つぶやきノート042

5月20日(日)

今日も涼しいですね。

薄いジャケットでも、ないと寒く感じるほどです。


午前中はクリーニング店など、慌てて出てました。

午後は大学で、教育懇談会です。

夕方は懇親会、その後はまた打ち合わせなどあって、研究室に戻ってきたのがだいぶ遅くなりました。

おかげで作業はほとんど進まず。


ねじめ正一さんなどが書かれた『タイガーバームガーデン』という、新潮社で昔出ていた本を古本で買いました。

これ、結構香港のほうの写真が出ているので助かりますね。

なかなか分析も面白いです。


ただ、当時は『封神榜』も『八仙東遊記』も知られてませんでしたから、どうしても分析が古くさいものになりますね。

いまは、現在時点での分析が必要になっているのかもしれません。

作業が終わったら、シュミの紹介ページでも作ってみますかねえ。

むろん、シンガポールのほうに限られますが。


日銀の戦略は失敗だという話がありました(BLOGOS)。

失敗は失敗で、それを認めたあとあっさり方針転換すればいいと考えます。

今度は、どうすれば賃金が上がるかに政策は腐心すればそれで。

まず失敗を認めないから、泥沼に陥るんです。

手のひらは、どんどん返すべきですよ。

5月19日(土)

昨日は30度くらいあって暑かったのが、今日は20度くらいにまで下がってます。

寒暖差が激しいすねえ。

とはいえ、今日は過ごしやすく感じます。


昨日、メガネ店から連絡があったので、少し早く千里中央に戻って、受け取りました。

それからはずっと新しいメガネになっています。


いや、だいぶラクになりました。

遠くのボケがなくなりましたね。

ただ、近くがむしろ少し浮き上がって見える感じですが、これは仕方ないすねえ。

フレームも、東南アジアに行く前に使っていたセルフレームに戻りました。

こちらは前のよりやや重いですが、やはりフィット感があります。


それから自宅に戻ったら、ハラの調子が悪く、しばらくトイレから出られませんでした。

どうも、昨日昼に食べたものがよくなかったようで。


今日は少し江坂に出ていました。

もっとも、目的のものは買えませんでしたが。

しかし、今月の移動記録を見ると、ずっと大学と自宅を往復しているだけなんすよね。

申請書の関係で仕方ないと思いますが、これだけ移動の少ない月は珍しいです。


大学では相変わらず書類書きです。

しかし、事務と打ち合わせるたびに、むしろ特徴が減っていくような。

こんなもん、申請が通ってから細かいことは考えればいいと思うんですが、事務サイドは実行するときの問題を軽減したいんでしょうね。

とりあえず、この状態が続きます。

もっとも、明日は教育懇談会に出ています。


危機管理学部がある日大が危機管理できてないという話がありました(J-CAST)。

これは内部の問題でしょうねえ。

いや、大学って世間の常識が通用しないところなので。


大学の新入試にプログラミングだそうですが(日経新聞)。

導入自体はいいですけど、必修にするのはどうでしょうかねえ。

いろんな科目を勉強させると、中途半端に知識のある人ばかりを増やしそうな気がします。

5月18日(金)

今日も暑いですねえ。

ただ、明日の予報見てみると、かなり気温下がりそうで。


支援課からの指定で、今日はまず生協に行って現金でチケットを購入しました。

すっかり高額の支払いはカード払いになってますから、こんなに現金持ち歩くのは久しぶりです。

それから、その領収書を持って支援課に行ってました。


あとはまた、事務から呼び出しがあって予算の打ち合わせです。

申請書の作業は続いています。

こんな調子が、今月いっぱいは続きますね。


法科大学院のコース見直しの話がありましたが(毎日新聞)。

うーん、またこれも失敗しそうな気がします。

むしろ上位10校に絞って、それから予備試験はもっと少なくすれば。

まあ、それでも小手先の改革にしかならないんでしょうけど。


人手不足倒産はいいことだという話がありましたが(ダイヤモンド)。

自分も賛成で、賃金が払えないなら、どんどん潰れていいと考えます。

もっとも、高齢の労働者の再就職が難しいなど、いろいろ難点もあると思います。

そのあたり、もっと労働者保護に向かわないんすかねえ。

5月17日(木)

