中国近世語学会

トップページ
会長挨拶
学会案内
会則
総会・研究会の案内
総会・研究会の報告
事務局
リンク

総会・研究会の案内

中国近世語学会2011年度秋季研究集会のご案内

  「暑い、暑い」と言いつつ過ごした酷暑が過ぎ去り、11月に入れば流石に肌寒さを覚えるような気候となりましたが、会員皆さまにはご健勝のことと存じます。
 本年の秋季研究集会を下記の要領で開催いたしたいと思いますので、会員の皆さまの積極的なご参加をお願いいたします。
 今回の秋季研究集会は個人の研究発表以外に、ワークショップ「官話の虚像と実像」が予定されていますが、本ワークショップは竹越孝会員が発案され、発表者の交渉からすべて竹越会員がご尽力された結果であります。この場をお借りし、竹越会員には衷心より感謝の意を述べたいと思います。
 個人研究及びワークショップが実りある成果が得られますよう、会員の皆さまからの積極的な発言をお願いいたします。

中国近世語学会会長
佐藤晴彦
2011年11月11日
中国近世語研究集会

 日時:12月10日(土) 午前10時30分より
 場所:大東文化大学 信濃町キャンパス(信濃町駅ビル3階)JR中央線・総武線「信濃町駅」下車0分



プログラム
午前の部 10:30〜12:00
研究発表
1)発表者: 田村 新(首都大学東京・非常勤講師) (10:30~11:15)
題目: 「黎錦煕の『納氏英文法』受容に関する一考察」
要旨:
 文法学説史の先行研究では、1930年代半ばまでの研究の特徴として、西洋の言語学理論を受容した点を上げている。本発表で取りあげる黎錦熙『新著国語文法』(初版1924年)もJ. C. Nesfield著English Grammar Series (初版1889)の影響を受けたとされる。龔千炎1997『中国語法学史』によれば、二者の品詞の分類法(p.65)、代名詞などの下位分類の類似(p.67)という事実を指摘している。しかし、発表者は「1920年代前半における中国語白話文法研究について」(『人文学報』418,pp.1-18所収)で、民国初期から品詞の分類法はほぼ一貫している事実を上げており、龔氏の示した証拠は、Nesfieldの理論を受容した証拠となるか疑問がある。
  本発表ではこの疑問に対して、改めて黎錦熙とNesfieldの二者を比較対照し、黎錦熙が実際に何を受容したのか、またそれは「受容」といえるものなのかを考察し、報告したい。


2)発表者: 山田 忠司(文教大学) (11:15~12:00)
題目: 「民国初期新聞連載小説からみる白話の諸相 ―『京話日報』掲載小説を材料に―」
要旨:
 現代共通語(口頭語)の基礎になる北京語はほぼ清代に成立したとされる。それを反映した言語資料としては『紅楼夢』(1780年頃)、『児女英雄伝』(1878年)が著名であり、それが老舎諸作品へと繋がるのであるが、清末民初の資料は極めて乏しいのが実情である。
本発表ではその空白を埋めるべく、当時北京で発行されていた新聞『京話日報』紙上の連載小説の言語について報告する。
  今回調査したのは『京話日報』に民国7年(1916)3月20日から同年5月6日まで48回にわたって連載された小説『阜大奶奶』(約5万字)の言語である。作者は剣胆という人物で、彼は当時かなり売れっ子の作家であったようである。
  調査の結果、太田1969提示の北京語指標をほぼ満たし、また北京俗語とされる語彙も多く使われているのが確認できた。一方、南方的語彙、語法は見いだせず、北京語としての特質を十分有したものと言える。 

 お昼休み

午後の部(13:30〜16:30)
ワークショップ「官話の虚像と実像」
 金文京『漢文と東アジア―訓読の文化圏』(岩波新書,2010)は、とかく固定したイメージで語られがちな「漢文」を、より広い枠組のなかで捉え直した画期的な著作でした。中国近世語の世界で、これに似た特徴を持つ概念として「白話」及び「官話」というものがあります。しかし、これらは「漢文」と異なり、ありうべき規範が可視化されていないように思われます。今回のワークショップでは、3人の発表者が中国周辺の地域において「白話」そして「官話」がそれぞれどのような実像もしくは虚像を与えられ、その本質とは何だったのか、という点をめぐって話題提供をする予定です。自由討論の時間を多くとりますので、同様の問題意識を持つ方や関連領域に関心のある方の参加を歓迎します。

1.唐話・琉球資料…木津祐子(京都大学)
2.西洋資料…塩山正純(愛知大学)
3.朝鮮資料…竹越孝(神戸市外国語大学)
  司会…奥村佳代子(関西大学)

