--
はじめに--

関西大学エジプト研究会は、故加藤一朗先生のもとに当時の文学部史学・地理学科の学生が集まってできたサークルです。現在は吹田先生(教授)が引き継いでおられ、研究室に週に一度集まっています。基本的に学生のイニシアチブを前提とした団体です。その活動内容は主に象形文字(中期エジプト語)文法の基礎の勉強となっています。エジプト学では、学生でも英語・ドイツ語・フランス語が読めて、エジプト語についてもある程度の素養(ギリシア語・ラテン語も)が必要です。その基本をみんなで集まってしようというものです。[ちなみに、所属は文学部の改革によって史学・地理学科から歴史学専修になり、さらに2010年度より、世界史専修になっています。]



--活動概要--


point4研究会の定期活動(2010年度)
活動日: 木曜日 午後6時から7時30分まで 
活動内容:

みなさん、こんにちは。

私たちエジプト研究会では、今年は、主に石灰と砂を使って、古代の石板を再現し、当時のものに近い顔料で壁画の復元をしました。
研究室にあるめずらしい本なども見ることができます。雑談しながら、吹田先生のエジプト土産のお菓子などを食べて、エジプトの面白い話を聞くこともあります。

HP10p

現在、1回生は男子と女子それぞれ3名の計6名がいます。また、エジプトの旅行の計画をたてて楽しんでいます。

研究会は、勧誘の宣伝はしませんので、興味のある方は研究会の場所を自力で探り当ててください。




point4研究会の定期活動(2009年度)
活動日: 木曜日 午後6時から7時30分まで 
活動内容:

みなさんこんにちは!!

私たちエジプト研究会では、主な活動として毎週木曜日6限目に集まって、文学部の吹田浩先生にヒエログリフ(象形文字)を教わったり、エジプトトークを熱く繰り広げたりしています。

昨年はエジプトのカイロ大学から先生方をお招きして、文化財修復について、たくさんの写真を見せていただきながら、お話していただきました。日本ではなかなか聞けないような内容の講演で、とても有意義な時間でした。ちなみにカイロ大学の先生方は英語でお話ししていただいたので、英語の勉強にもなりましたよ!!

このようにエジプト研究会では、普段なかなか経験できないことを経験でき、エジプト大好きなメンバーと、たっぷりエジプトトークが楽しめます。少しでも興味のある方は文学部の吹田浩先生にご連絡をお願いします。ぜひ一度研究会に遊びに来てください☆お待ちしています!!!



point4研究会の定期活動(2008年度)
活動日: 月曜日 午後6時から7時30分まで 木曜日 午後6時から7時30分まで(前期)
活動内容:

エジプト研究会はいつも楽しく、時々のんびりしながら、活動しています。

皆さん、エジプトといえばどんなことを思い浮かべますか??
ピラミッド、ツタンカーメン、クレオパトラなど様々ありますね!!
私たちは昨年からヒエログリフという古代エジプトの象形文字を素敵なステキな☆吹田先生に教わりながら、楽しく勉強しています。
堅苦しい文章だけだと思われがちですが、実はたまに笑ってしまうような内容のものもあり、楽しく勉強できます♪

また、昨年もエジプトから
2名の先生に来ていただき、カイロ博物館の多くの所蔵品の写真を解説してもらいながら見せていただきました。なかなかできない貴重な体験でした!!エジプト研究会に入っていればこんなこともできるんですよ☆

エジプトの歴史や遺跡に少しでも興味を持っている人!!あまり知らないけど、何となく面白そうだと感じた人!!ぜひエジプト研究会に入って、一緒にエジプトを楽しみましょう♪♪

まずは一度遊びに来てください!!!



point4研究会の定期活動(2007年度)
活動日: 火曜日 午後6時から7時30分まで 木曜日 午後6時から7時30分まで
活動内容:

エジプト研究会では週に一度先生の研究室に集まって、ワイワイと話をし、とても暖かな雰囲気でヒエログリフを読んだりエジプトについて語り合ったり、たまには世間話をしたり・・・・楽しく活動しています。

エジプトに興味がある方は本を見ているうちにエジプトについて調べてみたい、勉強したいと思っていませんか?
少しでも興味を持っていればヒエログリフを学ぶことは損にはなりません!!
どんな歴史を勉強するときも当時の言語を知って、原物を自分で見て、読むことが重要になってきます。
もちろん初めからそんなことはできませんが、自分で研究できるようになるだけのスキルを吹田先生に教えてもらえます☆