すっかり夏に近づいてきた感じです。

とはいえ、まだ研究室は冷房は入れてませんが。


授業授業の木曜日になってしまいました。

おかげで、作業が全然進まず、困りました。

珍しく、今日は4回生もそこそこゼミに来ましたし。

こういう日もありますね。


ここのところ、アタマがボケてるせいか、失敗も多いです。

昨晩、洗濯していたら、どうもボールペンを挿したままで洗濯機に放り込んでしまったようで。

インクが流れて、シャツをダメにしてしまいました。

少しお寺探しで歩き回るといいのかもしれませんけど、この状態はしばらく続きそうです。


支援課から、6月の航空チケットは現金で払って領収書をもらってきてくれという依頼がありました。

なんだか不可解ですが、従うしかないですねえ。

珍しく、現金がかなり必要になる形です。


学術振興会が人文系・社会学系のデータを集めるという話がありました(大学ジャーナル)。

いまさらの感はありますが、これは是非進めるべきだと考えます。


国立大の多くが無償化への条件に反対のようです(毎日新聞)。

言い分には理解できる面もありますが。

ただ、そんなに目くじら立てて反対するほどの条件とも思えないんすよね。

私大の状況を考えますと当たり前の話ですし。


いまの政策についての批判がありました(BLOGOS)。

要するにいまの与党は、企業は優遇するが個人は別にどうでもいいという立場ですからねえ。

不思議なのは、そういう方向でもみんな選挙で入れるというコトです。

むろん、民主的な方法で決めているので、仕方ないと考えます。


人口減について話がありましたが(BLOGOS)。

政府も、このままズルズルといくつもりなんすかねえ。

上の世代はみんな逃げ切りを狙っているのかもしれませんけど。

もっと状況が厳しくならないと、動き出さないんでしょうね。

5月16日(水)

今日も気温が上がりましたね。

ただ、まだ冷房を使うほどではないので、ラクな感じです。


大きな会議はありませんが、ひたすら打ち合わせと申請書の書き換えが続きます。

これも、アタマの状態で能率のいいときと悪いときがハッキリ分かれますねえ。


格差の解決には最低賃金を上げるべしという話がありました(東洋経済)。

これはいますぐにでもやるべき施策でしょう。

人手不足なのですから、可能だと思います。

それでやっていけない会社なら、仕方ないですよ。

守るべきは労働者であって、会社組織ではありません。

日本社会ではこれが逆だから、おかしくなるんです。


教育と仕事の関係についてコラムがありました(アゴラ)。

自分も、いまの教育と仕事の関係は、アンバランスだと考えます。

退屈な勉強を強いられることによって、逆に勉強の大事さがわからなくなっているという指摘はその通りでしょう。

いまの社会の、若い時期は学校教育のみをやらされるという状況は、かえって不健康なのではないでしょうか。

むろん、勉強が好きだという若者については別ですが、そんな人は若者のなかでも少数派だと思います。


だから、これからはむしろ、「どの年齢でも学び直せる」体制を整えるべきだと考えます。

ずっと勉強、ずっと仕事みたいに分けるのが「固定した古い考え」だと思います。

とはいえ、そんな風に社会の側が変わっていくのには、時間がかかるんでしょうねえ。

 5月15日(火)

今日は気温が上がって、暑くなりました。

どうもトシのせいか、疲労や寝不足がすぐに堪えるようになってます。


作業の合間に授業という本末転倒な状況は変わりません。

しばらくはこれが続きますねえ。


国際信州学院大学の話がありましたが(J-CAST)。

自分も、てっきり実在の大学かと思ってしまいました。

ちゃんとサイトまであるんですねえ。

ツイッターまで作ってあって、凝ってますねえ。

5月14日(月)

急にまた気温が上がりました。

もっとおだやかに変化して欲しいですねえ。


作業が主で、授業が従になってる状態ですねえ。

上の先生からは、いっそ休講にしたらといわれてますが、さすがにそれは難しいですね。

まったく、本末転倒な毎日です。


バブル対氷河期対ゆとりですか(J-CAST)。

「何々世代」とくくることはあまりスキではないのですが。

ただ、ある世代によって価値観が違うというのは、ある程度はいえそうではあります。


自分などは、バブル世代なんですが、しかし価値観にはややズレがあります。

当時は「会社辞めて大学院に行く」といったら、変人扱いされましたよねえ。

まあ実際、変人だったので構いませんけど。

5月13日(日)

