはり大変のようですね。

これだけ改革の話が出てくるとは、当時は考えられませんでした。


大阪万博の交通の話がありました(東洋経済)。

電車用のトンネルは、もう用意してあるんすねえ。

知らなかったです。


ただ、やはり開催が終わってからの利用が問題になりそうですねえ。

いいじゃないですか、カジノ特区で。

さらにもっと娯楽施設をガンガン作っては。

11月29日(木)

今日はかなり気温が上がってビックリです。

コートは、しばらく出番はなさそうです。


今日はずっと分刻みのスケジュールとなりました。

午前中は卒論授業。

昼には入試関連の会議。

その後、支援課を行き来。

15時から、院祭で講演会があったので参加。

琉球大を退職された山里先生のご講演で、大変勉強になりました。

夕方は、専修の行事で懇親会があります。


自宅のテレビの話をちょっと書きましたが、実際、テレビ見てる時間少ないんすよねえ。

以前は、ビデオやDVDをよく見ていたから、ビデオデッキやテレビを頻繁に買い換えていた形です。

でも、いまは映像はパソコンで見ることが多くなりましたし。

テレビは、ニュースと特集くらいしか見ません。

それで、今は買い換えの必要性を感じないわけです。

いっそ、なくても大丈夫かもしれませんねえ。


ヘンなマナーに関する話がありました(J-CAST)。

世代によってもだいぶ違いますし。

くだらんマナーに気をつかっても、実はあまり意味がなかったりしますよね。

ヘンなマナー押しつけるのはオッサン世代ですし。

あんま気にすることはないと考えますがねえ。


高収入と低収入の人の比較についての批判記事がありました(BLOGOS)。

財布の違いなどを気にするパターンと同じで、あんま意味ないと考えますねえ。

もっと、個人の考え方の違いとかを強調したほうがいいと思いますが。

11月28日(水)

今日は夕方から雨になりましたね。

はじめコート着ていたんですが、途中で脱ぎました。


来るとき、阪急に乗っていたら、沿線で火災があったとアナウンスがありました。

調べたら、山田にあるコーナンが火災だったようですね。

ちょっと焦げくさい匂いがありました。

また、ヘリコプターがやたらと飛んでましたねえ。

あそこのコーナンはたまに利用していたんですが。


会議会議の水曜日です。

今日はホントに、何時間もぶっ続けでした。

久しぶりですね。

当然、作業もなんもできませんでした。


大阪府知事「風呂敷広げすぎた」ですか(毎日新聞)。

するとまた予算オーバーになりますですかね。

いや、東京五輪もそうですが、悪いクセですよ。あとからカネがかかるって。


安倍政権はポピュリズムであるという話がありました(アゴラ)。

トランプ師匠ほどではありませんが、そういう傾向はあると思います。

たぶん、この国の場合、野党がやっても似たようなコトになるでしょう。

ただ、それでも政権交代はあったほうがいいと考えます。

交代しないと、ひたすら腐っていくだけですからね。

11月27日(火)

今日もかなり暖かく感じます。

もうすぐ12月なのに、ちと驚きです。


授業と雑用なのは変わらず。

ただ夕方は、台湾から研究員で来られていた蔡さんがもうすぐ帰国なので、簡単に送別会をします。


歴史ある京都の町屋が解体されてしまったようで(京都新聞)。

いろんな用途がありそうなもんですがねえ。

歴史的なモノは残すのが難しいんすよね。


60歳過ぎのヒトがネットアイドルになっているという話の続きがありました(BLOGOS)。

ヒトは見たいモノしか見ないんすよねえ。

困っている現実の人間よりも、架空の人物が物語で困難に陥るほうが、ずっと危機に思えるわけで。

だとしたら、ハナっから幻影だとわかっているモノのほうに入れ込むほうが、まだベターかもしれません。

と、オタクを肯定してみせる。


消費税アップを肯定する意見がありました(現代ビジネス)。

こういう意見があってもよいと思います。

ただ、自分などが反対なのは、例に出している北欧政府のように「ちゃんと使ってくれる」保証がないからなんすよね。

払ったぶんの税金が、キチンと福祉で戻ってくるなら、別に消費税が少々高くても問題ありません。

11月26日(月)