また、昨年はエジプトからの先生を迎え、壁画を作り、修復する作業の研究会も行ったりしました。文字を勉強し、実際の壁画修復の知識も身につけることができます。

エジプトや古代史に少しでも興味を持っていて、触れてみたいと思うあなた!!
エジプトが好きだという気持ちがあれば十分!
私達と一緒にエジプトを楽しみませんか?
この独特の雰囲気の研究会で、一緒に楽しいエジプト生活をおくりましょう☆



point4研究会の定期活動(2006年度)
活動日: 火曜日 午後6時から7時30分まで 木曜日 午後6時から7時30分まで
活動内容:

エジプト研究会はとっても楽しい研究会です。
しかし“楽しい”といっても、遊んでいるわけではありません!
週一回、集まって、吹田先生にヒエログリフの文法を教えていただくのです!

時にはエジプトのエジプトらしいお話を聞いて大爆笑・・・。
時には世間話で大爆笑・・・。

それが楽しいのです!!
毎週
1回、ワイワイ、ギャーギャーやっています。

個性あふれるエジ研。
私たちは
1回生でまだまだ未熟者ですが、
エジプトへの愛はあります。
気合いはあります。

だから、まだあまり知識もないのに体当たりでエジプトに行っちゃいます。
いつかはエジプトを知り尽くして、もっともっとエジプトをエンジョイします!!

何事も必要なものは、やる気です!

私たちはそんなエジ研を大まじめにやっています!!

エジプトが好きだ!とか、おもしろそうだ!という気持ちがあって、エジプトを学びたい!!もっと知りたい!!と思うなら、一度エジ研へ来て、私たちの独特な雰囲気を味わいましょう。

☆このエジプト研究会に加わりましょう!☆



point4研究会の定期活動(2005年度)
活動日: 火曜日 午後6時から7時30分まで 木曜日 午後6時から7時30分まで
活動内容:

 エジプトが好きだ!ちょっと勉強してみよっかな!そう思って人は本を読む。もりもりエジプト本を読む。歴史とか観光とか神話とか、本読めば大体大雑把な知識は入る。しかしそこでぶち当たるデカい壁。

 そう!それがヒエログリフ!
 
 私は高校時代、母校に置いてあったり仕入れてもらったりしたエジプト本を読み漁ったのであるが、ど〜〜やってもヒエログリフだけは無理だった。ヒエログリフを独学でやることは至難の業である。せいぜい出来て「ヒエログリフ-日本語対応表」の暗記くらいである。しかし、そんなことじゃあ碑文読むなんて何億光年先の話だよ!私はヒエログリフの本を片手に悩む毎日を送っていた。
 
 その、強〜〜い味方が、我が関西大学エジプト研究会である!!
 
 エジ研は、毎週火曜日6時から、吹田先生の研究室で活動している。私達1回生はこの時間なのだが、上回生はまた違う時間で活動しているようだ。ヒエログリフの腕が上達すれば上回生に混じれるというので奮闘の日々である。

 その活動内容は、ひたすらヒエログリフ!!これに尽きる!吹田先生著のヒエログリフ文典片手に、ヒエログリフと格闘すること90分。1回生は6人いるので、6人で和気藹々と無駄口を叩きながら古代文字を解読したり、吹田先生からエジプトのお話を聞かせてもらったり、黙々とヒエログリフ文典を捲ったり……。とにかく濃い1時間半である!何よりも、エジプト大好きなやる気ある人(笑)が集まるので、大学生活の中で一番楽しい時間が過ごせる!これ凄い魅力!!

 ただ、歴史の勉強や神話の勉強ができるわけではないので(上回生になるとどうか分からないけど)1回生の私達は別個にレポートを自分たちで課している。「テーマは神話!」とか決めて、全員で各自調べてレポートを作成、集めてコピー本に纏める!というものだ。これで知識の方も補強だー!それ以外にも、エジ研仲間の有志を募って博物館に行ったりもした。今年度は東京のルーブル博物館展と大丸の古代エジプト展、滋賀のミホミュージアムへ行った。非常に楽しかったー!!