今日は大雨ですねえ。

クリーニング店に行ってくるだけでずぶ濡れになりました。

作業があるので大学に来ていますが、その途中でもかなり厳しかったですね。

とはいえ、千里中央にいたときは大降りで、千里山に来たらそうでもなかったりしました。

時間と場所によって降り方が違う感じです。


作業また作業であるのは変わりません。

ただ、明日の授業の資料作成などもやってます。

コピー室のトナーが切れて入れ替えなどもやってましたが。


マハティール首相が高速鉄道の見直しを行うようです(産経新聞)。

これはまた思い切った見直しですね。

それにしても、92歳の首相ってスゴイですわ。

個人的には、作ったほうが便利だとは思います。


和歌山県で博士号があれば教員受験可能という話がありました(BLOGOS)。

これはいい話だと思います。

というか、公務員や教員は、どんどん修士以上を推奨すべきですよ。


メガバンクがATMを共通化という話がありました(アゴラ)。

いいんじゃないでしょうか。

たとえば北千里のATMのある一角、ゆうちょ・三菱・三井住友とATMがずらっと並んでいます。

以前はりそなもそこにありました。

なんかムダだと思うんすよね。数台共通のATMがあればそれで済むのではと思ってました。


評価を避けることはむしろ残酷だという話がありました(BLOGOS)。

日本社会の欠点は、評価を避けすぎることだと思います。

評価すると人間関係まで壊れるように考えている。

しかし、それとこれとは別なんすけどねえ。


パブリックエネミーが安易に決めつけられているという話がありました(BLOGOS)。

これはこれで、評価ができない一面でもあると思います。

要するに、イヤだからパブリックエネミーみたいに、安易に叩きすぎるんすよねえ。


ネトウヨを叩き、リベラルを叩き、オタクを叩く。

まあいいんですけど、叩くならもっと論理的に叩いて欲しい。

いいトシこいてゲームにハマっている自分など、まあ典型的な叩かれるオタクなのですが。


日本人のDNAはユダヤ人に近いとありましたが(産経新聞)。

これホントですかねえ。

形を変えた「日ユ同祖論」なんじゃないでしょうか。

それに、仮にそうだとしても、文化面では全然つながってませんからね。

あまり意味ないんじゃないでしょうか。

5月12日(土)

気温が上がってきましたが、朝方はまだ寒かったりしますね。

どうも、気候がよく読めない感じです。


いろいろ研究会があるのですが、すべて欠席となり、作業優先になっています。

ただ、連日の作業のためか、疲労が溜まってきているようなので、あまりムリしません。


クレジットカードの話がありました(東洋経済)。

確かに、海外だと小切手多いんすよね。

シンガポールでも、こんな時に小切手なのかと思ったことが何度もありました。


自分も、スーパーの支払いにワオンを使うようになってから、キャッシュレス化が進みましたね。

一部、クリーニング店とかはまだ現金しか使えませんが。

ただ、一番使うのは、学会費の振り込みかもしれません。


スマホの次に来るのは何かという話がありました(BLOGOS)。

スマホの売り上げが落ちているようですね。

技術的にもいろいろ伸びきった面があるんでしょうねえ。


日本郵便が法人向けの集荷を止めるという話ですが(サンケイBiz)。

これは結構困るところが出るのでは。

ただ、人手不足ですから仕方ないすよねえ。

5月11日(金)

今朝も寒かったですね。

しかし、昼くらいには急に温度が上がったように思えました。


今日は本来であれば京都大学の研究班があります。

ただ、明日の東京での会合に振り替えになってしまったので、不参加です。

明日は明日で、3つくらい会合あるんですが、いまの状態ではどれも出られません。


それで、午前中はメガネ店に行ってました。

どうも、度が進んだのではなく、老化に伴う現象のようです。

少し矯正を行うメガネを作ってもらうことになりました。

やはり、加齢につれてますます身体はイカレてくるんですねえ。

フレームは以前のものに戻す形です。


昼からは大学に来て作業です。

予算がやり直しになったことなど、いくつか前提が崩れたので書き直しです。

同時にこそこそ出張書類などもやってますが。

今月いっぱいは、ひたすら書類書き直しと打ち合わせが続く感じですね。


自民党の部会が国立大の再編を言い出したようです(時事通信)。

いやいや、国立大は人気なんですから、別に縮小せんでも大丈夫でしょうに。

もっとも、予算をずっと減らしているのは、そういう方向に向かわせようとしているんでしょうねえ。


そういう方向に向かうことに関しては、文句は言いたいと思います。

ただ、一方で何もせずに予算が増えるのを待っているだけでは、無策極まると考えます。

何かしらの予算を取ってくる、改革を行って合理化する。

教員の側だって、それなりに動くべきですよ。


グーグル検索の話がありました(BLOGOS)。

これはこれで面白いですねえ。

まあ、それにプライベートでの興味は大したことないのかもしれませんし。

これをもって、「人の性は悪なり」とも断じませんけど。


快感とは何かという問題もありました(東洋経済)。

自分など、芸術から得る快感も、エロから得る快感も、大して変わらんと思ってますが。

しかし、なかなかこの話も興味深いです。


日本経済はアジアから学ぶべきだという話がありました(BLOGOS)。

いやホントに。

いまのニッポンは、もうシンガポールやマレーシアから学ぶべきですよ。

全部が全部ではないでしょうけど。

イノベーションに関しては、完全にアジア各国のほうが上手くやってますし。

もっとも、その前にもっとアジアのことを勉強すべきです。

5月10日(木)