気温がまた上がりましたねえ。

南では、台風もあるみたいで。


午前中会議、午後は授業といういつものスケジュールです。

合間に作業というのも変わらず。


自宅の家電もそろそろ古くなってきてますが。

なんだかこちらも、イマイチ買い換えの意欲がありません。

テレビも10年以上使っていると思います。

頻繁に買い換えていた、以前の自分からは考えられませんね。

とはいえ、パソコンの買い換えはそこそこですが。


ツイッターなどで、なぜか楊任が大人気のようで。

いや、あの姿はそら『封神演義』でもダントツの形象ですからねえ。

ただ、六十太歳のなかの像を楊任風に作ってしまうのはマズイかもしれません。

もともと関係ないですからねえ。


掌中眼の典拠は、『山海経』あたりもありそうなもんですが、たぶん『封神』の作者はあっても参照していないでしょう。

たぶん、参考にしたのは千手千眼観音の掌中目だと考えます。

いずれにせよ、密教に由来するものかと。

それを目から生やすことにしたのは、やはりスゴイと思います。


アメリカではブラックフライデーみたいですが(アゴラ)。

シンガポールでもやってましたね。

ナゼか日本では話題になりませんが。

まあ、売れ行きがいいなら、構わないんじゃないすか。


ブレグジットが決まりつつあるようです(JBプレス)。

ただ、イギリス議会が通るかどうか不明のようで。

このままだとハードブレグジットになりかねませんが。


九州新幹線の長崎ルートについて記事がありました(東洋経済)。

完成したら乗ってみたいってのもありますが、定年後になりそうですねえ。

11月25日(日)

昨晩の懇親会では、飲み過ぎないように注意はしていたんですが。

久しぶりに会った人が多かったので、ついつい話し込んでしまいました。


今日もまだ体調がイマイチですねえ。

家事をタラタラやっていたら、もう午後ですし。

今日は休養メインにしました。

いくつか業務ファイルは持ってきてますし。


昨今、トシのせいかいろいろやる気がなくなってます。

シンガポールにいたときは、あちこちまた調査に行ってやろうとか、これ買おうとか思っていたんですが。

どうも業務に追われているせいか、すべて億劫になってきています。

まあ、そういう年齢なのかもしれません。

世間一般からすれば、あと数年で定年という時期ですし。


台湾の選挙は民進党が不調だったようです(日経新聞)。

いまアジアで一番ちゃんと民主制が機能しているのが台湾だと思います。

不満だったら政府変える、こういう精神が正しいですよ。


新聞不要論が広まっているようです(ビジネスジャーナル)。

いまの形のままでは、いずれ維持できなくなるんじゃないでしょうか。

ただ、政治や行政を批判する場は必要だと思います。

スキャンダルや事件を扱うだけなら、瓦版だけでいいでしょうし。

11月24日(土)

今日は阪神中哲談話会に参加してました。

会場は、近鉄奈良駅前のやまと会議室です。

古いビルですが、眺望はものすごくいいですねえ。


参加者はかなり多かったです。

久しぶりにこちら方面の研究会に参加して、勉強になりました。

あとは、志学社さん方面の話を聞いて驚いたり。

山田さんが加わっておられるんすよねえ。


万博は大阪に決まったんですねえ(読売新聞)。

まあ、開催期間中は、そらお客さんは来るかもしれません。

ただ、終わったあとがどうなりますかねえ。


入管法の問題についてコラムがありました(アゴラ)。

どうも、とにかく安い労働力を使いたいという意図が透けているんすよねえ。

別にそれでもかまわないんですが、ならばオーストラリアやシンガポールの例をもっと参考にすべきです。

11月23日(金)