 エジプトに興味のある貴方!!こんな私達と一緒にエジプトライフを送りませんか?!ステキな大学生活の足がかりにエジ研を是非☆☆

 

point4研究会の定期活動(2004年度)
活動日: 月曜日 午後6時から7時30分まで 木曜日 午後6時から7時30分まで
活動内容:

 私たち(…といっても超少人数なのですが)は週に一度、自分の予習してきた拙い訳のノートをたずさえて、ステキな笑顔とお髭がトレードマークの吹田先生の個人研究室に集まって私たちのつまらない話で先生を苦笑させたり、先生のエジプト話に思いを馳せたりしながら90分間、ヒエログリフの文法に悪戦苦闘しています。

 初めの頃は絵を描くことと文法の難しさにとまどい、頭を抱えんでしまうこともありますが、ヒエログリフに慣れてくるとまるで謎解きしているような感じが不思議に湧いてきます。一文を自力で解いたときは何ともいえない感覚があります。

 エジプトに興味がある人はもちろん、この感覚を味わいたい人や2・3回生の方も是非2気軽に研究室に足を運んでみてください。



point4研究会の定期活動(2003年度)
活動日: 木曜日 午後6時から7時30分まで 土曜日 午後2時40分から4時10分まで
活動内容:

 エジプト研究会、通称『エジ研』は、木曜日の放課後に活動しています。先生は、ひげと笑顔の素敵な、吹田先生です。

 私たちの場合、活動内容は、週に一回、約一時間半熱心(?)に、ヒエログリフと格闘しています。具体的に言うと,図書館の「密室」(図書室)に集合して、先生がいらしたら、まず、雑談しながら、エジプトにおける『豆知識』や、旅行のコツ、エジプト人との交渉方法などについて、先生直々に、(トリビア的)講義をして下さいます。そして、絵描きの時間になります。つまり、ヒエログリフを習います。ヒエログリフは、象形文字なので、絵を書かなくてはいけません。最初はなかなか上手く描けなくて、もどかしいですが、慣れてくると楽しいですよ!!そして、またまた、雑談に終わります。

 ヒエログリフを習いたい方、読めるようになりたい方はもちろん、エジプト人と交渉のできる強い性格になりたい方、少しでも興味の湧いた方は、ぜひぜひ来て下さい☆

 

point4研究会の定期活動(2002年度)
活動日: 月曜日 午後4時20分から5時50分まで 木曜日 午後6時00分から7時30分まで
活動内容:

 日々の生活に退屈している貴方へ

 関西大学の法文坂の一角に学生が近寄らぬ建物がある。そこは昼でも薄暗く、木々のざわめきや風の哭く声が静謐な雰囲気を際だたせる。貴方は自分の足音が廊下に大きく響くのを聞いて、言い様のない不安と居心地の悪さを感じ、一歩一歩自分の位置を確かめるようにゆっくりと廊下を踏みしめながら、三階4つ目の扉まで歩いてゆく。

 ごく平凡なたたずまいの扉には、ヒエログリフの張り紙が一枚。

 扉の前で右往左往し、取っ手に手をかけてやめ、扉を叩こうと手をあげては下ろすことを幾度となく繰り返した後、ためらいがちに扉を叩く。中から、飄々とした声がかかる。「どうぞ」

 声に誘われて、恐る恐る扉を開けた貴方の目にまず飛び込んでくるのは、ホワイトボード。訪問者の視界と行く手を拒むそれは、中にあるものの重みと主人の慎重さをうかがわせる。ただでさえ萎縮している貴方にとって、それはあたかもスフィンクスのごとくに映るだろう。

 しかし、それでもなお怯まずに奥に進んだならば、本棚にぎっしりと並べられた本に、至るところに積み上げられた書類の山々、いつから置かれているのか分からない食器の数々、気紛れに嗜むのだろう出所も種類も不明の酒、無造作に置かれた異国情緒あふれる小物達がつくりだす懐かしくも心地よい「隠れ家」が貴方を優しく迎えてくれる事だろう。

 「ようこそ、エジプト研究会へ」

 ここは悠久の時を越え、遥か異郷の地に伝わる知識を求め旅する者の集いの場。もしも貴方が古の知識を探求せんとする情熱、自らの常識を打破する勇気、未知なる世界を旅する強い意志のどれか一つでも持ち合わせており、それを我々のもとに来て示して見せるならば、その瞬間から貴方は私たちの同志となる。たとえ姿は見えねども、我々は貴方の存在を知っているし、貴方が我々に追いつき、ともに旅する日を心から待ち望んでいる。そう、最初は無理でもいつかは追いつくのだ。さあ、旅を始めよう。

 出発する日は貴方にとって都合のいい日であればいつでもいい。もしも、ともに旅する仲間がいるのなら、彼女(彼)らと相談して決めてもいい。とにかく出発する日が決まったのならば、早々に案内人に告げることだ。そうすれば案内人はあなた方の前に立って先導してくれる。