出る時、寒いくらいなんで驚きました。

来週は30度くらいになるようですねえ。

いや、さすがに寒暖差が大きすぎると思います。


ゼミも学生が来たので、一応対応してました。

大学院ゼミも普通です。

おかげで、作業のほうが進まず。


昨日、事務から指摘を受けて、予算を組み直しているのですが。

これがまたパズルのような感じです。

むしろ他大学の工夫を見てみたくなりますねえ。


マレーシアではマハティール氏の野党が勝利したようで(J-CAST)。

実にダイナミックな動きで驚いています。

まあ、現首相評判悪かったですからねえ。


アメリカ外交はかなり活発ですねえ(J-CAST)。

トランプ氏が結果を出していることは確かだと思います。

とはいえ、イラン核合意を離脱するなど、ダメだと思うところもありますが。

どうにもこうにも、こういう人なんでしょうねえ。

まあ、選挙で選ばれた人ですし、諦めるしかない形ですね。

5月9日(水)

晴れましたが、気温が低いですね。

涼しくて助かりますけど。


会議会議の水曜日です。

さらに打ち合わせも入りました。

申請書の作業は継続しています。

時間がないのは相変わらずです。


人口減少について記事がありました(東洋経済)。

やはり、ちゃんと移民政策を作って実行すべきだと思うんですけどね。

あるいは、もっと資源を集中させるとか。

このままではジリ貧ですよ。


日本スゴイというのが問題だとありました(ニューズウィーク)。

いやだから、アメリカ人でも中国人でも、スゴイ人はスゴイので、ダメな人はダメです。

日本人だって、スゴイ人もいればダメな人もあるわけで。

いい習慣もあればダメな習慣もあります。

相対的なもんに過ぎませんからねえ。


あと、日本スゴイという人に限って、日本の文化を全然理解してないのも問題です。

洋服着て、洋食食べて、パソコン毎日使って。

それで神社も見たことなく、日本文学の作品も全然読まないのでは、どこが日本文化かともいいたくなります。

5月8日(火)

曇りのち雨です。

気温も低いままですね。


どうも、作業と打ち合わせの合間に授業やっている感じです。

他の先生からは「いっそ休講したら」とも言われてますが、まだそこまでは追い込まれていないと思います。

それにしても、大学の上のほうとも調整が結構必要になってきてますねえ。


どうも、乱視がまた進んだのか、目の左右の焦点が合わなくなってきてます。

メガネ店に行かないとダメですかねえ。

とはいえ、なかなか時間取れません。


いまアジア・オープンリサーチセンターのデータを実験中です。

もっとも、忙しくてなかなか試せないんですけど。

『申報』『東方雑誌』『古籍庫』『方志庫』『全四庫』などが検索できる、なかなかのシステムです。

関西大の内部でしか使えないのが残念なんですが。

ただ、センターに来てくだされば、研究者であれば誰でも使えるように制度を整えている最中です。


『覇穹封神演義』15話見ました。

いや、今回は優れた回であったかと。

やはり、十絶陣は面白いんですって。

いっそ、前も後も全部カットで、十絶陣だけを細かくやってくれるほうが見応えがあるのかもしれません。


マカオが大変なことになっているようで(ダイヤモンド)。

もともと聖ポール天主堂のあたりも、それほど広くないですからねえ。

そこにたくさんの観光客が訪れれば、そうなるであろうというのは予測できます。


日銀もいろいろ表現を変えているそうで(J-CAST)。

別にいいんですが、これまでの施策が効果ないってことを認めてから進んで欲しいですねえ。

「やってみたけどダメだった」でいいと思うんです。

どうして、こう無謬性みたいのにこだわるのか。

5月7日(月)

今日はずっと雨ですねえ。

また気温も下がりました。


作業は継続中です。

ただ、授業と打ち合わせで、やはり時間ない感じです。


汲古から校正が届いたんですが。

いま論文があったかと思い返していたら、これ何年も前の原稿です。

完全に忘却しておりました。

これだけ間が空いてしまうと、かえって直すところが少ないかも。


立教大の書店の件が話題になっています(アゴラ)。

安価に労働力を使い捨てるのは、いまやムリなのではないでしょうか。

もっとも、これも業界によるのでしょうけど。

人手不足というのは、いろんな問題があぶり出されてきて、かえっていいことだと思ったりもします。


職場ウツの話がありました(東洋経済)。

どうも、ここしばらく同じ作業ばかりずっとやっていたせいか、自分も少しウツ状態です。

いや、何をやるにも億劫というか。

歩くといいんですか。

やはり一定期間に、寺廟探索をやるべきですねえ。

 5月6日(日)

