つぶやきノート017

*不定期更新です。また、基本的にヨタ話です。

2月6日(月)

今日も暑いですねえ。

雷は鳴ってますが、雨が降りません。


いつもの日程に戻ってます。

作業のほか、いろいろ他の仕事も入りつつある形です。

シンガポール国立大へも、また行く事になりそうです。


トランプ氏に反論はムダという話がありました(東洋経済)。

そうだと思います。

だから首脳会談でも、ひたすら阿諛迎合に努めるべきです。

それで、あとでトランプ氏への反発が大きくなったら、あっさり手のひらを返して、非難すればいいでしょう。


完全雇用に近いのに賃金が上がらないとありました(東洋経済)。

年功序列と終身雇用のせいではないかと主張してますが。

しかしいまはこの両者もだいぶ崩れてきているはずです。

雇用の二重構造というほうが説得力を感じますね。


秀才でもダメという話がありましたが(BLOGOS)。

こんなもん、会社に勤めた事がある人ならよく見てるでしょう。

学歴と、処理能力は全然比例しません。


特に、いまの受験勉強ときたら、暗記能力重視ですからねえ。

これは頭の良さとも実は関連が薄いと思います。

むろん、受験で測るとと、平均的には少し上がるでしょうけど。


生まれつきの向き不向きもあります。

だから、もっと能力と職業選択の関係を考えるべきだと思うんですけどねえ。

2月5日(日)

今日は晴れて、暑くなっています。

ちと調査にはキツい日差しです。


昨日とほぼ同じ地域の調査に出ました。

ただ、ゲイラン地区に該当すると思います。

駅でいえば、パヤレバー駅とユーノス駅の間くらいになります。


サークル線に乗ってパヤレバー駅に出ました。

駅前は人でいっぱいです。普段からここは乗換駅で混んでますけどねえ。


まず芽籠聯合廟(Geylang United Temple)へ。

玄天上帝を主神とする廟です。

記事によると、この廟は3廟が合同したのですが、1981年に火災に遭って消失してしまいます。

いまの廟は1984年に再建されたようです。


脇に、大伯公と、それに鉄元帥がいるので驚きました。

あと、廟の前のほうに別個に華光大帝がありました。

しかしこの華光、例によって犬を連れています。

そして、三叉の矛を持ってまして、どうも二郎神の像にしか見えませんでした。

このあたりの混同については、もっと調べる必要があるかも。


それから東側に向かいました。

巨大なマーケットがありまして、覗いてみました。

こちらが有名なゲイランセライマーケットなんですね。


ものすごい人出で、ごった返しています。

また、客のほとんどがムスリム系です。

やはりこの地区は、ムスリムの人々が来る所なんですねえ。

これだけムスリムの人たちだけが集中しているのは、初めて見たかもしれません。

アラブロードはなんだかんだで観光街ですし。こちらはマーケットで、家族連れが多いです。

当たり前ですが、ハラルの食堂や、マレー系の食品ばかりです。


それからチャンギロードを東に。

雲仙宮(Hoon Sian Keng Temple)に出ました。

こちらは仏教系の廟です。準堤観音が中心でした。

ただ、手前に玉皇大帝の大きな祭壇を設けてましたね。


さらに東に出て仙宮堂(Sian Keng Tong)へ。

伝統的な福建系の建物です。

ただ、創建は新しいらしく1965年。

主神は保生大帝です。

脇に、太乙仙姑と尊主明王がありました。珍しいパターンですね。


そこから少し南に出て、重興祖廟(Tioh Hin Cho Temple)へ。

こちらは法主公が主神となる廟です。

こちらも60年代に建てられたものです。


暑い中歩きまして、疲れましたので、東西線に乗ってブーンレイへ。

大学で、写真データの移し替えやってます。

この2日間は、かなり写真撮りましたね。


神戸市が人口減っているとありました(サンケイBiz)。

やや意外な感あります。

むしろ人気高いのではと考えますが。

阪神地区でも、むしろ近くの自治体に移ってしまうんですねえ。


トランプ氏とクーリッジ大統領が似ているのではという指摘がありました(東洋経済)。

もっとも、クーリッジ氏の任期中は好景気だったわけですよね。

あとからでないと、その結果が分からないのは困りますねえ。


個人的に、むしろ突発事態が起きるなら、トランプ氏の任期中に起こってくれないかと考えています。

恐らく、事を荒立てる方向に持っていくでしょうから。

かなりヒドイ事態に陥らないと、理解されないかもしれません。

とはいえ、小競り合いで勝ってしまって、かえって人気が高まるなんて事もありそうですが。

2月4日(土)