気温がかなり下がってきてますね。

とはいえ、コートも出したり引っ込めたりです。


まだノドが少しダメですが、カゼは抜けた感じです。

ただ、なんとなく体調が悪いのは続いていますねえ。

トシとると、ホントに回復が遅いです。


ここしばらくは、院生の論文直しやら、入試業務やらで、自分のほうの用務ができず。

書籍の購入書類も、まだかなり処理しきれてません。

せめて週末は自分の用務に当てたいんすけどねえ。

この連休は、そちらの残務処理やってる感じです。


ムンジェイン大統領に関する記事がありました(JBプレス)。

すごく、いいヒトなんだろうとは思います。

ただ、いいヒトが国のリーダーになっても、単なる八方美人で終わってしまう可能性が高いんすよねえ。

日本では、鳩山元首相がそうでした。


北方領土について記事がありました(ニューズウィーク)。

ある意味では、取り戻す機会はもう過ぎ去ってしまったんですよねえ。

それでも、交渉はやるべきだと思います。

何もしなかったら、あと百年経っても変わらないでしょうから。


大学生がママ活に殺到らしいです(BLOGOS)。

パパ活もそうですが、どうもこういうのは防ぎようがないのでは。

既婚者が多いというのも、違和感があります。

若い男女がカネを巻き上げる手段になってしまっているのもねえ。

11月22日(木)

今日も朝から晩まで、キツいスケジュールとなりました。

午前は卒論指導。

午後から入試の業務です。午後の授業は休講となりました。

突然、院生が博士論文提出の書類が必要と言ってきたのですが、昼の20分しか対応時間がありませんでした。

なんか走り回って終わりの日ですねえ。


法科大学院の来年度の定員が出ていましたねえ(大学ジャーナル)。

まだまだ多いんじゃないでしょうか。

半分の15校くらいでいいですよ。

そこに予算をつぎ込むなら、かなり充実してくるのでは。


高度な人材は日本に来ないという話がありました(BLOGOS)。

そらそうでしょう。

そもそも、受け入れる環境に問題ありですよ。

それこそ、もっと留学生が残られるような方策を展開するといいのに。

11月21日(水)

朝は、阪急千里線がまた遅れてました。

どうも、また事故だったようですね。


午前中、ウッカリして支援課へ二往復するハメになりました。

午後はずっと会議です。

ほとんど作業はできませんでしたねえ。


右も左もフェイクだらけという話がありました(BLOGOS)。

見たいモノ、知りたいモノだけを見るという傾向が、ますます強くなってきているんでしょうねえ。

都合のよいモノだけを肯定する連中が大半なんでしょう。

この傾向は、当面変わらないんでしょうねえ。


「文章をちゃんと読んで判断する」というのは、意外に難しい技術のようです。

そういう人が、他人を説得したとしても聞く耳持たんのでしょうし。


1年前の脱北兵士のインタビューがありました(現代ビジネス)。

なるほど、やはり憶測記事が多かったんすねえ。

なんでも、話半分に聴かないとダメですね。

11月20日(火)

