中澤信彦(なかざわ・のぶひこ)
 
娘と息子(2020年11月, 梅小路公園)
1968年8月1日 兵庫県姫路市生まれ(高砂市で育つ)
京都市左京区在住
家族は妻と娘(8歳)と息子(4歳)
【学歴】
1987年3月 私立淳心学院高等学校卒業

1988年4月 京都大学経済学部入学
1993年3月 京都大学経済学部卒業

   卒業論文「川勝綿業理論の検討」

1993年4月 大阪市立大学大学院経済学研究科前期博士課程入学
1995年3月 大阪市立大学大学院経済学研究科前期博士課程修了

   修士論文「初期バークの思考法――『自然社会の擁護』通説的理解の批判的検討――

1995年4月 大阪市立大学大学院経済学研究科後期博士課程入学
1998年3月 大阪市立大学大学院経済学研究科後期博士課程単位取得退学

2009年9月 博士(経済学) (京都大学:論経博第349号)

   博士論文「イギリス保守主義の政治経済学――バークとマルサス――審査報告書
【指導教員】
学部:田中秀夫先生(社会思想史)、堀和生先生(アジア経済史)
大学院:佐藤光先生(社会経済論)
【職歴(常勤)】
1998年4月〜2001年3月 関西大学経済学部専任講師
2001年4月〜2007年3月 関西大学経済学部助教授
2007年4月〜2008年3月 関西大学経済学部准教授(名称変更)
2008年4月〜現在 関西大学経済学部教授 
2003年10月〜2004年9月 関西大学経済学部教学主任
2006年10月〜2007年9月 関西大学経済学部学生主任
2008年10月〜2010年9月 関西大学経済学部キャリアセンター主事
2010年10月〜2012年9月 関西大学経済学部副学部長
2016年10月〜2020年9月 関西大学研究推進部副部長
2021年4月〜2022年4月(予定) 関西大学教員組合副委員長
【職歴(非常勤)】
2001年4月〜2002年3月 大阪経済大学非常勤講師(「社会思想史」担当)
2011年4月〜2011年9月 京都大学非常勤講師(「経済学史」担当)
2012年10月〜2013年3月 京都大学非常勤講師(「経済哲学」担当)
2018年8月(集中講義) 沖縄国際大学非常勤講師(「経済学特別講義T(経済理論及び政策)」担当)
2018年8月(集中講義) 小樽商科大学非常勤講師(「経済学史」担当)
2019年9月(集中講義) 釧路公立大学非常勤講師(「経済史特殊講義B」担当)
2020年9月(集中講義) 東京大学非常勤講師(学部「政治経済学」・大学院「イギリス保守主義の政治経済学」担当)
2021年8月(集中講義) 福井県立大学非常勤講師(「西洋経済史」担当)
2021年9月(集中講義) 東京大学非常勤講師(学部「政治経済学」・大学院「イギリス保守主義の政治経済学」担当)
【在外研究】
April 2002 - March 2003 Visiting Scholar at the Department of History, The University of Edinburgh (Hosted by Professor Harry Dickinson)

April 2015 - September 2015 Visiting Scholar at the School of Economics, The University of Sydney (Hosted by Dr. Matthew Smith)
【専門分野】
(18・19世紀イギリスを中心とする)経済学史および社会思想史、保守主義思想史、人口思想史、経済学方法論史、経済哲学・倫理学
【趣味】
ドラム演奏(Hard Rock / Heavy Metal / Progressive Rock)
【座右の銘】
生涯一書生
打たれ強さも実力のうち

トップページへ戻る