今日はいつもの調査に戻ってます。

天気は、午前中は晴れてましたが、夕方はまた雷雨となりましたね。


ただ、寝不足は続いてまして、今日もまだ少し体調がイマイチです。

宿舎の周囲が騒がしいのも相変わらずですし。

慢性寝不足といった形ですね。


今日はチャンギ方面に出ました。

駅としては、ユーノス駅あたりになります。


まず天霊総道堂(Thian Ling Chong Toh Tong)を見ました。

こちらは真空教の廟なんですねえ。知りませんでした。


それから樟宜鳳山寺(Hong San Si)へ。

こちらは実に見応えのある廟でした。


鳳山寺とあれば、それは広沢尊王の廟です。

クラークキーのほうの古廟が有名です。

ただ、こちらの廟も20世紀初頭から存在しているとのこと。

いまの廟は1987年の建築ですね。


主神は当たり前ですが広沢尊王です。

その子ら十三太保も祀ります。

さらに、媽祖・玉皇大帝・観音なども祭祀されています。


ただ、どうも像と額が一致しない感がありました。

廟の上部には、玄天上帝・斉天大聖とありましたが、どうもそれらしい像はなく。

玉皇の前に十王、そしてその前に中壇元帥と七爺・八爺。

いささか理解に苦しむ組み合わせです。


上の階にも、三清といいながら太上老君しかなかったり。

媽祖と註生娘娘とありながら、趙公明がいたり。

どうも、このあたりに違和感があります。

廟自体は大きいですし、見応えもあるんですが・・・・・。


あと近くの普照禅寺(Pu Zhao Chan Si Temple)も少し覗きました。

その後、ユーノスの駅の前に出たら、大きなテント作って、玉皇大帝の祭りやってます。

これ全然知りませんでした。

とりあえず写真撮ってましたが。

この付近、大きなモスクもあって、ムスリムの人もよく通ります。

むろん、異教の神である玉皇大帝はみんな無視している感じです。


あとは東西線に乗って、大学に来てます。

いろいろ依頼があったりするので、メールで対応してました。

それから作業です。こちらもなかなか終わりません。


シャープが持ち直しつつあるようで(東洋経済)。

いまの日本ですが、現場はまだマトモなところが多いですよね。

何がダメかというと、古い価値観のままの経営陣なんじゃないでしょうか。


ならばいっそ、経営陣をどんどん外国人にしていくのが、いまは正しい方策かもしれません。

ゴーン社長みたいなもんで。

東芝にしろ、電通にしろ、そういうしがらみのない人をトップに持ってきたらどうでしょう。

明治時代、お雇い外人って結構いたでしょう。

グローバル化に対応するためには、組織が対応するより、グローバルのお手本になる人を持ってくるほうが早いと思いますよ。


もっとも、これ言うと「ならば大学もグローバルに対応したセンセのほうがいいよね」と言われてしまうでしょうけど。

あたしみたいなロートル人間はイランという事になりかねません。

ヤバいので前言撤回。

手のひらはいくらでも返すのが自分の特色です。

人生柔軟にねえ。


まあ、そこまではムリとしても、少なくとも論文書かないセンセはクビにしていいと思います。

これもかなり自爆気味ですが・・・。

若い頃は、研究者も論文書かないと就職できないから、みんな書くんですよね。

ところが、専任になってしまうと、もう不要だから書かない。

書いても書かなくても給料変わらないし。

むしろウカツな事書いて、非難されるほうがワリに合わない。

日本って減点主義ですからね。かくして、つまり書かないほうが都合よくなります。


あとは、年齢が高くなると、新しい論文ネタの開拓が大変というのもありますね。

その点、若い頃からやってる同じネタの改善版みたいなモノ書いたほうがラクです。


しかしそれも、学問世界のグローバルに比してヘンです。

論文書かないセンセは、淘汰されますよ。

ついでに、勉強しない学生も淘汰されます。

要するに、日本の大学がグローバル化するためには、論文書かないセンセの淘汰、勉強しない学生の淘汰。

この2つで十分なんですよね。


まあ、絶対にやらないに決まってますけど。

ロートル教員も安泰ですわ。

2月3日(金)

今日は変則スケジュールになります。

午前中はいつもの通り塾で授業。

それから食事して、宿舎に戻って洗濯でした。


相変わらず半分くらいの洗濯機が使えなくて、やや難儀しました。

どうも使い方がアバウトな人が多いすよねえ。

まあ、仕方ないですけど。


そのため、今日は宿舎で作業です。

しかしやはり能率が悪いですね。


毎年この時期は入試などで多忙なのですが、今年は非番ですので、その点はラクです。

確定申告も今年は不要ですし。

とはいえ、作業はかなりありますので、いまもやってます。


高等教育の無償化について記事がありました(東洋経済)。

基本的に賛成ですが。

ただ、高等教育側の問題を放置しておいて、単に無償化するだけでは意味ないでしょうね。


メキシコとアメリカの壁は2年で作るんだそうです(サンケイBiz)。

いーんじゃないすか。どんどんやってください。

しかしトランプ氏、仕事の実行については大いに評価されていいと思いますね。

公約通りに進めていますし。大したもんですよ。

むろん、結果が伴うかどうかはともかくですが。

2月2日(木)

