つぶやきノート041

4月21日(土)

結構睡眠時間を取っているにもかかわらず、まだ疲れが抜けない形です。

どうも、疲労が蓄積している感じですね。


もう夏という雰囲気ですねえ。

駅ではまだコート着た人も見ますよね。


来週の水曜日は、やはり文科省に日帰りで出なければならない様子。

まあ、行きますが。

そして木曜日に授業を行い、金曜日にはまた東京に出る形です。

来週の土曜には専修大で発表せねばなりません。


そして、新プログラムの書類もボチボチ書き始めました。

しかし、しょっぱなから難儀してます。

ゴールデンウィークは、ほぼ書類書きで潰れる予定です。


台湾から国際シンポジウムのお誘いがありましたけど、少し考え中。

むかし論文書いたことはあるんですけど、その後の新しい展開が全然ないんですよね。

現状では書けそうにありません。


ニュータウンの衰退についてコラムがありました(BLOGOS)。

いままさに千里ニュータウンに住んでいる身ですので、あまり他人事じゃないですね。

ただ、千里ニュータウンは、再開発に成功して人口も増えているようですので、むしろ例外かもしれません。

いずれ、他のニュータウンがもっと深刻な社会問題になるであろうという話には同意します。

4月20日(金)

気温がだいぶ上がりました。

明日はもっと暑くなるようで。


今日は研究会のハシゴとなりました。

京都大学人文研の安岡班が始まったので、まず顔を出してました。

午前中はずっとそちらです。

久しぶりにウィッテルンさんや山崎さんに会いました。


戻るとき、四条大橋を渡って阪急河原町に出ました。

ただ、今日はいつもに比べて歩きやすかったです。

桜の季節が終わって、そしてゴールデンウィーク前で、その間にあたるんすかねえ。

それにしても、外国人観光客が多いことは変わりませんが。


関西大に戻って、KUオルカスの研究会に参加となりました。

ただ、突然ケータイに電話がかかってきまして、来週の文科省への出張の件でいろいろ動くことに。

その対応に手間取って、こちらの研究会への参加が遅れました。

慌ただしい日です。


錦市場も混雑しているんですねえ(ダイヤモンド)。

最近、あまり通ってませんですけど。

もともと狭い通りですからねえ。

賛否両論になるのは仕方ないと思います。


日本社会は正常な状態ではないという話がありました(東洋経済)。

この人の分析が、一番的を射ていると思うんすけどね。

ただ、その提言が行われることはないんじゃないでしょうか。

4月19日(木)

急に暑くなりましたね。

週の前半は冬なのに後半は夏。

いいですけど、どうせならもっとおだやかに変化して欲しいですね。


授業3つなんですが、4回生のゼミはほとんどまだ学生は来ないすね。

しばらくは仕方ない感じです。

大学院のほうは、人数が減ったぶん、集中して行うことにしています。


インフレのアメリカよりもデフレの日本のほうがマシという話がありました(東洋経済)。

まあ、インフレ目標って要する負債の軽減を狙ってるんでしょうし。


シリコンバレーで日本企業が成果を出せない話がありました(JBプレス)。

いま日本社会に必要なのは、グローバル人材ではなく、グローバルに合わせた制度のほうだと思います。

たぶん、これも何年も経ってからダメぶりを認識するようになるんでしょうけど。


セクハラ事件は二転三転してましてドロドロの展開のようです(アゴラ)。

そもそも、こんな次官のところに女性記者を派遣するのが問題な気もします。

ただ、こういう人は世間では結構多いんすよね。


テレビ朝日が報道しないから、週刊新潮に持って行ったというのも驚きです。

まだ様相が見えてきませんが、昭和のオジサン的な社会を崩していく必要があるというのは賛同します。

とはいえ、あたしらの世代はそれが当たり前の環境で来てしまっているんすよねえ。

そういう自覚のない人は、上の役には就けないような仕組みでも作るしかないかもしれません。

4月18日(水)

今日は少し気温が上がりましたか。

こういうおだやかな天気が続いてくれるとラクなんですけど。


今日は午前中はオフィスアワーでしたが、珍しく依頼などがありませんでした。

まあ、推薦状書きも一段落しましたしね。

それから、午後は台湾の清華大学から若手の蔡さんが東西件の研究員として来られたので、いろいろ案内してました。

デスクは、センターの自分の机を使っていただくことに。

あと夕方は学長室を訪問することとなりました。

学長から、一応許可はいただきましたが、これからが難儀です。


アニメ『銀河英雄伝説』も少しずつ見てます。

いや、質が高いと思います。『覇穹封神演義』も見習って欲しい。

ラオ少佐が大活躍なのでビックリしてたり。

エルラッハ提督のシーンがありませんでしたね。生き延びたんでしょうか。


日本の輸出額のトップは中国だということで(日経新聞)。

そらそうでしょう。商売というのはまた別。

政府は政府、民間は民間、分けて考えるべきですよ。


麻生大臣の発言に批判が集まっているようですが(読売新聞)。

やはり一般の景気動向なんてわからないようですねえ。

どうも、政治家も世襲によって、かなり貴族化しているんじゃないすかね。

貴族院という名称がなくなっても、実質はそのように機能しているのでは。

4月17日(火)