 最初は案内人の歩く早さに着いていくのが精一杯で、まわりの景色やすれ違う人々はもちろん、先を行く案内人のことすら気にかける余裕すらないであろう。だが、貴方が旅になれて周りを気にするだけの力がついたのならば、自然とそれらに興味を持つようになり、自ずと案内人に尋ねる機会も増えるだろう。

  また、案内人は貴方の素朴な疑問の数々に辛抱強く丁寧に答えてくれる事だろう。そうした中で幾度となく旅人を導く事で手にした豊富な経験や彼独自の視点、彼自身の人となりなどが少しずつ見えてくる。それらは貴方の旅路をよりいっそう豊かにし、今までにない広い世界を知る機会を作り、普通に大学に通っているだけでは決して手に入らない貴重な経験や知識をもたらし、数少ない同行者である案内人や仲間達との絆をよりいっそう強くするだろう。それこそが我々の旅の醍醐味。一度味わえばきっと貴方は旅の虜になるだろう。

 だが実際には我々がいくら言葉を重ねた所で我々の旅の魅力を伝えるきる事など出来ない。旅の魅力を理解するには実際に旅をするしかないのだ。

 貴方も週に一回一時間半の小旅行に出かけませんか?

 ※なお研究会に正式に入会される場合会費は存在しませんが、教科書を使用しますのでそれだけは買う必要があります。 

 冷やかし、見学大歓迎!2回生以上の方も気軽にお越しください。

(2回生N氏作)



point4研究会の定期活動(2001年度)
活動日: 月曜日 午後6時から7時30分まで 水曜日 午後1時00分から2時30分まで
活動内容:

 私達は週に一度集まり,ヒエログリフの勉強をしています。絵を書くことから始まって、文法書にそって学ぶクラスと実際にエジプトに残されているヒエログリフを読んでいるクラスと2クラスに分かれて活動しています。人数は少ないのですが、それなりに楽しく活動しています。関大生で興味を<少しでも>もったら、ぜひ、この研究会に入りましょう。

 

point4研究会の定期活動(2000年度)
活動日: 月曜日 午後6時から7時30分まで 金曜日 午後4時20分から5時50分まで
活動内容:

 私達は週に一度集まり,ヒエログリフの勉強をしています。進行状況の違いで、二,三回生と一回生とは別々の日に集まっていますが,とてもアットホームな雰囲気の中で、時折、挫折感と絶望感を味わいながら楽しく悩んでいます。全員で七人の少数精鋭??部隊です。周囲からは「マニアックやなー」「役に立つんか?」などのお褒めの言葉を頂いております。独学でやるのはかなり厳しい分野だと思います。私も、かれこれ二年ほどカジりましたが…はああ……という感じです。   

 

point4研究会の定期活動(1999年度)
活動日: 金曜日 午後6時から7時30分まで(長期休暇中と試験期間中はお休み)
活動内容:

 『ヒエログリフ入門』(弥呂久)での勉強。 希望に応じて洋書の講読も行います。

 今年は、吹田先生がエジプトから帰ってこられ、さらに楽しく活動しています。

 

point4研究会の定期活動(1998年度)
活動日: 月曜日 午後6時から7時30分まで
活動内容:

 前期 Cambridge Ancient History Ptolemic Egypt の講読
 後期 研究発表(の予定)

 

point4研究会の定期活動(1997年度)
活動日: 月曜日 18:00−19:30(週一回)
活動内容: 

 『ヒエログリフ入門』 弥呂久
 1997年度前期は、上記の「ヒエログリフ入門」の第十二課から第十五課まで終了。 後期は第十六課から最後の第二十課を終了する予定です。

 

point4研究会の定期活動(1996年度)
活動日: 木曜日2限目(週1回)
活動内容: 

 『ヒエログリフ入門』 弥呂久
  Adolf Erman, Life in Ancient Egypt ...他
 1996年度は、上記の「ヒエログリフ入門」の第一課から第十一課まで終了いたしました。 また、アドルフ・エルマンのLife in Ancient Egypt のほうはchapter3の古代エジプトの歴史について英文を輪読いたしました。なお、現在の在籍者数は7名です。

 

※お問い合わせは、

E-mail: 
horus@kansai-u.ac.jp
※上記アドレスが変更しました。
関西大学文学部・吹田研究室
(〒564−8680 吹田市山手町3−3−35)

までお願いいたします。