今日は暑く感じます。

天気は、晴れから曇りですね。


午前中は家事を優先させてました。

また、窓枠の修理を頼んで、その受け取りなどがありました。

午後は大学に来ています。


ずっと同じような作業を繰り返して、5日目になりますが、どうもアタマが働きませんねえ。

というか、なんか頭痛がしてきました。さすがに詰め込みすぎかも。

まあ、主要な部分はだいたい書き上がったのですが。

正直、ずっと書き続けていると、実は能率が下がる感じです。


研究をせず、申請書ばかり書いているのは本末転倒。

自分もそう思います。

科研費取得に必死になるのも、そういう面はありますね。


興味深いのは、科研費を取得しようがしまいが、別に大学での評価は変わらないという点。

給料は上がることもないですし、下がることもありません。

さらに個人研究費も変わらず。

だから、科研費の申請をしない人も多いですね。


いや、そもそも研究論文を書いても書かなくても評価変わりませんし。

これマジでそうです。

だから論文も研究書も出さず、面倒な科研の申請もしないのが、一番たぶん賢明な道のような気もします。

ましてや、大学院のための申請書を時間かけて書いているなどというのは、愚の骨頂となります。

もっとも、自分の場合はアホらしいのは重々承知のうえでやってますけど。


評価欲しくて研究やってるわけではありませんしね。

科研費も、極端な話、取れても取れなくても構いません。

取れれば、海外の調査がラクになるのは確かですが。

なんというか様々な申請書も、生活の一環としてやっている感じです。


以前は、もう少し熱意を持ってやっていた感はあります。

いまはもう、なんだか淡々と書いてますね。


不倫を許さないのはおかしいという話がありました(BLOGOS)。

むかしの歌謡曲なんて、不倫やら浮気やらに満ちあふれてましたよねえ。

それが前提というくらいに。

しかし、いまは許されないんでしょうねえ。


地位を利用したりするのはイカンとは思います。

ただ、プライベートな立場であったら構わないと考えるのですが。

問題は、たとえば前の財務次官などは、プライベートな場だと思い込んでいたことで。

あの場合は職務とプライベートとの区別はついてなかったんでしょうねえ。


政治家や官僚はやはりある程度身を律せねばならんのでしょう。

彼らは公人なのですから。やや高い道徳意識が要求される。

でも、芸能人や一般人を責めるのは、やり過ぎなのではないかと考えます。


対米従属が国体と化しているという話がありました(東洋経済)。

まあ、東アジアの民は、むかしから事大主義の傾向は強かったと思います。

それが近代になると、欧米のパワーが強くなって、さらに面従腹背的になった。


だいたい、日本が独自路線を歩んでも、ロクなもんじゃなかったりしますからねえ。

とはいえ、トランプ氏みたいのが大統領になると、少々逆らってみたい気もしますけど。

やはり面従腹背でしょうか。

5月5日(土)

今日は気温が上がりましたが、まだ快適ですね。

それにしても、毎日同じような作業ばかりで、曜日感覚が狂ってきます。


この申請書の時間を論文のほうに回していたら、1本くらいは書けてたんだと思いますが。

まあ、仕方ないすねえ。

もっとも、論文書いたとしても、どうせロクなもんじゃないと考えますので、こちらのほうが生産的かも。

とはいえ、不採択になればまた全部ムダな作業となるわけですが。


Windowsを起動したら、またキーボードが動かなくて驚きました。

いや、いま動かないのはホントに困りますからねえ。

一応、戻ったので助かりましたが。

どうも、この間のアップデートで一部不具合があるみたいですね。


休眠預金活用ですか(産経新聞)。

これは悪くない方法だと思いますよ。

素直に評価したいと考えますね。


革靴はツライという話がありました(BLOGOS)。

確かに、別にビジネスで革靴である必要ありませんよねえ。

シンガポールだって、スーツにスニーカーって人はよく見ましたよ。


いま履いているのは、革靴でなくて、フェイクのいかにもビニールみたいな靴です。

しかし、こちらのほうが雨が降っても全然染みないのでラクですね。手入れも簡単。

値段はホンモノの革靴の半分以下ですけど。

5月4日(金)