*ハガキにて、12月5日頃までに、出欠をお知らせください。
*発表者の方へ・・・レジュメは各自でご用意のほどよろしくお願いいたします。
*年会費(3000円)をまだお納めでない方は、どうぞお納めください。
  郵便振替 口座番号:00980-6-119965 口座名称:中国近世語学会

2010年度春季研究総会のお知らせ

第24回研究総会ご案内

若葉薫る季節になりましたが、皆様、ご清祥のこととお慶び申し上げます。
本年度も下記のとおり、近世語学会の研究総会を開催いたしますので、ふるってご参集ください。

中国近世語学会会長
佐藤晴彦
2010年5月14日

第24回研究総会

日時 6月7日 午前10時より
場所 愛知大学車道キャンパス(名古屋駅から地下鉄桜通線車道下車すぐ)

午前の部

研究発表
1)発表者:稲垣智恵(関西大学・院)(10:00~10:45)

2)発表者:川端 歩(関西大学・院)(10:45~11:30)

休憩

午後の部

研究発表
3)発表者:荒木典子(早稲田大学・非)(13:00~13:45)
題目:「明清白話小説の疑問文に関する一考察-“可”の疑問文と“麽”の疑問文について-」

4)発表者:竹越 孝(愛知県立大学)(13:45~14:30)
題目:「日本現存の朝鮮時代末期中国語会話写本類について」

総会(14:40~15:30)
1)会計報告
2)情報交換
3)その他

懇親会

2009年度秋季研究集会ご案内


  間もなく、年の瀬を迎える頃となり、皆さま何かとお忙しくされていることと存じます。
  ご案内が遅くなってしまい恐縮でございますが、本年度も下記の要領で、近世語学会秋季研究集会を開催したく存じます。皆様奮ってご参加くださいますよう、ご案内もうしあげます。

中国近世語学会会長
佐藤晴彦

中国近世語研究集会

 日時:12月6日(日) 午前10時30分より
 場所:大東文化大学 信濃町キャンパス(信濃町駅ビル3階)JR中央線・総武線「信濃町駅」下車0分



午前の部
研究発表
1)発表者:稲垣智恵(関西大学・院)(10:30~11:15)
題目:“的”論と白話運動

2)発表者:海暁芳(関西大学・院)(11:15~12:00)
題目:《衍绪草堂笔记》中的语法分析情况考察

 休憩

午後の部

研究発表
3)発表者:今村圭(筑波大学・院)(13:00~13:45)
題目:『水滸伝』に見られる兼語をともなわない使役表現について

4)発表者:氷野善寛(関西大学ICIS,COE-DAC)(13:45~14:30)
題目:『官話指南』の多様性と来歴

2009年度春季研究総会のお知らせ

第24回研究総会ご案内

 若葉薫る季節になりましたが、皆様、ご清祥のこととお慶び申し上げます。
 本年度も下記のとおり、近世語学会の研究総会を開催いたしますので、ふるってご参集ください。

中国近世語学会会長
佐藤晴彦
2009年5月14日

第24回研究総会

 日時 6月7日 午前10時より
 場所 愛知大学車道キャンパス(名古屋駅から地下鉄桜通線車道下車すぐ)
 
午前の部

研究発表
1)発表者:稲垣智恵(関西大学・院)(10:00~10:45)
題目:「近代日中における形態変化を持つ単語の翻訳法-「的」を中心に」

2)発表者:川端 歩(関西大学・院)(10:45~11:30)
題目:「『語言自邇集』成立過程における語彙の変遷-旗人語“阿哥”を中心に」

 休憩

午後の部

研究発表
3)発表者:荒木典子(早稲田大学・非)(13:00~13:45)
題目:「明清白話小説の疑問文に関する一考察-“可”の疑問文と“麽”の疑問文について-」

4)発表者:竹越 孝(愛知県立大学)(13:45~14:30)
題目:「日本現存の朝鮮時代末期中国語会話写本類について」

総会(14:40~15:30)
1)会計報告
2)情報交換
3)その他

懇親会

2008年度春季研究総会のお知らせ

第23回研究総会ご案内

  若葉薫る季節になりましたが、皆様、ご清祥のこととお喜び申し上げます。
 本年度も下記の通り、近世語学会の研究総会を開催いたしますので、ふるってご参集ください。
 今回は太田辰夫先生『中国語歴史文法』出版50周年特集として下記のような研究発表を予定しています。

中国近世語学会会長
佐藤晴彦
2008年5月19日

中国近世語研究集会

 日時 6月8日 午前10時25分より
 場所 愛知大学車道キャンパス(名古屋駅から地下鉄桜通線車道下車すぐ)
 