昨晩、スタービスタのフードコートに行ったら、幾つかの店が営業してないのに気がつきました。

春節で休みなのかと思ったら、そのまま閉店してしまっているようですね。

まあ、他にも店はたくさんありますので、大丈夫ですが、意外にこの手の入れ替わりがよくありますよね。


今日も通常スケジュールです。午前中は塾、午後は大学。

ただ、明日は変則スケジュールで塾の授業があります。

授業が終わったら、宿舎に戻って洗濯しようかと思います。

たまたま洗濯代金もチャージの時で、朝早くに洗濯とかも不可能なんすよね。


このチャージが毎度面倒です。

いっぺんに数十ドルとか可能ならばいいのに、限られた金額しか入金できません。

ちまちまチャージしないと、洗濯ができなくなります。

チャージが必要な時は、事務が開いている時間でないと対応できませんし。

だから土日に洗濯するのが難しくなってます。困ったもんです。

単にコインが使えるランドリーを設置してくれたほうがよかったですよ。

なんでこんな面倒な仕組みなのか。


ホントは部屋に洗濯機つきの宿舎に入りたかったんすよねえ。

ところが、そこは満室でムリだということでした。

仕方なくいまの宿舎にしたんですが、やはり何だかんだで不便です。

あと4箇月、ガマンするしかないですねえ。


日本は勉強と仕事の間に距離がありすぎるという話がありました(東洋経済)。

その通りだと思います。

学校の勉強の多くが、研究者養成みたいなプログラムなんすよねえ。

もう古すぎますって。


アジアの日本人駐在員が増えているという話がありました(BLOGOS)。

自分も在留邦人の1人になるんすかねえ。中年留学生のつもりなんですが。

まあ、東南アジアに仕事で来る人は、今後も増えそうですね。


日本人村だけで用事が済んでしまうというのは、ありそうですねえ。

自分は、午前中の塾以外では滅多に日本人に会いませんが。


ゲームが生きがいで悪いかという話がありました(BLOGOS)。

人生で自分のやるべきことを自覚している人はいいけど、そんな人は確かに少ないんすよね。

生きるのに何かが楽しければ、それはそれで十分だと思います。

音楽が楽しみな人もいれば、ゲームが楽しみの人もいるでしょう。

それはそれで人の自由。


とはいえ、ギャンブルが生きがいになってしまうと、金銭的にヤバい面があるので、オススメできないわけですが。

昔から道楽を生きがいにしている人はいくらだっていますから。

酒も身体を壊す恐れがありますけど、自覚してるならいくら飲んでも構わんと思いますよ。

おカネの許す範囲でですが。


逆に修道士のような生活が生きがいの人もいるでしょう。

人それぞれです。

というか、そもそも人生に意味なんてないんですからね。

アリとかネコとかが生きがいなんて気にしますか。あり得ませんって。


人間だって同じ動物です。だから生きることに大して意味なんてないのに。

要するに、人生に意味があると思い込みたいんですよね。

とはいえ、その人が納得できるなら、逆にどんなもんでも生きがいになります。


自分など、一応はやること自覚してますけど、でもゲームもやります。

楽しいなら何でもやりますよ。

とはいえ、こちらにいる間は酒同様、禁ゲームの生活なので、それはちと苦しいのですが。

おカネの問題ではなく、ネットが遅くてできないんですよね。

2月1日(水)

街はまだ春節の飾り付けがそのままですね。

元宵節くらいまでは、やはり春節になるんでしょうか。


来週はヒンドゥーの祭り、タイプーサムがあるはずです。

自分もこれは少し見に行きたいと思ってます。

ひそかに、タンキーの源流はこれにあるんじゃないかと考えています。


体調はだいぶ回復してきました。

今日はいつものスケジュールに戻ってます。

それにしても、まだまだ作業が多いですねえ。


トランプ氏への支持はまだ衰えていないようです(J-CAST)。

いや、この調子でどんどん強権で押し切ってください。

大して効果なんてないんでしょうけど、パフォーマンスは抜群ですからねえ。


ギャンブルで投票しているのだという話がありました(BLOGOS)。

それもまた民主主義ではないですかねえ。

1回大失敗してみる。

そこからまた教訓を得るということで。


もっとも、ずっと失われた何十年やってきてる自民党に期待なんて、間違っていると思いますが。

相対的に旧民主よりマシだと考えてのことなんでしょうけど。

それだったら、もとより4回か5回くらい、政権交代させたほうがマシでした。

それであれば、与党も野党も緊張感持つんでしょうし。

1月31日(火)