なんだかまだ寒いくらいの日々ですよねえ。

週末からは暑くなるようですが。

もっとおだやかに変わってほしいんですけど。

授業と雑用でなにもできないのは、月曜と同じです。


千里山の駅を通ると、駅前にバスが停車しているのを見るようになりました。

どうも、千里山・佐井寺の道路が完成して、そこをバスが走るようになったようです。

以前の道だと、とてもバスは通れませんからねえ。

あまり自分は通りませんが、佐井寺方面に抜けるのは面倒だったですからねえ。

とはいえ、1時間に1本のバスみたいですが。


『封神演義の基礎知識』(パルコ出版)を購入したので、見ています。

イラストがキレイですね。

女仙たちも、ずいぶんかわいらしくなってますが。

基本的に記述もしっかりしていますし、入門書として、とてもいいです。

もっとも、まだ4巻が出る前ですから、封神表については少しとまどったかもしれませんね。

人名の読みもほぼ正確ですが、「楊任」が「ようにん」になってしまってるのだけは、直してほしいかも。


まあ、読みは面倒なんすよねえ。

「豹」も、漢音は「ぼう」なんすけど、でもそうなると、「申公豹」も「しんこうぼう」になってしまうわけで。

「黄飛豹」「黄飛彪」も、当初は「ぼう」「ひょう」としていたんですが、ゲラの段階で慣用音の「ひょう」「ひゅう」に改めました。


米山知事が辞任とかでモメてますねえ(毎日新聞)。

この人の記事は、こちらでもよく参照してました。

もっとも、舛添氏もそうですが、批判がマトモでも、実行するとなると難しいところがあるんでしょうね。


金利ゼロでも富裕層などは困っていないという話がありました(ダイヤモンド)。

別に資本主義の限界でもなく、儲けてる連中はそれでもやれているということなんでしょうねえ。

そして、二極化はますます進むと。

4月16日(月)

月曜火曜は授業が多く、だいたい何もできませんね。

前期は、まだそれでも授業数が少ないのですけど。

とはいえ、合間も雑用に追われています。


今日は授業のあと、教団さんが来られまして、いろいろ情報交換してました。

ただ、興味深いことに、調べれば調べるほど、ナゾが増えていくという状況です。

今週は、水曜日に台湾から若手研究者が来まして、千客万来という感じです。


アルコールの害について話がありました(東洋経済)。

いまや自分も、アルコール類飲んでからの復活が、ずいぶん遅くなりました。

年齢的にも、身体に合わなくなっている感じですね。


銀行が就職先から敬遠されるという話がありました(BLOGOS)。

かつては銀行といえば、安定職だったんですけどねえ。

東南アジアの銀行などを見ていると、フィンテックを武器に、むしろ利ざやを伸ばしている印象がありましたが。

どうも日本の銀行はそうならないようですねえ。


公務員の給料が高いというのはウソという話がありました(BLOGOS)。

指摘の通りで、日本の公務員の給与は安いと思います。

どうも、日本社会は、ケチるところとそうでないところを勘違いしているような感じがあります。

4月15日(日)