ぐっと気温が下がってきました。

そろそろ暖房入れますかねえ。


授業の合間に作業やるのは相変わらず。

まだノドが治ってませんねえ。

それにしても、論文修正の間に他の作業が後回しになり、いまいくつかの作業が滞留してます。

久々のパンク状態ですね。

まあ、それでも慌てて片付けたりしませんけど。


ゴーン会長逮捕のニュースで今日は持ちきりですね(ニューズウィーク)。

優秀な人なのではないかと考えます。

ただ、やはり長く権力を持っていると、どうしても私物化に動いてしまうんでしょう。

ある程度の時間で、交代できるようにしておくべきです。


一方で、日本のトップの報酬はやはり少なすぎると思います。

不正など考えないくらいの高報酬でいいと思いますけどねえ。


日本ではクレジットカードを持っているのに現金依存という話がありました(BLOGOS)。

意識的に変えていかないとダメなんでしょうねえ。

自分も、かなりキャッスレスな生活になってきてます。


日本の政策形成過程が民主主義らしくないという話がありました(BLOGOS)。

「現在の日本では選挙以外に、国民・有権者の民意を反映できる機会や仕組みがほとんどないのである」という指摘は、その通りだと考えます。

その選挙ですら、歪められたものになっていますしねえ。


だいたい、多くの政治家が世襲になっている時点でなにかヘンですし。

実際上はもう貴族制になっているのに、選挙という儀式でゴマカしているんでしょうね。

ただ、それを落とす権利があるのに、選挙民は行使しようとしませんしねえ。

変わらないんでしょうね。

11月19日(月)

まだノドがイタいですが、体調はだいぶマシに。

ただ、授業で話すと、やはりノドにきますね。


気温がかなり下がってきましたが、まだコートは着てません。

タイミングが難しいですねえ。


授業の合間に、論文直したり、いろいろ書類に対処してたり。

頼んでいた書籍のなかに、『西遊記雑劇訳注』があって、チラチラ眺めてみたらビックリ。

ちょっとだけですけど、「周宣霊王」の名が出てきているんすねえ。

しかも、華光大帝の配下の火神という位置づけです。

これ、あまり注意してませんでした。なるほど、それで伽藍神として出てくるわけですね。


それから、こちらに研究に来ていた蔡さんの日本の八将に関する文章を見てて、またビックリ。

蔡さんの指摘では、『簠簋内伝』にある「商貴帝」に注意すべきとのこと。

自分はてっきり、鍾馗のことだと思い込んでいたんすけど、「商の王」なわけですから、こら殷郊につながってきますよねえ。

なるほど、これは納得です。

しかし、自分も何度か見ているのに、その類似点については気がつきませんでした。

いやもう、自分の目のフシ穴ぶりに呆れます。

この問題、もっと考えないといけませんねえ。


ダライ・ラマ来日のようですが(ライブドア)。

なんか報道が少ないですね。

ヘンに忖度しないほうがむしろいいと思いますけど。


ネットで政治闘争が止まらないという話がありました(BLOGOS)。

そういえば、非建設的なポジショントークばかりになってますよねえ。

やはり以前より、そういう発言が目についてしまうのが原因なのでは。

以前なら、他の連中の主張は無視することができたのでしょうけど。

いまは、ネットでどうしても見えてしまいますし。

或いは、「万人の万人に対する闘争」なのかもしれませんねえ。

11月18日(日)

カゼがなかなか抜けないです。

症状が重くなることはないのですが、ずっとノドがイタい状態が続いている感じで。

なんとなく体調が悪い状態がずっと続くのも、なんだかキツいです。


久々に、業務などがない日曜です。

午前中は、とにかく家事回してましたが。


ただ、午後はずっと大学で、院生の文章直しです。

ここんとこ、数週間はひたすら他人の文章を直しているか、あるいは評価やっているだけですねえ。

自分の文章が全然書けないんすけど。

いやもう、困ったもんです。そういう時期だから仕方ない面もありますが。


1本23万円の値段のボールペンですか(J-CAST)。

これほど人気なら、再び生産すればいいと思いますけど。

なかなか難しいもんなんすかねえ。


国会が面白くない理由について話がありました(BLOGOS)。

与党が多数で、そして議院内閣である以上、勝負は決まってますからねえ。

あとはスキャンダルとか、どうでもいい問題をつつくしかないわけで。

延々と、八百長のショーを見せられているようなもんです。


与党も野党も、とにかく現状維持だけを目標としているのも、バレてしまっているのでは。

そもそも選択肢の意味がないから、選挙もしらけてしまっていますし。


アメリカの選挙民の多くは、何も変わらないよりは、悪くても変えてくれるトランプ師匠を選んでしまいました。

そのうち、日本の選挙民もそういう方向に向かうのかもしれませんねえ。

11月17日(土)