カゼはだいぶよくなってきました。

ただ、まだノドがキツいです。

宿舎では暑いと思っても、あまり温度を下げないようにします。


今日からもう平日に戻ってますね。

電車も混んでますし、お店もほとんど営業してます。


曇りがちで涼しくて助かります。

ただ、時おりスコールが来ますね。


今週はちと変則スケジュールになります。

今日は塾の授業があるはずでしたが、先生の都合で中止。

金曜日に振り替えになります。

ちと洗濯のタイミングが難しいですね。


授業がないので、英語の先生に勧められたナショナル・ミュージアムに行ってみました。

こちらはシティホールのすぐ近くです。

というより、本来のシティホール、政府の建物を使って作られた美術館です。

建物自体が歴史的建造物となります。


現代美術のほうはサッパリですが、シンガポールや東南アジアの美術のほうは興味があり、じっくり見てました。

特別展もあって、見応えがありましたね。

とはいえ、あまり他に客もなく、閑散とした印象でした。

しかし建物が恐ろしく広く、結構歩くハメになってしまいました。


見終わってからラッフルズシティで食事して、それから大学に来てます。

大学も、授業が始まったのか早速にバスが混んでます。

今日は継続している作業中心ですが、論文の校正も来ましたね。


断捨離とは違いますが、お酒もこちらに来てから飲んでません。

帰国する時に、一度タイガービールくらいは飲もうと思いますが。

しかし、酒も不要なもんですよねえ。飲まなくても全然困らない。

帰国してからもなるべく酒は控えようと思います。


トランプ氏の入国制限令でだいぶ混乱しているみたいですね(東洋経済)。

まだまだ、こんなもんじゃないでしょう。

紂王かスターリンか、いずれもっとアホやってくれると確信してます。

自らの過ちを認めないタイプですからね。そういう人にいくら諫言してもムダ。


福島原発の燃料デプリではないかという映像が出ていました(ハフポスト)。

これも、状況が分かるほど困難が見えてくるのではないでしょうか。

石棺方式を言うと非難されるようですが、検討の対象に含むべきなのでは。

1月30日(月)

ハナミズが止まらず、身体がだるいですね。

完全にカゼの症状です。

ただ、そんなに重くはありません。

宿舎の冷房の温度をあげたりしてます。

もっとも、細かい調整ができないんですよね。

そのあたりにそもそもの原因がありますが。


引き続いて春節の休日です。

珍しく、日本が休まず、こちらが休みの日となりました。


今日は城隍廟のハシゴになりました。

まずトアパヨーに出て、双林寺の城隍廟の春節を見ました。

トアパヨーも、スーパーやチェーン店などはもう開店してましたね。

ただ、中華系の小売店は全部閉まってました。

とりあえず食事はモスバーガーで。久しぶりに入りました。


双林城隍廟はものすごい混雑でしたね。

多くの人が線香を手に、参拝していました。

双林寺のほうは、広いだけあって混雑はさほどでもありませんでした。


トアパヨーの駅には戻らず、バス停に出て、そこから154路のバスでマクファーソンに出ました。

今度は菲菜芭城隍廟です。

こちらも参拝客が大勢来てました。


巨大なソロバンや、子どもが乗る馬の模型、その他様々な道具が設置されてました。

また獅子舞の団体が来たり。

いかにも春節らしい光景が続きましたね。


今日は線香を浴び続けたせいか、線香の臭いが染みついてます。

その後大学に来てますが、今日も閑散としてますね。

写真データの移行などやってます。

明日は平日に戻りますが、こちらは塾がないので、また別の所を見に行く予定です。

もっとも、まだ体調が戻ってませんので、長距離の移動はしません。


日本がものつくり大国かどうかという話がありました(東洋経済)。

なんだか、ありとあらゆる分野で、「過去の栄光」になってきそうな感じです。

改革が必要なんですが、変えようという方向が間違っているんですよね。

過去の意味のない経済対策は、もう効果がないと思って諦めるべきですよ。


トランプ氏が入国禁止処置を取ったのでカナダ首相が逆の提示を行っているようですが(BLOGOS)。

いやもう、みんなアメリカに行くのは止めたら。

稼げるからと割り切って行くのは構いませんが。

それにしても、ホントに毎日笑いのネタを提供してくれますねえ。トランプ氏。

1月29日(日)