昨晩はかなり荒れ模様の天候だったようですが、朝には止んでましたね。

ただ、意外に気温が低いです。

どうも、この寒暖差に身体が慣れていない感じですね。


午前中家事、午後大学はいつもの通り。

ただ、資料調べなど、静かでないとできない作業は、むしろ日曜優先になってますね。


auウォレットをよく使っているのですが。

どうも、いまチャージできないみたいで、ちょっとビックリしました。

実はクレジットカードを換えたのですが、電話代の支払いは可能なのに、ウォレットのチャージはできない様子。

同じ会社のカードなのに。なんか不思議です。

まあ、使っている店は少ないので、こちらは今後はあまり使用しないようにします。


森和也さんの『神道・儒教・仏教』 (ちくま新書) を拝読しました。

実に勉強になりました。

スバラシイ本で、一瞬教材に使おうかと思ったのですが、いまの自分の担当の授業では、どこも使えませんねえ。

まあ、大学院生には紹介します。


アニメ『覇穹封神演義』13話見たのですが。

さすがに、今回は意味不明の箇所が多すぎますねえ。

ここしばらく、マトモな感じだったので、安心してたらこれですからね。

悪いけど、藤崎版を改変するなら、それはそれである程度はわかった人がやらないと。

どんどん辻褄が合わなくなる感じです。


押し買いの報道を見て驚き(千葉日報)。

かつて、「押し売り」というコトバはよく見ました。

確かそれは法律で禁止されたんですよね。

しかし、「押し買い」というのがあるとは知りませんでした。

いろんな手段を考えつくもんですねえ。


戦前の人体実験の疑いのある博士号について疑問が出されたようです(産経新聞)。

これは事実を調べることはやるべきだと考えます。

ただ、博士号を剥奪せよという主張には、いささかやり過ぎではないかと思います。

過去のことを調べて、それが非人道的であるとか、悪逆であるとか非難するのは構いません。

しかし、現在の基準で過去を断罪するのは、それはムリだと考えます。

当時は当時の考え方で見なければなりません。


大阪都構想について安倍首相が不支持で松井知事が不満のようです(産経新聞)。

うーん、実際にいま大阪で都構想が支持されている状況には見えないんすよね。

自分などは、都構想に限らず、改革はどんどん推し進めるべきだと考えますが、しかしそれでも現在の都構想は通らないと考えます。

もっと都構想のメリットが見えなければ、賛成は増えないのではないでしょうか。

まあそれにしても、与党の反改革の姿勢は透けて見えてますね。


日本の人口減について話がありました(サンケイBiz)。

いまの政治の役割は、この人口減を避けられないものと覚悟し、その衝撃をなるべく緩和させていくことだと考えます。

とはいえ、そういう方向にはならないんでしょうねえ。


加計学園問題の何が問題なのかについて話がありました(東洋経済)。

正直、籠池問題については、籠池氏というエセ保守にダマされたという面が強いと考えます。

しかし、加計学園問題は、「公平性」が問題になると考えます。

加計学園も、京産大も、同じ土俵で勝負させなければ、まったく意味がないでしょう。

その公平性が疑われるような事態になれば、それは責任が発生すると考えます。


むろん、ここのところの不祥事は、官僚が主体になって行ったものです。

たとえば、もし与党と野党が入れ替わっていたとしても、同じことは起こったでしょう。

だから、野党がカサにきて非難している様子を見ると、あまり感心できないところがあります。

大事なのは、いままで何が起こったかではなく、これから起こらないようにシステムを変えることなのに。


アベノミクスはまったく支持してません。

ただ、一度はやってみる必要があったと思います。

どこに問題があるか、それが明らかになるからです。

都構想もそうです。一度はやってみないと、どこがダメかもわからないでしょうに。


この一度はやってみるというのが、どうもサヨクの人には支持されません。

とにかく問題点をあげつらって、それで終わってしまいます。

サヨクの人たちは、改革反対派なんですね。

そしてウヨクの人たちは、ひたすら伝統回帰ばかりで、これも実は改革反対です。

まあ、小手先の改革はやりたがりますが。

右も左も、みんな改革反対という、非常に面白い状況になっているのが、いまの日本社会の問題なんじゃないかと思います。

4月14日(土)

今度はツツジがキレイな季節になってきました。

学内のあちこちで咲いてます。

午後から雨になりましたねえ。


この3日間、ずっと行事で、また昨晩も帰宅が遅く、今日も疲れてグッタリしてます。

ただ、来週の授業資料を全然作成してなくて、いま印刷とかやってます。

まあ、土曜日のほうがコピー室も混んでいなくて助かるんですが。


豊中市長選があるようで、案内が来てましたね。

慌てて、誰が立候補しているのか確認している形です。

棄権はしませんが、どうも熱意を感じません。

これでは、若者の政治離れを批判できない状況ですね。


人手不足倒産が増えていますか(J-CAST)。

ある程度の賃金が出せない企業は、別に倒産しても構わないと思いますよ。

そうしないと、給与が上がっていかないでしょう。

4月13日(金)

今日も続けて大学院の構想発表会参加です。

やはり疲労がたまってきますねえ。


今日は司会担当で、前のほうにおります。

ただ、長丁場ですので、パソコン持ち込んで作業しながらとなっています。

もっとも、院生のテーマ自体を聞くのは、非常に勉強になるんですが。


イベントで配布した封神リストが公開されたようです(勉誠出版)。

この表の作成は、ほとんど中塚さんに負ってます。

正直、ナゾが多い表です。

見れば見るほどギモンがわいてきます。

武曲星だったはずの「黄景元」って誰なのか・・・・。

かなり重視されているハズですよねえ。

もともとは、この人物が黄飛虎的な役割だったのか。


人材の雇用についてコラムがありました(アゴラ)。

そらみんなで個性のない教育をし、個性のない就活となれば、同じようなのっぺらぼうになりますわな。

要するに、企業が欲しているのは「新兵」ですからね。

あるいは「丁稚」なんでしょう。

むしろ、無個性でないと困るわけで。


何百回でも言いますが、教育を機能させたいなら、卒業を難しくするしかありません。

それなら、「卒業できた人材」は、一応のお墨付きがあるわけです。

誰も彼も卒業させてしまうから、金太郎飴になるわけで。


あちこち混雑がヒドイようですよねえ(ダイヤモンド)。

京都駅前なんて、もういつ行ってもムダに思えますからねえ。

清水寺も、なかの写真撮りたいところあるんすけどね。

ちょっと見に行くのを躊躇してしまいます。

4月12日(木)