気温がかなり低く感じますね。

もっとも、過ごしやすいです。


相変わらず申請書の作業です。

午後は吾妻先生、藤田先生と書類の件で打ち合わせしてました。

なかなか進まないのは変わりません。

それにしても、作業ばかりだと時間が経つのが遅く感じられますね。


座りっぱなしなのもなんなので、今日は授業資料の印刷もやってます。

大学院のほうがかなり厚くなったので、数千枚になりましたね。

休日なので、コピー機占有できましたが。


オジサンのエアポート写真にイラ立つ人が多いそうです(BLOGOS)。

いや、イラ立つなら見なければいいでしょうに。

とはいえ、オジサンの側も意味不明で、エアポートにいるのを自慢したい心理なんすかねえ。


自分は空港では写真撮りませんねえ。だいたい慌ただしく移動しているからでしょうか。

タイガーバーム・ガーデンにいるのだったら自慢したいかもしれませんが。


人口減加速が進んでいますか(読売新聞)。

都市に人口が集中する流れはもう止められないと思います。

仮に移民が入ったとしても、その移民は都市部か周辺に住むでしょうし。

そういう流れを見込んで政策を進めるしかないでしょう。


科研費について批判する向きがあるようで(産経新聞)。

いやいや、それこそ科研費を審査する側が、政治に忖度してはダメでしょうに。

科研費の選考ですが、研究者を選んで、書面審査、グループ審査を経て時間をかけてやってますよ。

自分は、審査もグループの討議も、さんざん実際に現場で見ていますが。

政治的な意図が入る余地はほとんどないですね。

審査があまりに偏るようであれば、その審査員は変更させられます。


それに、科研費は研究費なので、研究者が勝手に使えるものでもありません。

集団で申請しているので、ひとりあたりの金額はそんなに多くありませんし。

5月3日(木)

世間的には今日から連休の後半のようですが。

絶賛、作業にハマり中です。

ただ、学内は閑散としていて、電話などもないので、集中はできますね。

とはいえ、面倒な書類なので進みません。予算をまた組み替えています。


昨晩のうちに雨も上がった感じです。

涼しいですが、やや風が強いですかね。


憲法記念日ですが。

しかし改憲となると、なぜみな9条の話ばかりになるんでしょうかねえ。

そこはまずそのままにしておいて、他の時代に合わないところから変えていくべきだと考えますけど。


ホテルや旅館の業績が好調のようで(J-CAST)。

いいことだと思いますよ。

この間まで、大変だ不況だと言われていたわけですからねえ。


いまの資本主義の問題について記事がありました(東洋経済)。

指摘の通りで、「そのものの価値」よりも、「交換される価値」のほうに重きを置きすぎていますよねえ。

インターネットの発達で、より商品の交換価値が大きくなってしまったので、余計かもしれません。

5月2日(水)

午後から雨ですね。

気温はやや低くなりました。


今日も授業日ですが、自分は非番なので作業優先させてます。

まあ、ここしばらくはずっとこんな調子となります。

しかし、なかなか進まずに悪戦苦闘中。


Windows10の更新をしたら、ものすごく長くかかってビックリしました。

大型アップデートだったんすねえ。

ただ、デスクトップのほうはまだラクでした。ノートが時間かかりましたね。


ギブソンついに破産ですか(BLOGOS)。

これで楽器事業に注力するのであれば、それはむしろありがたいことなのでは。

中古のギブソンがいくら高くても、本社が儲かるわけではないですしねえ。

ヤマハあたり、買収とかどうなんでしょうね。

フェンダーも赤字なんすか。


極論を目にすることが多くなったとありました(BLOGOS)。

いや、以前から多かったのが、ネットのおかげでよく見るようになったというだけでは。

いいんじゃないすかねえ、極論、暴論、笑論となんでもござれ。

それに振り回されなければ。


また中庸な意見って、むしろあちこちから叩かれる感じがありますしねえ。

いまの内閣だって、評価すべきところと、非難すべきところと、それぞれあると思います。

しかし、それこそ全否定かやたら肯定するか、どちらかしか見ないような気がします。

トランプ氏に対してもそうでしょう。

実事求是でいいと思うんですが。

5月1日(火)

作業はまだまだあるんですが、授業日なのでいつもの火曜のスケジュールとなります。

結構、来るときは電車も混んでましたね。

カレンダー通りの出勤の人も多いようで。


ただ、授業が合間に入ると、どうも作業が途切れ途切れになり、進みません。

まあ、それでも慌てたりはしませんけど。


日銀はインフレ目標をハズしてきたようですね(東洋経済)。

別に構いませんが、「やってみたけどダメだった」というのを、もう少し前面に出してもいいんじゃないでしょうか。

そういう政策の転換をもっと容認したほうがいいと思いますよ。


法科大学院についてコラムがありました(BLOGOS)。

これも「やってみてダメ」だったんだから、さっさと政策を変えるべきです。

成績上位の10校くらいを残して、あとはお取り潰しにでもなんでもしたらいい。

「作りすぎたのがダメ」なのだから、少なくする。それで問題ないはずです。

4月30日(月)