どうも体調がイマイチです。カゼみたいな症状。

やはり寝ている時も冷房をずっと浴びてるのがよくないみたいです。

もっとも、こちらに来てからずっとそういう生活なわけですが。

幸い、しばらくは塾もないので、ムリしないで過ごそうと思います。


春節は続いてまして、あちこちの店は閉まったままですね。

地下鉄内のコンビニまでが閉まっていたのは、ちと驚きました。

もっとも、もう開いている店もあります。


とあるセブンイレブンに入ったら、店員さんがみなインド系でしたねえ。

この時期働いているのは、やはり中華系以外の人が多いみたいです。


今日はまずイスタナを目指しました。

大統領官邸です。

年に数回しか開放されないのですが、今日はその日ということです。

英語の先生にそう紹介されました。


ところが、ドゥビーゴートの駅を降りて、プラザシンガプーラの前に出たらビックリ。

長蛇の列が伸びていて、プラザシンガプーラのはるか先まで続いています。

これ、何時間かかるか不明ですね。

なもんで、さっさと転進することにしました。

幸い、ファストフード系など、周囲のお店はそこそこ開いてますのでまず食事。


ブラスバサー駅まで出て、観音堂の近辺の様子を見ました。

こちらも大混雑です。

観音堂のなかはとても入れません。

ただ、いかにも春節という感じの雰囲気にあふれています。

しばらくその様子を観察してました。


ジュロンポイントに出たら、寿司店や電器店など、開いている所もありましたね。

ただ、やはりチェーン店が中心です。

その後は、南洋大に来てます。

当然ですが、大学内は閑散としてます。

これだけ学生見ないのは初めてですねえ。

休業期間中も、そこそこ見たのに。

大学では作業ですが、体調もありますし、あんまムリしません。


どうも日本に戻ったら、断捨離がますます進みそうです。

というのは、こちらで暮らしていると不便は不便なんですが、少しモノに関する考え方が変わってきました。

こちらで生活してて使わないなら、それは実は不要なんじゃないかと。

たとえば楽器ですが、持っているギターやベースも、全部弾くわけではありませんよねえ。

単に所蔵しているだけ、というのも多いです。

ならば必要な数本だけ残して、あとは処分しても構わないかなあ、と。


腕時計も、GPSソーラー使ってますが、オーバースペックだったと思います。

もっと通常のクォーツで構いませんね。

とはいえ大学で試験担当する時は、電波時計が必要になるので、ソーラー電波にしようと考えてます。


家具なども入れ替えを予定してますが、数自体もっと減らしてもいいと考えます。

まあ、まだ帰るまでの期間はかなりありますし、その間に、何が必要で何が不要か、考えを整理しようと思ってます。

とはいえ、また考えが変わる可能性もありますが。


フェイクニュースに関する話が出ていました(アゴラ)。

昔からあるという指摘はごもっともです。

いまの問題は、とにかく情報量が多すぎて、何が真で何が偽なのか、容易に見分けられないところにあるのでは。


大阪モノレールの彩都線は延長せずですか(ハフポスト)。

赤字なら仕方ありませんね。

この手の住宅地開発自体が、もう古い手法かもしれませんし。

1月28日(土)

今日が旧正月の元旦になります。

昨日の帰宅時、バスがガラガラで驚きましたが、それからまた驚きの連続でした。


まずスタービスタで食事しようとしたら、店の大半が閉まってます。

フードコートも、丸ごと全部休業。

こんな光景は初めて見ました。


やはり旧正月は休むんですねえ。

それにしても、インド系の店や、和食系の店まで休んでるのは想定外でした。

開店しているのは、一部のチェーン店などのみです。

台湾系のいつも行くお店が開いていたのはラッキーでした。


自動車も少なくなってますし、人通りもほとんどなかっりします。

これほど閑散とした状況になるとは思ってませんでした。

ただ、ようやく「正月」という感じですね。


朝はタラタラ寝ていたため、今日は出るのが少し遅くなりました。

まずサンテックシティに出ました。

こちらも、休日ならいつも人が多いんですが、閑散としてます。

店も大半が閉まってます。

ただ、ファストフード系は開いてましたので、食事しました。

いやホント、ここしばらく食事難民になりそうな勢い。

逆に言うと、春節の時期にシンガポールに観光に来るのは考えモノですねえ。

まあ、自分も10年以上海外の春節を見てないので、感覚が鈍っていたというのもあります。


それからチャイナタウンに出ました。

天福宮周辺を調査です。

こちらは春節らしい賑わいで、多くの参拝客が訪れていました。


天福宮の隣に玉皇宮があります。

また慶徳楼とも呼びます。

こちらの廟の前には道士が並んでおり、いろいろ祈祷を受け付けていました。

玉皇宮は、滅多に開いてないので、こちらも中は初めて見ました。

撮影はできませんでした。


玉皇大帝を中心に、三清や四御があるなど、伝統的な道教の形式をよく整えています。

祖師を多く祀り、全真系の廟であるようです。

かなりじっくり拝見させていただきました。


そして賑わう天福宮もじっくり観察しました。

傀儡戯も来てましたね。

あと、仙祖宮も見ました。

こちらも特設テントを作って、多くの参拝客がいました。


それからチャイナタウンの中心部をタラタラ見てましたが、こちらは飾り付けはしてるものの、あまり動きがありません。

人出は多いんですけどねえ。

仏牙寺の行列はすごかったですが。

一渡り眺めてから、あとは大学に来てます。

大学も閑散としてますね。


午後は断続的に雨が降ります。

だいたい、そういう天気だと思って行動したほうがいいですね。


当初、語学塾に通うのは半年の予定でしたが、進歩が遅いので、あと2箇月足すことにしました。

いまの午前中塾、午後大学という日程は、4箇月ほど続けます。

それからは宿舎を出て、マレーシアやインドネシアなどを見る予定です。

最後の1箇月はまた戻ってきます。

ただ3月の後半にはフランス行きが入ります。


トランプ氏の化けの皮はすぐに剥がれるという話がありました(東洋経済)。

自分も同意です。

ただ、化けの皮が剥がれても、支持する人はなかなか減らないんじゃないすかねえ。

久々に「アメリカ帝国主義」とでも呼びたくなりますな。


教育と格差の問題についてコラムがありました(アゴラ)。

カネ持ちが子弟にいい教育を施すとなると、格差は固定し、かつ広がっていくんですよねえ。

いま東大の学生の親の平均収入が高いのが、その事を示していると思います。

また労働者同士が対立しているというのはその通りだと考えます。

1月27日(金)