気温がまた上がりましたねえ。

まあ、過ごしやすい天気ですが。


今日は大学院説明会の業務になります。

本来は藤田先生がご担当でしたが、急に自分が代打で出ることになりました。

午後はずっとその業務でした。


ただ、あとは支援課に出て、書類提出などの業務も行ってました。

先週の出張報告も、今日やっと出せたくらいです。

また、院生の論文指導も、合間にやってます。


大学志望ランキングに変化が出ているようです(ビジネスジャーナル)。

日大は、あまり事件の影響が出ていないようで。

明大は相変わらず強いですねえ。

関西大の評価が高いことはありがたいとは思いますが。

11月16日(金)

まだノドがイマイチです。

話すと、声がかすれてしまっています。

明日は代打で説明会に出るので、少しはマシな状態にしたいのですが。


久しぶりに京都大の研究班に参加しました。

行きのルート、モノレールと阪急にしたら、時間が思ったよりかかりましたねえ。

やはりJRのほうが速いです。

もっとも、やはり混んでいる時間帯なのですが。

帰りも、今日はJR吹田からバスで来たりしました。

こちらも意外に時間かかりますねえ。


研究室では、今日も院生の指導が続きました。

気がついたら、もう夕方という形です。


日本の研究力低下について記事がありました(BLOGOS)。

ワカランのは、わざわざ手間ひまかけて、研究力を落としている所ですよね。

法科大学院の改革もそうでした。

あれだけ苦労して、むしろダメな状況を増幅させている。


教育や研究をダメにしていくのは、国策なんでしょう。

他の国が、研究に力を入れて国力の増強に励んでいるのと好対照です。

もっとも、そういう政府を選んでいるのは、国民ですしね。


日本の五輪大臣がパソコンを使ったことがないそうですし(BLOGOS)。

まあ、この年代ならそうでしょう。

ある意味、究極の対策だからいいんじゃないでしょうか。


重慶のバス転落事故の話がありました(現代ビジネス)。

重慶の市街は、高低差が大きいですからねえ。

問題は、どうして自らの命を失うことになるのに、運転手を殴るのか。

特に、浮かばれないのは同乗していた乗客ですね。完全に巻き添え。


もっとも、似たような光景は、それこそ中国のバスに乗った時、イヤってほど見ています。

だいたいは、運転手はバス停じゃないところでも降ろしてしまいますけどね。

ケンカになってるのも見ましたよ。

とんでもない額の罰金でも課すしかないと思います。

11月15日(木)

結構冷え込んできましたねえ。

カゼが悪化している状況で、ちと厳しいです。

もっとも、休むほどの状態ではないんすよねえ。


大学院授業主体の木曜です。

その後、博士論文の再訂正になりました。

これがまた、数時間かかりました。

今期は博士の院生1人なので、まだなんとかなってます。


おおさか東線で記事がありました(読売新聞)。

自分も、これが開通すると少し便利になります。

いままで、新大阪から淡路に出るのに一苦労でしたからねえ。

もっとも、そう頻繁に使う機会があるわけではないですけど。

11月14日(水)

気温が下がってきましたが、まだ寒いというほどではないですね。

どうも、カゼが少し悪化している感じで、ノドがイタいです。


会議会議の水曜日でした。

作業が全然できず、ちと困りました。

土曜日も、また代打で業務に出ることになりましたし。


現代自動車が苦戦しているようですね(BLOGOS)。

自動車産業は、これから大変だと思います。

ただ、一時はかなり順調に発展していましたので、この状況には驚いています。


CIAの組織崩壊マニュアルの話が興味深かったです(現代ビジネス)。

いや、日本の大きな組織はだいたい当てはまってしまうではないですか。

そもそも、大学の組織なんて、典型的ですからねえ。

「みんなで話し合う」みたいな、落ちぶれる組織の見本みたいな世界ですよ。

11月13日(火)