昨晩はやや荒れ気味の天候でしたね。

今日は晴れです。


昨晩はかなり帰宅が遅くなりました。

それで、今日は朝から大学院の論文構想発表会がありまして、参加してます。

寝不足が響いて、フラフラしてます。


ただ、授業があったり、また発注していたイスが届いたりして、出たり入ったりになりました。

細かい業務もあって、なんだかせわしないですね。

明日も発表会になります。


やっとまともなイスが入ってホッとしてます。

以前のものより軽い感じで、座り心地も悪くありません。


東南アジアのリゾート地で閉鎖の動きがあるようです(ニューズウィーク)。

あまりにもたくさんの観光客が押し寄せて、インフラが追いついてないんすねえ。

リゾートといっても都市でなく村落が中心であれば、大変になるでしょうねえ。

バリ島などもいま環境が悪化していると聞いています。


日本人の働き方が時代遅れという話がありました(東洋経済)。

指摘の通りで、もっと多様な働き方を認めるべきでしょう。

いろんな民族の人がいるのが当たり前という職場にどんどん移るのがいいでしょうに。

4月11日(水)

曇り、時々雨という感じす。

ただ、気温は高めですね。


会議会議の水曜日です。なんか猛烈に忙しい。

朝はブランディング関連で面接がありましたし。

夜も新しい先生方の歓迎会があります。

合間に、慌てて院生の推薦書も書いたり。

夕方になって、院生発表会の原稿を直せと依頼が来たり。

いや、さすがに明日発表の原稿をいま送ってこられてもねえ。

可能な限り直しましたが。


『封神演義』の東南アジア廟の影響に関する文章が出ました(関西大リポジトリ)。

エッセイ的に書いたもので、この間の書店イベントと共通するところがあります。

ざっと書いた文章なので、論文ではなく、研究ノートとなります。

ただ、カラー写真で載せてくれるのはありがたいですね。

これ、玉皇殿のなかの写真が撮れなかったのが残念なんですよねえ。

4月10日(火)

なんか忙しいですね。

いろいろ雑務があり、その合間に授業をやっている感じです。

院生の文章の手直しや、推薦書などもチラホラ。


構わないんすけど、どうも雑用が並行すると、集中力が切れるんすよねえ。

こうなると、モノ書きはホントに週末などしかできなくなります。


カネ持ちは悪かという話がありました(アゴラ)。

まあ、どこの宗教規範でも、カネでは心の安定は買えないと強調しますよね。

日本も、もう少し堂々とカネの話をすべきだと思いますけど。

特に就活とか、もっと給料の話をすべきでしょう。


JR東労組から大量の脱退だそうです(東洋経済)。

どこの労組も、いまや既得権擁護側になってますからねえ。

そもそも、認識が時代に合ってない気がします。


訪日外国人様々というコラムがありました(BLOGOS)。

その通りで、旅行者がおカネを落としてくれるなら、そら万々歳でしょうに。

もっと受け入れを広げるべきでしょう。

カジノなどもどんどん整えるべきです。

4月9日(月)

やや気温が戻ってきてますか。

ただ、まだコート姿の人結構見ます。


今日はフツーに授業ですが、まだ抑え気味です。

登録者も、まだ固定してませんしねえ。


いろいろ雑用が増えている感じです。

そのなかで、改革のアイデアなども考えなければならず、ますます時間のない状態です。


佐藤信弥さんの 『中国古代史研究の最前線』 (星海社新書)読みました。

いや、大変わかりやすい本で、これはオススメですよね。

それにしても、先秦研究の状況は、自分が学生の頃と様変わりしてますよねえ。


日本は子育ての一番難しい国になったという話がありました(現代ビジネス)。

確かに、そう指摘されるとその通りかもしれません。

マレーシアでも、インドネシアでも、みんな楽しそうでしたもんねえ。


シンガポールですと、苦労しているように見えたのは、雇われているベビーシッターの人たちでした。

ただ、あれはまた仕事ですしねえ。

あのような共稼ぎで自宅のことは雇っているシッターに任せるという対応が、なぜ日本ではできないのか。

もっといろいろ可能性を考えるべきでしょう。さもないと、少子化ますます進みますよ。

4月8日(日)