旧暦では今日が大晦日になります。

普段と同じかと思ったら、学校が早く終わるみたいですね。

子どもたちが午前中にもう帰宅してました。


大学も早く終わるようで、今日はバスに乗ってくる学生が多くて驚きました。

おかげで、降りるのが大変でした。


研究棟も、午後からロックがかかってます。

まあ、カード持っているから問題ありませんが。


今日は調査は入れず、午前中は洗濯と掃除に充ててました。

宿舎も旅行などに出ている人が多いのか、洗濯機がガラ空き状態でした。

珍しいですね。

意外に、掃除のほうに手間取りました。


どうも宿舎の自分の周囲の部屋、いまはタミル系の人ばかりのようです。

夜中にタミル語で騒いでましたから。

もっとも、自分は長期滞在ですけど、周囲はどんどん入れ替わりますよね。

寝不足なのは相変わらず。


春節の天気予報を見ましたが。

かなり悪いですね。豪雨もあるようです。

今日も天気は不安定です。

晴れたり、いきなりスコールになったり。


メキシコ大統領とトランプ氏の会見は中止ですか(J-CAST)。

そらまあ、壁の費用は全部そっち持ちだと言ったら気分害しますよねえ。

こんなのは外交とは呼べませんわ。

もうメキシコは、言う通りに関税思いっきり高くしてやるといいと思います。

実際、アメリカもかなり困るハズですけどね。


まあ、でもいいですわ。

このコーナーでは、もう「芸人大統領」と謹んでお呼びしたいと思います。

毎日お笑いネタを提供してくれる、楽しい大統領ではないですか。


もっとも、仕事ぶりは速いですね。どんどんハタ迷惑な大統領令を出してきます。

しかも給料は1ドルらしいですし。

まあ、彼から見れば大統領の給料もはしたカネに過ぎないんでしょうけど。

どれだけ既存秩序をぶち壊してくれるか、楽しく拝見しましょう。


イギリスのメイ首相が早速行っているようで(産経新聞)。

サッチャーとレーガンのマネなのかもしれませんが、一回り劣化してますよねえ。

当面はこの暴君につきあうしかないんでしょうけど。


日本の政府も、もう意見なんて言わなくていいですよ。

ひたすら阿諛迎合、意を迎える佞臣こそがやるべき道です。

こーゆー人に何言ってもムダ。

桀王とか紂王とかの再来と思ったほうがいいです。

1月26日(木)

今日も晴れです。

晴れれば晴れるで暑いですけど。


寝不足気味ですので、週末はあまりムリしないように考えてます。

というか、どうもいまの宿舎にいると、慢性寝不足気味になりますね。

特に、いま周囲の部屋がやたら夜まで騒がしいです。

まあ、自分はあまり騒音は気になりませんけど。それでも少しねえ。


あとは、宿舎が駅から遠いのが、やはり不満ですかねえ。

晴れの日はいいんですが、大雨の日がキツいですね。

駅に着くまでにズブ濡れになってしまいます。

このあたりも含めて、あとまだ数ヶ月はガマンしないと。


午後大学に来てます。

ただ、今日はまだ授業やってますね。

とはいえ、少しバスが空いてましたか。


昨晩、スタービスタに行ったら、休みの店をチラホラ見ました。

春節で休みなんですね。


韓国の裁判所が仏像返さなくていいという判断のようです(読売新聞)。

昨日は裁判所マトモだと思ったら、今日はまたコレですからねえ。

証拠に応じて判断すべきところが、どうもそれも曖昧ですし。


まだ豊洲問題はモメているんですねえ(BLOGOS)。

百パーセントの安心なんて、そらムリでしょう。

だからどこかで見切りをつけて、さっさと移転すべきだと考えますが。

この点に関しては、韓国の世論とよく似てますわ。

あまり批判できないのでは。


フェイクニュースの時代なんだというコラムがありました(BLOGOS)。

これネットの世界がどうこうではなく、人数が多いと自然とウソ情報も多くなるってだけの話じゃないすかねえ。

世の中、理性的に判断する人よりも、感情的に判断する人のほうが多いんでしょうし。

むろんネットの場合は、その人が見たい情報ばかり見て、それが助長される面があると思いますが。


そういう意味では、ますます事実や真実が見極めにくい時代ですよね。

もっとも、全部否定すれば不可知論になるだけかもしれませんし。

それこそ仏教の、何が真であり何が妄であるかとか、いろいろそういう談義で考えてもいいかもしれませんねえ。

それにしても、なんだか混沌が進みそうな時代だと思います。

1月25日(水)