今日からはひたすら作業を優先させる日程となります。

もっとも、明日は通常授業ですので、あまり集中できないのですが。


とにかくずっと書類書きになっています。

なかなか進みませんねえ。

とはいえ、明日までには少し形にしていないとマズイ状況です。


人気なのにアルバイトが集まらなくて閉店という店があるようです(東洋経済)。

人手不足というのもこういう影響があるんですねえ。

ただ、いままで日本は賃金上がらなさすぎですよ。

それがデフレの原因にもなっているんでしょうから、もっと潰れても構わんとも思います。


働き方改革についての話がありました(BLOGOS)。

違反にはどんどん罰則が執行できるような制度にすべきですよねえ。

日本社会は、ヘンなところでケチりすぎて失敗しているような気がします。

公務員の給与も、もっと高くていいですよ。

4月29日(日)

やたら早く目が覚めたので、そのまますぐに東京駅に出て、大阪に戻りました。

いや、朝のほうがまだ空いていると思ったので。


とはいえ、ゴールデンウィークだけあって、東京駅も大阪駅も混雑してました。

もっとも、指定席はフツーに取れましたね。


日曜なので、戻ってからは家事に追われてました。

作業もあるのですが、今日はどうもアタマが働きません。


ギブソンの話がありましたが(BLOGOS)。

音楽の売られ方自体が変わってますからねえ。

指摘されているように、「ギタリスト」というものも重要ではなくなってきていますし。

4月28日(土)

引き続き東京におります。

都心のほう、道路がガラガラですねえ。


しかし午前中はひたすら作業。

ここ数週間は、とにかく忙しい感じです。


午後は専修大学で、道教文化研究会で発表です。

相変わらず、写真の紹介だけで中身がありません。

最近、東南アジアの報告をあちこちで繰り返している感じですね。

先月の関西大学の研究会と同じで、ラトガース大の劉迅先生と一緒に発表となりました。

夜も懇親会があり、そちらに参加です。


私大の経営について記事がありました(J-CAST)。

これもずっと言われていることですよねえ。

これだけ少子化になってきているわけですから、影響があるのは当然だと考えます。


中年の心理についてのコラムがありました(BLOGOS)。

どうなんでしょう。

むしろ中年だという自覚がなくて、それでやらかすんじゃないすかねえ。

若者も、中年もそのあたりあまり違いがないのでは。


歴史的な南北会談だったということですが(東洋経済)。

これ、まだ評価は難しいと思います。

金大中時代も、そこそこ緊張緩和はあったわけですからねえ。

もう少し、時間が経ってみないとなんとも。

4月27日(金)

おととい東京に来たばかりなのに、また出てきています。

もちろん、おとといの文科省に行く用務が、むしろ突発的だったわけですが。

明日来てもよかったのですけど、ゴールデンウィーク初日は怪しいので、前日に来ました。


とはいえ、結局移動してきたのは夕方です。

新幹線のなかでも、ひたすら作業やってましたし。

明日は専修大学で発表です。

前回大阪に来られた劉迅先生と、また一緒に出ることになります。


スキャンダルに国会が振り回されるのはよくないという意見がありました(JBプレス)。

その通りですが、選挙民の多くが政策ではなく、スキャンダルにばかり反応するなら、それは仕方ないのでは。

ある意味、民主制のどうにもならない部分なのかとも思います。


アベノミクスで日本の8割は貧しくなるという話がありました(東洋経済)。

だからむしろ、選挙民はこちらに反応してほしいわけですが。

結局、政策での判断になどならないんすよねえ。

4月26日(木)

今日も涼しくて助かります。

これくらいの気温のほうがいいですね。


授業授業の木曜日ですが、昨日の件で呼び出しがあったり。

バタバタしているのは変わりません。


中国・インド中心の経済に世界は戻っているんだという話がありました(ダイヤモンド)。

そこまでとは考えないですけど、アジアがこれからも経済的に重要なのは確かだと思います。

だから、もっと東南アジアなどの理解に力を入れるべきでしょう。


シンガポールに待機児童がいないという話がありました(東洋経済)。

いやもう、日本の都市部の政策は、どんどんシンガポールを見習うべきだと思いますよ。

全国的にはムリとしても。

4月25日(水)