気温は下がったままですね。

ただ、これくらいならまだ過ごしやすいです。

しかし、身体が追いついてないですよねえ。


疲れているのか、朝起きられなかったり。

まあ、一応休日ですし、午前中はゆっくり家事に当ててました。


午後は大学に来てますが、雑用と、それから公募書類確認したりしています。

前の報告から、かなり変更されているところありますねえ。

どうも期間も、10年から7年に短縮されたみたいですね。

いまの組織と、新プログラムとの兼ね合わせに工夫が必要に思えます。

Q&Aが恐ろしく多いすね。ただこれ全部確認しないと。


昨晩、『封神』のアニメを見て、ようやく放映に追いついた形です。

いまの十天君と十二仙の激突は、結構面白いと思うんですけどねえ。

原作でも、正直、四聖、魔家四将、それから十絶陣が一番盛り上がるところだと思いますし。

しかし、画面には出ないと思っていた土公孫と蝉玉が出てました。

蝉玉が孫天君のところの人形で出た状態は、なかったことにされてしまうんでしょうか。

あと、飛刀が突然出てきて、これも見ている人は意味不明では。

まあ別にいいですが、これだったら、雷震子も出して欲しい。

梅山七怪も、一応やられ役で出てましたねえ。でもホントに少しだけ。


マレーシアから日本を観光する人が増えているそうです(東洋経済)。

いまマレーシア、経済上向きで、旅行する人もガンガン増えてますしね。

しかも、エアアジアがあるから、安くどこでも行けますし。

マレーシアの空港に行った時、とにかくエアアジアのエリアばかり大人気だったので驚いたことも。


堺でギョーザの消費量が多いとか(読売新聞)。

あちこちでギョーザ食べている自分ですが、堺では食べたことありませんねえ。

堺に何か特別にギョーザありましたっけ。


リベラルとサヨクは分けろという話がありました(BLOGOS)。

舛添さんの批評って、至極ごもっともだと思うんですが。

批判するのと、実行するのはやはり違いますからねえ。

だからといって、建設的な批判を受け入れないのは、為政者としては問題なんでしょうけど。

4月7日(土)

気温がガクっと下がりましたね。

また、時おり天候が崩れます。

いや、これは体調を崩す人が多いのもわかります。

春バテとか呼ばれているようですが。


今年は葉桜になってしまうのが早く、各地でかなり困っているようですね。

「桜まつり」と銘打って、全然桜がないのでは確かにサマになりません。

思ったより深刻みたいですが、自然が相手ですし、これは諦めるしかないのでは。


自分も、始まったばかりなのにもうバテ気味です。

これも、季節と同じで慣れてくるのを待つしかない形ですね。

今日はモノ書き中心にしています。

締め切りが、ひとつ勘違いしていたのがあって、それはまだ先なので助かりました。


それと、研究室のイスが壊れているのが地味にこたえます。

いや、前後調整ができないぶん、座っても前かがみにります。

これが長時間続くのは、思ったよりキツいすね。

もっとも、発注したイスが届くのは来週の木曜日以降だそうです。

しばらくは仕方ないですねえ。


それで、ウカツだったのですが、今日学振のサイトを見てビックリしました。

卓越大学院の公募が出ています(学術振興会)。

予想より早かったです。

これ、出せるかどうかも含めて検討ですが、かなり面倒な書類なのは確かです。

まあ、それでも慌てたりはしませんけど。


日本は単純労働者歓迎で高度人材は不要の社会だそうです(ニューズウィーク)。

指摘の通りだと思います。

ただ、シンガポールでも単純労働はだいたい外国人労働者が担っていますよね。

要するに、単純労働も、高度人材もちゃんと受け入れるという施策が必要になっていると思います。

そちらの制度の不備が問題ですよねえ。


トランプ氏は貿易戦争を本気でやるつもりなんでしょうか(アゴラ)。

いや、何も考えてないんでしょうねえ。

取引も、するときはする、しないときはしないでしょう。

予想したり、不安がったりするのはムダなような気がします。


なんというか、歴史上の暴君という人を見ている感じです。

暗君というのとも、庸君というのとも違うというか。

それにしても、こういう暴君みたいな人が上に立つのを防ぐのが、民主制のいいところじゃなかったんですかね。

むろん、こういう人物を就けたのは間違いだと、人々が悟るというのも、また民主制なのかもしれませんけど。


民主制はよくて、それが機能しないのは人々のせいだという話もありますが。

いや、それだったら社会主義だってそうですからね。

機能しないなら、機能させるように、もっと改良を考えるべきだと思います。

いまの民主制が完全だと主張するのは、かえって思考停止でしょう。

4月6日(金)