ようやく朝晴れました。

宿舎の近くの道、豪雨になると川みたいになってしまうんですよねえ。

どう避けて歩いても、足が水に浸かったりします。

今日は普通に歩けたのでホッとしてます。

とはいえ、午後はまた雷雨になりましたね。


旧正月になりつつありますが、今日明日くらいは平常営業のようです。

電車もバスも混雑してます。

土曜からは3連休になりますが。


春節は、とりあえずチャイナタウンなどを中心に回る予定です。

あとは城隍廟などですね。

日本にいると、この時期は毎年入試で動けないんですよね。

久しぶりに春節を見る感じです。


どうも6月にこちらの学会で発表せねばならないようで、いろいろネタを考えています。

もっとも、東南アジアではまだまだ材料が足りないんですよねえ。


トランプ大統領は後醍醐天皇だという話がありました(JBプレス)。

ワシントンが既得権のカタマリになっていて、それを突き崩すというのはいいでしょう。

ただ、それにしてももっと人を選んでもらえなかったもんですかね。


韓国の慰安婦本を書いた教授に無罪判決が出たそうです(朝日新聞)。

これについては司法のマトモさを評価します。

どんな内容であれ、学問的に主張することは自由なはずです。


世の中にはいろんな主張があります。

ホロコーストの否定、南京事件の否定、原爆の正当化など。

それは別に主張としては構いません。

ただ、多くの場合は「結論が先にあって、都合のいい理由付け」しかされていませんよね。

それが研究かというと、かなり疑問です。


研究というのは、都合の悪い材料も公平に扱わねばなりません。

ましてや無視してかかるなんてのは、全く研究の名に値しません。

研究か、単なる主張でしかないかの区別は、都合の悪い材料をちゃんと扱ってるかどうかに尽きると思います。


政府に振り回されるのもダメです。

だいたい、どんな政府でもウソつきであることは変わりませんからね。

これは日本政府もそうですし、中国政府や韓国政府もそうです。差があっても程度問題で。

ところが、いまや自由の総本山であるはずのアメリカ政府が、ウソつき体質に堕してしまいましたからね。

もう何をか言わんやです。


研究者の主張というのは、実際にはそういう主張する人間、政府の人間に比べては弱いんですよね。

だいたい政府の言う「歴史的な事実」なんてのも、彼らにとって都合のよい話であって、「真実のひとつ」に過ぎません。

研究者の側は、地道に「事実」を明らかにしていくしかないんですよね。

事実が認められるとも限らないんですが、研究する者はそうであっても進むしかありません。

そういうフィルターを通してみると、世間に流布している説の多くは、単なる主張に過ぎないんですが。

1月24日(火)

今日も朝からずっと雨です。

ただ、出た時は豪雨というほどでなかったので、助かりました。


昨晩の帰り、MRT東西線に乗ったら、また遅れててマイッタです。

ブーンレイの駅からブエナビスタまで、1時間以上かかりましたからねえ。

途中、寝落ちしてたりしました。


今日は塾が終わってから、郵便局に寄ってました。

意外に時間かかって、その後は久々に味千ラーメンに寄りました。

そういえば、ここもiPadで注文でした。


アジアはやはり旧正月でないと正月気分にならないですねえ。

今週末が、ようやく正月という感じです。

中華系の食堂だと休むところも出るみたいです。

ただ、インド系やマレー系は開いてるそうなので、そうは困らないと思います。


トランプ氏がまたなんか的外れな話しているようで(J-CAST)。

いやだから、マトモな政治家だと思うから、そんな文句が出てくるわけで。

どこかで指摘されてましたが、マネージャですらなく、ショーマンなんすよ。

お笑いだと思って見るべきです。笑い飛ばしてやるのが上等。

ただ、政治は結果ですから、見るべき成果があれば評価するのが当然です。

まだ始まって数日でしょうに。


いやもう、多くの国で政治がお笑いレベルに堕してきてるわけです。

あんま日本も人ごとではありません。

それでも国って動いているから不思議ですよね。

まあ、多くの会社がそうであるように、惰性で動くんでしょう。


人間の幸福度についてコラムがありました(BLOGOS)。

平均すると「余暇」や「おしゃべり」になるんでしょうけど。

これはどうですかねえ。

人間の幸福なんて、その個々人でだいぶ違うんでしょうから。


「夕食」と「昼食」ってのがまた笑えますが。

要は、3大欲求が満たされれば、それでいいんですかねえ。

ただ、それはかなり動物的な楽しみですよね。


自分もその楽しみは否定しませんが、優先順位は低いですね。

人生、その人の幸福とするものが見つかって、それを手に入れるために努力できるのが楽しいのかもしれません。

簡単なようですが、「見つけること」自体がかなり難しい気もします。

1月23日(月)

今日は朝からものすごい豪雨となりました。

バケツでまいたような雨。

しかし塾に行かないわけにもいかず、雨をおして出ました。

結果、全身ずぶ濡れです。

午後研究室に来てますが、靴などとにかく乾かしてます。

これで靴がダメになるんすよねえ。


ポール・マッカートニー氏がソニーを訴えたようです(BLOGOS)。

ビートルズ時代の楽曲の権利を取り戻すためです。

そもそも、デビュー当時の契約のミスが、まだ続いているんですよね。

いまさらエプスタインの不手際を責めても仕方ありませんが、当初のビートルズの契約はヒドすぎました。

もっとも、これで運良くポールの楽曲が戻っても、アメリカだけの権利なんですよね。


千里中央のSENRITOの話が出ていました(エキスポシティ応援ブログ)。

スーパーのKOHYOもできるんですか。

そうなると、元ピーコックの店とダブることになるのでは。

あと無印良品はこちらにできるんですね。

セルシー千里の店がなくなっても、利用できるわけです。

いや、ホントに帰国したらだいぶ変わっていそうな。


アイドルアニメをなぜ見るのかという話(BLOGOS)。

そら本物のアイドルと、二次元アイドルは別物ですからねえ。

エライ人には違いがワカランのかもしれませんが。

しかしスキャンダルがなさそうだからというのが笑えました。

自分もこちらではプレイできませんので、すっかりエアPですよね。

1月22日(日)