午前の部

研究発表
1) 発表者:竹内 誠(京都外国語大学) (10:30~11:15)
題目:「回想 太田辰夫先生」

2)発表者:竹越 孝(愛知県立大学)(11:15~12:00)
題目:「語彙の歴史と構文の歴史―『中国語歴史文法』の句論について―」

 休憩

午後の部

研究発表
3)発表者:落合 守和(首都大学東京/東京都立大学)(13:30~14:15)
  題目:「北京語語法研究の資料について」

4)発表者:大塚 秀明(筑波大学) (14:15~15:00)
題目:「『中国語歴史文法』の耐震強度補修作業について」

5)発表者:佐藤 晴彦(神戸市外国語大学) (15:00~15:45)
題目:「太田辰夫先生の学問」

2007年度秋季研究集会のお知らせ

中国近世語学会研究集会のご案内

 例年にない猛暑に見舞われました今年の夏の余韻でしょうか、秋の風情を感じぬまま冬を迎えそうな気配となっておりますが、皆さまにはお変わりございませんでしょうか。  さてご連絡が遅くなってしまいましたが、今年も「近世語学会秋季研究集会」を下記の要領で開催いたしたいと存じます。
 日本中国語学会全国大会のように発表者が60名を越え、実質的な討議がほとんどできないという発表形式ではなく、発表者には十分な発表時間を保証しておりますので、存分な議論をしていただけると存じます。皆さま方がふるってご参加くださいますよう、ご案内申し上げます。

中国近世語学会会長
佐藤晴彦

中国近世語研究集会
 日時 12月16日 午前10時より
 場所 大東文化大学 信濃町キャンパス(信濃町駅ビル3階)JR中央線・総武線「信濃町駅」下車0分

午前の部

研究発表
1) 発表者:陳  亦文(筑波大学・院) (10:00~11:00)
題目:「名量詞“棵”の歴史的変遷」

2)発表者:石崎 博志(琉球大学)(11:00~12:00)
題目:「宣教師たちはどのような字書をみていたか」

 休憩

午後の部

研究発表
3)発表者:李 丹丹(京都大学/中山大学・院)(13:30~14:30)
  題目:〈从琉球写本《人中画》的“自家”看南北双方反身代词的发展轨迹〉

4)発表者:木津 祐子(京都大学) (14:30~15:30)
題目:「『白姓』に見る清代久米村通事の学門と官話の系譜」

2007年度春季研究総会のお知らせ

中国近世語学会第22回研究総会ご案内

 若葉薫る季節になりましたが、皆様、ご清祥のこととお喜び申し上げます。
 本年度も下記の通り、近世語学会の研究総会を開催いたしますので、ふるってご参集ください。
先日お送りいたしました2007年度『ニューズレター』第1号でも予告いたしましたように、今年は、個人の研究発表以外に、会員の皆様がより多く参加できますような共同研究を目指し、「小特集」を予定しておりますので、これまで以上の会員皆様の積極的な参加をお願いいたします。
当日、この「小特集」で、特に研究成果を発表できる会員は、レジュメを用意してご出席くださるようお願い申し上げます。
また総会の後懇親会を開きたいと思いますので、多くの先生方のご参加をお願いいたします。

中国近世語学会会長
佐藤晴彦
2007年5月12日

第22回中国近世語研究総会

 日時 6月3日 午前10時より
 場所 愛知大学車道キャンパス(名古屋駅から地下鉄桜通線車道下車すぐ)
   
午前の部

研究発表
1) 発表者:西山美智江(関西大学・非)(10:00~11:00)
題目:「プレマールの『漢語札記』パート2について」

2)発表者:渡部  洋(大谷大学)(11:00~12:00)
題目:「 <底>から<的>への交代状況についての一考察」

 休憩

午後の部

研究発表
3)発表者:地蔵堂貞二(滋賀県立大学)(13:30~14:30)
  題目:「レニングラード本『紅楼夢』に見られる指示代詞‘只’をめぐって」

小特集
中国近世語学会の共同研究について――共同研究へのアッピール(14:30~15:00)
                      神戸市外国語大学  佐藤晴彦

1)『中国語歴史文法』の「極めて新しい用法」について(15:00~15:30)
                      まとめ役 筑波大学   大塚秀明

2)方言における量詞の諸相(15:30~16:00)
                      まとめ役 奈良産業大学 植田 均

総会(16:15~17:00)
1)会計報告
2)情報交換
3)その他

懇親会(17:30~)
場所:名古屋駅ビルKIHACHI(会費は3000-5000ぐらい?)