今日は雨です。

また、時々かなり強く風が吹きますね。


午前中は私用で自宅で待機することになりました。

遅くなったので、千里中央で食事してから大学に来てます。


今日はとにかく、書類書類。

科研の書類やら、院生の推薦状やら。

そしてこういう忙しい時に限って、イスが壊れたりします。


座ったらバキっと音がして、どうもボルトが数本折れた感じです。

まだ座れるんですが、調整が効かなくなってますね。

完全に壊れてくるのも時間の問題なので、発注することにしました。

備品処理となるかと思ったんですが、消耗品扱いなんですね。

この確認に少し時間がかかってしまいました。


支援課に書類を提出する時、生協にも行って発注してきました。

面倒なので、そこに見本で置いてあるイスにしました。


ギブソンの経営について話がありました(東洋経済)。

どうも、経営方針問題ありですねえ。

あれだけのブランドなのに。

だいたい自動チューニングの話を聞いた時も、「誰得?」と思ったことはありました。


弁護士は負け組かという話がありました(読売新聞)。

以前は弁護士さまさまという感じで、それだけで名士みたいなもんでしたよねえ。

まあ、法科大学院改革が失敗ばかりとも思えないのですが。


どうして日本の企業は、大学院卒を雇わないんでしょうねえ。

グローバルに比してもヘンですし、実は中国や韓国とも似ていません。

ヨーロッパはもとより、東南アジア諸国であっても、政治のトップ、高級官僚、それに会社の幹部は、ほぼすべて院卒ですよ。


たぶん、日本の特殊な雇用慣行によるものでしょうね。

ここが変わらずに、教育の場だけを変えてもダメだと思いますが。

4月5日(木)

気温がかなり下がりました。

ただ、これくらいがむしろ過ごしやすいのでは。


授業開始となりました。

ただ、まだまだエンジンがかかりませんねえ。

だいたい、4年生のゼミですが、就活のためか出席者がほとんどありませんでした。

大学院のほうは全員来ましたけど。


合間に出張書類なども書いているんですが、これまた形式変わってますねえ。

まあ、以前は電車の発着時間まで書いていたんですが、これはなくなりました。

また発表資料のほうは、だいたい作成が終わりました。


トランプ氏の現状について話がありました(ニューズウィーク)。

確かに、今後時間をかけて進むハズだった「アメリカ離れ」を、一気に進めましたよね。

そういう意味では、歴史を進展させるスバラシイ人物なのかもしれません。

自分はお笑い番組の延長として見てますが。


データによる世代断絶の話がありました(BLOGOS)。

ある世代から技術に対応するのが難しくなるのは仕方ないでしょう。

ただ、日本の場合はそれが年功序列に絡むからおかしくなるのであって。

4月4日(水)

桜はすっかり葉桜になってしまってますね。

まだ気温は高めです。


今日はガイダンスなどがない日なので、モノ書きに重点を置いてました。

いや、このまま放っておくと、原稿がいくつか集中しそうなので。

片づけられるものから、進めてました。


関西大が違法残業で勧告されたようです(読売新聞)。

小中高の教員のようですが、これは確かにマズイと思います。

こちら大学のほうは裁量労働なので、該当しませんね。


もっとも、関西大は他に比べてノルマが厳しい、仕事がキツいという面はあると思います。

このあたりは是正してくれると助かるんですが。


消費税増税について話がありました(ニューズウィーク)。

こうなったら、給料も消費税に伴ってアップさせろという通告でも出したらどうですかね。

そうしないと、給料が減り続けるだけでしょう。

国家社会主義的ですが、それくらいやらないと上がらないのでは。

4月3日(火)

週末は気温が下がるなんて言われてますねえ。

ただ今日は気温高めです。

ちらほら半袖の人も見るくらいです。


今日も午後には専修のガイダンスなどの行事がありました。

一応、出ていました。

意外に参加者が多くてビックリです。


いろいろ、科研の採択の話が流れてきてますね。

知り合いで、新規採択された人が結構多いので、ありがたいことだと思ってます。

自分は今年は継続だけなんですけど。


ここしばらく、モノ書きも進まない状態だったんですが。

どうも冒頭部分があまりよくない感じで、思い切って全部削除して書き直すことにしました。

まだまだ作業は続きますねえ。


先週に行った封神イベントの写真が出ていましたねえ(勉誠出版)。

マズイ顔をさらして申し訳ありません。

八重洲ブックセンターさんに感謝です。


ダウがかなり下げたようですね(サンケイBiz)。

どうも、中国政府もアメリカ政府も、不安材料が多すぎる形ですが。

日本も、当然影響受けてしまうんでしょうねえ。


定期的な人事異動についてコラムがありました(ITメディア)。

いや、そらもちろん生産性を落としているでしょう。

いい加減、この労働慣行止めたほうがいいんじゃないかと思うんですけど。

変わらないんでしょうねえ。

4月2日(月)