授業の前に会議があったりするのは、いつものこと。

なかなか作業のほうに戻れない形です。

広島の宿、少し寒かったですかね。カゼ気味な感じです。


いつも乗っている阪急バスの時刻表が変わるみたいです。

もっとも、自分の乗る時間帯はさほど変化はないのですが。


ネットの議論がかみ合わない件について記事がありました(BLOGOS)。

まあ、いまやアメリカの大統領が、他人の意見を全然理解できない人だったりしますしねえ。

たぶん、想像以上に、ちゃんと文章を理解できる人って少ないんだと思います。

わからない人は、ほうっておけばいいんじゃないすか。


人口減少についての話がありました(東洋経済)。

定年75歳まで引き上げるのも結構ですが、しかし多くの人は、その途中で亡くなってしまうのでは。

自分あたりだって、そこまで生きているかどうかアヤシイもんです。


ただ、もっと戦略的に取り組めということには賛成です。

そうでもしないと、緩和されませんからねえ。

11月12日(月)

今日も授業授業です。

ただ、その合間にまた会議が入ったりして、バタバタしています。


午前中には、健康診断で引っかかった件があって、保健センターに行きました。

特に自覚症状はないんですが、とりあえず医者に行かねばならないようです。

とはいえ、その時間もなかなか取りにくい状況ですね。


ポールの国技館公演のレポートがありましたねえ(産経新聞)。

あー、行きたかったですねえ。

まさかポール見たいから休講というわけにもいきませんし。


日本の教育に関する考え方はケチだという話がありました(BLOGOS)。

自分も同意します。

というか、シンガポールの教育を見たら、誰しもそう思いますよねえ。

まあ、あそこまで徹底してやれとは言いませんが、せめて半分くらい行くよう、見習って欲しいですわ。

11月11日(日)

広島から戻りました。

それにしても、暖冬なんでしょうか、とにかく暖かいです。


駅でバッタリ三浦先生たちにお会いしました。

タオの会の活動ですね。

残念ながら、こちらは少し作業したあとは、自宅に戻って家事やらねばなりません。

そのため不参加になりました。


荷物と土産などを置いて、少し作業するために直接研究室に来ています。

今日は、関西大は行政書士の試験の会場になっているんですね。

関大前の駅前が、やたら混雑していてビックリしました。


64歳の人がSNSで若い美人の写真貼ったら多くの男性が引っかかっているという話がありました(BLOGOS)。

面白い話ではないですか。

その人の内面は、充実しているのでしょうし。

違うところは、単にガワだけですよね。

ガワが違うか違わないかで、ほとんどの価値を決めてしまっているというほうが、実際には問題のような気もします。

ただ、大半の人はそうなんでしょうねえ。


人文社会系の論文評価に関する話がありました(読売教育ネットワーク)。

興味深い試みです。

いままで、特に人文系の研究者は、業績を公表することにむしろ消極的でしたからねえ。

変わっていくべきだと考えます。

11月10日(土)

広島に来ています。

こちらも昼は暑いくらいに感じますねえ。


朝、宿舎を出て、歩いていたら突然大形先生とお会いしました。

頼山陽の資料館の前ですね。

自分は正面を見ただけですが、大形先生は中も見られたようです。


道教学会の会場は、広島大学の東千田キャンパスになります。

広電ですぐですね。

朝から晩まで参加となります。

司会とかがないので、そのぶんはラクですが。


会長の丸山先生はじめ、多くの先生をお会いしました。

ただ、参加者はやや少なめでしたね。

『東方宗教』の編集は、やはり遅れているようです。

年度内に2冊出るとのことではありました。


法科大学院について記事がありました(毎日新聞)。

これもなんかムダな改革になりませんかね。政府が管理というのは、ややマシかもしれませんけど。

毎回言ってますけど、上位10校くらいを残して、そちらに資源を集中すべきですよ。

それこそ「選択と集中」をやればいいではないですか。


よくネットでも「選択と集中がケシカラン」という意見を見ますが。

問題はむしろ、選択と集中が、ちゃんとなされてないところにあると考えます。

11月9日(金)