大阪は雨が止んでいましたが、東京に出たら降ってました。

今日は日帰りで東京の文部科学省に出張となりました。


新しい大学院プログラムについての説明会となります。

虎ノ門のあたり、だいぶ変わってますねえ。

疲れているためか、どうもあまり集中できませんでした。

ただ、かなり勘違いしていたところもあったので、出席してよかったですね。


今日は乗る電車が、ことごとく混んでいた感じです。

行きの御堂筋線、新幹線、銀座線。

特に銀座線が、虎ノ門から新橋がずいぶん混んでましたねえ。


ところが大阪に戻ってきたら、気温がだいぶ低いのでビックリしました。

もっとも、また今週末は東京に出ます。

道教文化研究会で発表のためです。


大阪は市営バスも民営化したんですねえ(東洋経済)。

まあ、自分はめったに乗らないんですけど。

しかし、あまり経営の手を縛らないほうがいいと思いますが。

4月24日(火)

今日はずっと雨ですね。

ただ、気温はほどほどで、助かります。


久々に「分刻みのスケジュール」の日となっています。

授業は2コマなのですが、その間に打ち合わせ、会議が4つ。

さらに、慌てて明日の新幹線のキップを受け取ったり、とにかくバタバタして終わりな日です。

まあ、こういう日は月に2回くらいありますね。

明日は東京日帰りですし、どうにも忙しい週です。


『封神演義』で、高明・高覚が封神されたと言いながら、封神表に載ってない問題。

これも確かに不可解なんすよね。

実は、順風耳と千里眼の二人は、『武王伐紂』の時点から登場しているので、メンバーとしては古参です。

ただ、この両名は死なないで軒轅廟に戻っているんすよね。

このあたりで、不整合が生じたんでしょうか。


延命治療の話がありましたが(BLOGOS)。

うーん、あまりにムリに治療を続けるのは、やはり意味がないと考えます。

もっと自然に任せたほうがベターでは。


民進と希望の新しい党の話が出ていましたね(毎日新聞)。

さすがに国民党は止めたみたいで。

いや、台湾の事情を知っている人間からすると、民進党から国民党って、もはやお笑いの領域に見えます。

もっとも、略称は国民党になるみたいですけど。

4月23日(月)

暑くなりましたが、まだまだ快適な感じです。

しかし、もう少しおだやかに季節が変わってくれないもんすかねえ。


昨日の豊中の選挙結果が出ています(豊中報道2)。

それにしても、投票率もあまり高くないですねえ。

投票所も、自分が行った時はガラガラでしたし。


授業メインの月曜ですが、書類作成に追われているのは変わらず。

とりあえず、科研の報告をひとつアップ。

あと、大学院メンバーに書いていただく書類を優先して作成してました。

まだまだ作業は続きます。


『覇穹封神演義』14話見ました。

今回はマトモだったかも。

道行天尊がいい味を出していますね。


九龍島の四聖の元ネタについては、あまり論じたものがなさそうな感じですねえ。

自分も、北極四聖なのか、四大天丁なのか、決めかねるところはありますが、考えてみたい気はします。


国公立や私立の大学連携が言われているみたいですが(大学ジャーナル)。

悪くない案だと思いますが、実際に実行に移すところなんてあるんですかねえ。

どうも、現状がどんどん悪くなるのに、みな黙ってガマンという大学が多いように思えます。

どうしてこう、ひたすら守りの姿勢ばかりなんですかねえ。

4月22日(日)

暑くなりましたね。

もっとも、まだ近畿は20度台です。

関東はもっと暑いようで。


午前中は家事、午後は大学といういつものスケジュールです。

しかし、いまとにかく作業が多く、時間が足りない感じすね。

とにかく、今日は科研の報告書のほうを優先してました。

これも、とにかく打ち込みに時間かかります。


豊中市長選があったので、大学に来る途中で投票してました。

しかし、ホントに選択に困る投票となりました。

そもそも、自民・公明と立憲などが相乗りしているのが問題です。

まあ、棄権はしませんでしたけど。


久々に新千里西町の周囲を歩きましたが、やはり坂が多いですよね。

これは、もっとトシを取ってくると大変に思うかも。


モノレールに乗ったら、万博公園でまたイベントが行われているようで、そこそこ混雑してました。

臨時便を増発してましたけど。

まだゴールデンウィーク前なんすけどねえ。


日本でキャッシュレスを推進する動きがあるようです(アゴラ)。

とにかく、いまいろんな電子マネーが乱立している状況はなんとかしてほしいですねえ。


日米首脳会談についてコラムがありましたが(ニューズウィーク)。

いや、そんな先のことなんて、トランプ氏も安倍首相も考えてないでしょう。

北も、いまの実験場が使えなくなったので、言い出しただけでしょうし。

しばらくすれば、また状況が変わるのではないかと考えてます。