気温がかなり上がって、暑さすら感じます。

もう少し、おだやかに変わってくれるほうがありがたいすねえ。


今日は大学院の入学式です。

それに伴ってのガイダンスがありました。

新学期が始まりますと、やはり雑用が増えますねえ。


大学構内は、サークル活動の勧誘で賑やかです。

活気があっていいですね。

桜は、だいぶ散ってきていますが、まだまだ見頃ですね。


国立大学の交付金について記事がありました(大学ジャーナル)。

悪いことではないと考えます。

ただ、予算の上下だけでは中身は変わらないのではないですか。


人口減についてはテクノロジーで対処という話がありました(東洋経済)。

いいとは思いますが、これも地域によるのでは。

テクノロジーが発展して解決できる地区と、そもそも用意することがムリという地区に分かれるのではないですかね。

都会が今後も有利な状況は変わらないと思います。

4月1日(日)

千里ニュータウン、今日も花見に来る人が多い感じですね。

まあ、多くの人は万博記念公園に行くんでしょうけど。


関西大では今日が入学式です。

桜が間に合ってよかったですねえ。


もっとも、今日は自分は出番はありません。

なもんで、午前中は家事優先してました。


来るときに、ウグイスが鳴いているのが聞こえましたねえ。

いや、都会でウグイスを聞くと、むしろ放送かと疑ってしまうのですが。

今日は本物だったと思います。


春ですから、桜にウグイス。

絵になる光景ですねえ。

梅にウグイスだと、まるで花札の絵柄になってしまいますが。

それにしても、警戒心の強い鳥みたいで、あまり姿は見えませんよね。


午後は大学で作業です。

別の作業もやっていて、一応四海龍王のコーナーも復活させました。

ずっと書きかけでしたが。

次は、ハウパーヴィラの紹介でも書きましょうかねえ。


そういえば、香港タイガーバームガーデンの映像、YouTubeにそれなりにあるんすねえ。

結構面白がって見てます。

もっとも、ハウパーヴィラとはかなり展示が違うのもわかってきました。


日曜ですが、科研の採用の通知は始まっているようですね。

まあ、自分は今年は継続なので、当たる当たらないは関係ない形です。


江戸時代の江戸は独身だらけという話がありました(東洋経済)。

離婚社会でもあったわけですしねえ。

伝統といえば、そういう伝統もあったわけですしね。


日本の家電がデジタル時代に失速した理由とありました(BLOGOS)。

人材という点では、日本もまだまだ充実していると考えますよ。

問題は、指摘されている通り上のほうなんでしょうねえ。


問題は、ダメな経営者が淘汰されない仕組みにあるのかもしれません。

ついでに政治家もそうですが。

どうも、日本の上のほうって世襲化が進んで、封建時代に戻っているんじゃないすかねえ。

閣僚なんか見てても、旧華族さまのような政治貴族ばかりでしょう。

こういう層ばかり選挙に出て通るような仕組み自体、改善すべきなのかもしれません。

経営者については、評価をキチンと行うことだと考えます。

まあ、変わらないでしょうけどね。

3月31日(土)

千里ニュータウンは桜が満開ですね。

花見に来ている人も多いみたいです。

大学構内でも、花見をしている家族連れなどを目にします。


自分は研究室にいても花見みたいなもんですが。

ただ、今日も作業がメインです。

なんか雑用も多いですねえ。


昨晩、自宅パソコンの調整で、ブルーレイを映し出すのにえらく時間がかかってしまいました。

ソフトが自動に立ち上がるもんだと思ってましたが、意外に設定が面倒で。

ただ、その後は順調です。


今回、自宅マシンはM.2とSSDのみという形に改造してしまいました。

いったん修理に出したもんで、もうかなり破れかぶれです。

とはいえ、自分もこういうHDD全くなしの構成は初めてですね。

いや、動作がものすごく速いです。

大学の研究室のマシンと比べても、全然違います。

もっとも、研究室のマシンは速さはまったく必要ありませんけど。


人口予測がかなり厳しい状況のようです(東京新聞)。

この全体的な傾向は、もう止められない感じですね。

正直、発展する地域に集中投資したほうがいいですよ。

東京都内ですら、減るところと増えるところとあるんでしょうし。


日本の会社の給料が低いという話がありました(BLOGOS)。

これは実際、シンガポールやマレーシアでも見てきました。

日本に観光に来るのは、彼らからすれば「日本は安い」なんすよねえ。


たとえば、日本政府も「消費税を上げるから給料も同じくらい上げよ」と命じてみたらどうでしょう。

いっそ法令で取り締まるとか。

それをやらないから、消費税が上がると景気が冷え込むことになってしまうわけで。


道徳自警団が問題という話がありました(東洋経済)。

政治家が素行で批判されるのは、それはまあ公人だから仕方ないというところはあります。

ただ、芸能人が不倫とかで叩かれるのは、どうも見当違いですよねえ。

3月30日(金)