ここ数日、天候が全く同じパターンですねえ。

夜は雨で、朝方晴れます。

午後になると激しい雷雨。

調査に行く場合、天候を考慮しないとダメですね。


ただ金曜日に調査を入れたので、今日は機材購入に充ててます。

続けて歩くと、すぐにヒザに来ますので。

もっとも店をウロウロしてしまいましたが。

主な研究費はだいたいこれで完了だと思います。


来る時に、ジュロンポイントのバーガーキングに行ったのですが。

注文が出てくるのにものすごい時間がかかってビックリしました。

そんなに待っている人はいなかったんですがねえ。

久々にバーガーキングを利用したらコレです。

まあ、休日はファストフード系は混んでますよね。


今日あたりから、もう春節モードに入ってますかね。

中国大陸では、もう移動が始まっているようですが。

春節の時期は、チャイナタウンなどをウロウロして行事を調査する予定です。


今日も午後は大学に来てます。

ちとプリンタが不調です。運が悪い日ですねえ。

あとは作業です。この作業もなかなか終わりません。

さらに、研究会で発表しろという話もあります。

まだあまり東南アジアではネタがないんですが。


トランプ反対デモが盛んなようですね(産経新聞)。

批判する向きもありますが、異を唱えるのは自由ですし、どんどんやって欲しいです。

ただ、政治は結果ですからねえ。

まだ何もやってないのにいきなり批判というのも、建設的でない気がします。

せめて1年くらいは様子見たほうがいいと思いますけど。


24時間営業が厳しいという話がありました(J-CAST)。

自分も、残業が長かったり、夜勤のアルバイトをしてた時は、それなりにありがたかったものですが。

でも大変ですよねえ。24時間開けているのって。


ならば賃金がもっと上がってもよさそうなもんですが。

そうはならない日本の不思議です。


シンガポールもこれだけ物価高いのに。

職種によりますが、低いなあと思うこともしばしばです。

求人広告を見てると、やはり肉体労働系が低いですよね。

どうもそのあたりに理不尽さを感じますが。

1月21日(土)

今日も午後から雷雨になりました。

調査は午前中に済ませるのがベターですねえ。


タンピネス駅のほうに出ました。

この駅名がまた読みにくいです。

東西線の東側の終点に近いところです。

幾つもショッピングモールがあり、人出も多いので驚きました。


食事しようとしたら、ドコもかなり混んでます。

フードコートを探したら、そこはまだ入れそうでしたので、なんとか席を確保して食べました。


淡浜尼聯合廟(Tampines Chinese Temple)を調査しました。

行く時に少し方向を間違って、iPadで確かめながら行く事になりました。

ひとつの廟のように造ってありますが、実際には13の廟を聯合したものです。

祀られる神も多岐にわたってました。


淡浜尼天公廟(Tampines Tian Gong Tan)

淡浜尼福安殿(Tampines Foo Ang Tien)

淡浜尼後池庁(Tampines Toh Tew Kang)

順興古廟(Soon Hin Ko Beo)

淡浜尼吉星亭(Tampines Kiat Sing Ting)

淡浜尼済陽堂(Tampines Ji Yang Tang)

淡浜尼慈霊宮(Tampines Tsi Ling Kong)

淡浜尼大伯公(Tampines Tua Pek Kong Keng)

謙福律天公壇(Kheam Hock Road Tian Gong Tan)

主な廟が以上で、大伯公については幾つかの大伯廟が聯合しています。


各廟の神々が並んでいるのは壮観です。

中心になるのは、朱邢李大人の王爺です。

他は大伯公・太歳・清水祖師・洪仙大帝・観音菩薩・蔡王爺・張法主公などです。


事務室で資料がないか尋ねてみたら、各神の論文集があると言われたので購入しました。

いま実は洪仙大帝に興味があります。

この神はその由来がよく分からないそうです。

昨日のジョホールバルでもこの神を見ましたね。


自分はこの神はてっきり広東の洪聖王と同じ神だと思っていたのですが。

確かに、虎に乗っていたり、像がだいぶ違いますよね。

さらに、生誕日も異なりますし。別の神ですかね。

これについては、それこそ論文で論じたいと思います。


他の廟も見る予定でしたが、空模様が怪しくなってきたこともあり、大学に向かいました。

しかし東西線を端から端まで乗る形です。1時間くらいかかるんですね。

要するに、シンガポールをほぼ横断する形になりました。

南洋大に着いたら、今日はレジストレーションやってますね。


報道はトランプ大統領就任一色ですねえ。

早速オバマケア廃止に動いているようで(読売新聞)。

当面は前政権のやっていたことを全部ひっくり返すんでしょう。

TPP廃止とかですね。

その後、何も新しいことはできないままなんじゃないすか。


キレイ事を嫌う価値観についてコラムがありました(BLOGOS)。

理想を語ることは悪いことではないと考えます。

ただ、理想を基準にして現実を叩くと、どうもイビツになります。


また理想を説く人間が、結局は中身はダメなので、虚偽に見える。

結果として説く理想自体が陳腐化する。

ずっとこんな事ばかりやってる気がします。


「仁義礼知」だって、本来は悪くないコトバですが。

説く人間の側に問題がありすぎて、どんどん陳腐化していきました。


だったら思っていることを正直に。

そう言いたくなるのも分かるんですけど。

バランスが難しいですよね。

それに、恐らく個々人の理想とするものが、いまは思いっきりズレているんだと思います。