午前中は雨でしたね。

午後は晴れましたが、生暖かいという天候です。


昨晩、ニュースを見ていたら、スケートのNHK杯が広島で行われるとありました。

今週末の広島の宿舎が逼迫しているのは、このためだったようですね。


今日は今日で、慌ただしいスケジュールでした。

午前中は作業、午後はまず関西大中文学会に参加です。

作業している時に河田先生が突然来られたのでビックリしました。

あまりお役に立てなかったですね。


その後、本部で会議。

そして夕方は、広島に移動してきました。


来るとき、千里山のバーガーキングに寄ったのですが。

あさって11日で閉店のようです。

マイッタですね。まあ、確かに平日は閑散としてました。

困ったことに、また選択肢が減りますね。


相変わらず新大阪は混んでましたが、新幹線にはすんなり乗れました。

広島では、広電を久しぶりに使いました。

ピタパが使用できるのが、ありがたいです。

街を縦横に路面電車が走っているのは、いいですよねえ。

明日は、朝から晩まで、道教学会に参加です。


ハイスキル人材が日本では難しいという話がありました(ハフポスト)。

そらそうですよ。

スキル上げたからって、給料がガンと上がるわけでもないでしょうに。

転職も限られてますし。

そもそも年功序列なんだから。

この風土を変えないとダメですね。

11月8日(木)

昨日、1時間半くらいの会だと思っていたら、意外にもっと長かったです。

そのため、少し帰宅が遅れました。


今日は雑務と授業だけです。

どうも疲れているのか、他の作業に入れません。

明日は夕方に広島に移動ですし、当面休みなしという形ですねえ。


アメリカの中間選挙の結果はねじれ議会となったとのこと(BLOGOS)。

トランプ師匠と民主党首脳が両方とも勝利宣言を出しているというのも、なんとも。

しかしトランプ師匠は、むしろ政策をカゲキなほうにもっていくんじゃないすかねえ。


2009年の政権交代についてのコラムがありました(現代ビジネス)。

「気分に流された政権交代はロクなもんじゃない」という意見のようですが。

自分は、たとえ気分であれ、愚劣であれ、一定の政権交代は必要だと考えます。

さもないと、ただ政権は腐るだけですからねえ。

落ち度があろうがなかろうが、定期的に交代させるくらいことにしないと、政治家は必死にならないですよ。

ですので、個人的には2009年の政権交代は大いに評価しています。

11月7日(水)

今日も暖かいですねえ。

暦では立冬らしいですけど。


今日は会議会議の日です。

夕方も、名刺交換会が梅田であるので、まる1日という感じです。


博論の直しがようやく終わったので、学生に送りました。

この期間、何も他のことができず、まだ事務処理がたくさん残っています。

4日の出張報告もまだ書いてませんからねえ。

当面、そちらの処理で、まだモノ書きには戻れませんねえ。


海外の寿司も悪くないのではという話がありました(BLOGOS)。

いいと思います。カリフォルニアロールとか。

うらまきというんですか。


だいたい、それいったら日本のラーメン・カレー・ナポリタンも邪道の極みですからねえ。

魔改造といってもいいくらい。

でも旨いからいいのでは。

要するに、旨いか不味いかで決めればいいでしょう。

そういえば、ボストンで食べたテリヤキ・ライスも、悪くなかったですよ。


海外移住した層が大変だという話がありました(BLOGOS)。

おカネがあるからって、海外に慣れているわけではないですからねえ。

シンガポールはかなり住みやすいと思いますけど、まずコトバからして厳しい面がありますしねえ。

ずっと暑いですし。

いくら相続税がないからって、フツーの日本人にはキツいでしょう。


自分だったら平気なんすけどねえ。

いや、それこそおカネないから行けませんけど、代われるものなら代わりたいです。

あちらでノンビリ過ごせるなら、願ったりかなったりですわ。