少し気温が下がりましたか。

しかし、これくらいでいいですよね。

いきなり夏みたいのがむしろ困ります。


桜はこちらではまだまだ散ってません。

あさっての入学式は、まだまだ見頃だと思います。

入学式は、自分は出番はありませんでした。まあ、大学に来ているとは思いますが。


ここ数日、連続で新大阪通ってますが。

今日も少し寄りました。

まずQBハウスで散髪。

開店直前で、誰も並んでませんでしたね。

自分が入ったあと、どんどんお客さんが来ましたが。


新大阪駅の西側、新しいやよい軒ができたんですねえ。

東口のほうはよく行くんですが、やや遠かったです。

こちらは御堂筋線側にありますので、便利です。

2月から開店したようです。ビジネスホテルの1階なんですね。


あとは大学で作業です。

3月中にやるはずだった作業が、まだ終わってません。


昨日、まる1日調整していたためか、自宅マシンはだいたい動くようになってきました。

もっとも、おっかなびっくり調整してます。


私大の経営についての記事がありました(読売新聞)。

いやだから、少子化に進むってのに、どうしてまたこれだけ作ったんでしょうか。

ある程度は自然の勢いに任せるべきだと思います。


いつまでオタクが続けられるかという話がありました(BLOGOS)。

これは指摘されているように、独身のほうがオタクを続けられやすいでしょうねえ。

別にオトナにならなくたっていいじゃないですか。


それに、ある程度のトシになったら、ライトオタクで別に構わんと思うんすよねえ。

それこそ、若い頃より余裕があるんでしょうから、悠然と進めたら。

3月29日(木)

朝早くに新幹線に乗って、大阪に戻ってきました。

朝方は、それほど混雑していませんでしたね。

それでも自由席は満席だったようですが。


自宅に戻り、修理されたマシンを受け取りました。

報告を見ると、どうもCPUが不良だったようです。

ただ、いまどき珍しいパターンですよねえ。


それからは、とにかく調整調整です。

こちらのマシンは、ダウンロードせねばならないものが多く、時間かかります。

しかも、全部やり直しの作業なのがアタマ痛いです。


とはいえ、マシンの中身は少しいじりました。

これがまた時間かかってます。

当面は、こちらが忙しい形ですね。


アップルは予想通り新しいiPadですか(サンケイBiz)。

自分はiPadユーザーですが、当面はあまり関係なさそうな感じすねえ。

ただ、廉価なiPadが提供されるのは、いいことだと思います。


ジョンウン氏が突然訪中を行ったようですね(BLOGOS)。

これには驚きました。

北朝鮮、外交をどんどん展開しているではないですか。


ただ、基本的に先代と同じ引き延ばし戦略なんだと思います。

あわよくば、半島非核化と称して、自国の戦力優位を狙っているんでしょう。

とはいえ、ただ反対を言い続けるのも芸がない話です。

むしろ、それだからこそ、表面上はニコニコして会うべきでしょう。

「戦国策」の世界ですよねえ。

3月28日(水)

今日は東京に出張です。

八重洲ブックセンターで『全訳封神』の販促イベントがありました。

思ったより多くの人にお越しいただけました。

また、サイン会になるのは承知してましたが、まさか、4冊全部にサインという方がいたのは想像してませんでしたね。


今日移動なので、新幹線がちと気がかりでしたが、今日は通常運行で、問題ありませんでした。

もっとも、非常に混んでいる時期です。

だから1泊して、八重洲でそのまま泊まります。

そのため終了後は少し懇親会を行ってました。


東京駅は、外国人観光客が多いですねえ。

もっとも、昨日の銀閣寺付近もそうでした。


八重洲口付近の桜がもう散り始めているのでビックリです。

大阪は、まださほどでもないんですが。

こういう時は、関東のほうが早いんすよね。


それにしても、急に夏になった感じです。

台風3号も近づいているそうですし。

もう少し春らしさが続いてくれるほうがありがたいんですけどねえ。


それで、修理パソコンを返送するとの知らせも来ました。

こうなると、明日はなるべく早くに戻って、調整に入らないとダメですね。

とはいえ、3月中に済んでよかったです。

この1週間、いろいろ懸案が解決したのは助かりますね。


デフレとか停滞とかを疑えという話がありました(ダイヤモンド)。

なるほど、一理あります。

ただ、日本社会のサービス過剰、それに賃金の低さは、やはり問題なんじゃないすかねえ。

それから、イノベーションを生み出しにくい構造とか。